高松宮記念 2017 予想解説

  1. 高松宮記念2017 予想 レッドファルクスは急坂G1なら連勝する可能性十分

     コース形状から、芝1400m寄りの総合力勝負になりやすいレース。  同コースや阪神芝1400m重賞の実績馬の期待値が高いこと、芝の耐久性向上などでテンのスピードの要求度が上がっていること(≒追い込み馬の期待値が下がっていること)+土曜現在で外伸び傾向が先週より弱まっていること、火曜の豪雨と日曜午…
  2. 高松宮記念2017 ソルヴェイグ:出走予定登録馬 斤量差がないと実力で見劣る

    ソルヴェイグ(55.0kg・前走比+1.0kg/逃げ・先行馬)  底力・先行力に優れる短距離馬~千四巧者??  ここでの不安は、実力不足(+斤量増)。  芝1200m重賞で優勝~善戦していますが、古馬との斤量差を大きく利してのもので古馬G1レベルでは実力で劣る心配が強くなっています。前走は太め残りだ…
  3. 高松宮記念2017 シュウジ:出走予定登録馬 末脚不足に加えてスピード不足の不安まで増えた

    シュウジ(57.0kg・前走比±0.0kg/先行馬)  底力・先行力・パワーに優れる千四巧者?  ここでの不安は、芝1200mでのスピード不足+末脚不足。  17'阪急杯では3番手追走から伸びず、勝ち馬から1.1秒差の8着に惨敗。高速馬場でスピードを示せなかったことは距離短縮の高松宮記念では大きな不…
  4. 高松宮記念2017 レッツゴードンキ:出走予定登録馬 芝1200m重賞では連対経験なし、外伸び馬場でないとスピード不足

    レッツゴードンキ  底力・持続力に優れる千四巧者?  ここでの不安は、距離の短さ≒スピード不足。  芝1200m重賞では0-0-2-2...と連対できておらず、距離の短さ≒スピード不足の不安があります。パワーの裏付けは近走で強くなっているため、急坂、G1の重い負担斤量、中間の雨はいずれもプラスですが…
  5. 高松宮記念2017 メラグラーナ:出走予定登録馬 実質4歳半の充実期、得意の中京で上積みも期待できる

    メラグラーナ(55.0kg・前走比+1.0kg)  底力・持続力に優れる千三巧者??  ここでの不安は、特にありません。  17'オーシャンS(=例年より少し緩い流れも前傾ラップ+少し内有利~内外フラットの馬場)では他の上位馬より外を回って&上がり上位で優勝。直線が長くなる中京なら強気になれる内容で…
  6. 高松宮記念2017 レッドファルクス:出走予定登録馬 急坂芝1200mでは3戦3勝、不安は仕上がりだけ

    レッドファルクス(57.0kg・前走比±0.0kg)  パワー・底力・持続力に優れる千三巧者?  ここでの不安を強いて挙げるなら、仕上がり具合。  急坂の芝1200mでは3戦3勝(G1含む重賞2勝)。しかも、中京芝1200mは仕掛けどころが下り坂でエンジンを掛けやすく、終いの直線が芝1200mで最長…
  7. 高松宮記念2017 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「高松宮記念」 [期待値:D-~E?]=馬場のバラつきが大きい 馬場の摩擦低減、高速化、耐久性向上などで先行力の要求度アップ?  ○:先行力・底力に優れる馬    → :D~D-? :C-~D? キレ:E-~F?    (キレが基準以上 or 芝1400m重賞での好走歴がある場合…
  8. オーシャンステークス2017 予想 メラグラーナは有力も中京の方が良さそう

     コース形状が前傾ラップを生みやすく、底力(=ハイペース耐性)の高さが重要になりやすい条件。  路盤改修の影響で以前より末脚の要求度が高くなった点に注意。(金曜現在の予想)  ◎ ナックビーナス  ○ メラグラーナ  ▲ 人気ブログランキングへ  △ コスモドーム 買い目はなるべくシンプルに。 馬…
  9. オーシャンステークス2017 クリスマス:出走予定登録馬 中山芝1200mでは初の54.0kgなどに魅力あり

    クリスマス(54.0kg・前走比-1.0kg/やや小柄↑+軽斤量で複数回好走)  底力・持続力に優れる短距離馬?  ここで見直したい理由は、ハイペース逃げからの巻き返し+中山芝1200mでは初の54.0kg。  17'カーバンクルS(=中山芝1200m・古馬OPとしては非常に早いペース=極端な前傾ラ…
  10. オーシャンステークス2017 ブレイブスマッシュ:出走予定登録馬 距離短縮への適性は示しておらず厳しそう

    ブレイブスマッシュ(56.0kg・前走比+1.0kg)  末脚のバランスに優れるマイラー??  ここでの不安は、距離の短さ。  淀みない流れのマイルで差して高いパフォーマンスを発揮していますが、テンのスピードなど距離短縮への適性を示したレースはありません。血統も中長距離の消耗戦に向きそうで、短距離向…
  11. オーシャンステークス2017 ナックビーナス:出走予定登録馬 内枠でないと詰めが甘くなる心配あり

    ナックビーナス(54.0kg・前走比-1.0kg/逃げ・先行馬)  底力・先行力に優れる千四巧者~短距離馬?  ここでの不安は、コースロス増加の可能性。  17'カーバンクルSも16'ラピスラズリSもハイペースを内から抜け出しての好走で、持ち味の底力(=ハイペース耐性)を生かしつつ末脚不足の弱点をフ…
  12. オーシャンステークス2017 メラグラーナ:出走予定登録馬 本番に向けて好レースを期待

    メラグラーナ(54.0kg・前走比±0.0kg)  全体的なスピード・底力に優れる短距離馬~千四巧者??  ここでの不安を強いて挙げるなら、直線の短さ。  近走では3歳時より短距離指向が強まり、緩急の小さい展開の短距離ならスローペースでもハイペースでも好走。京阪杯こそ大敗していますが(極端に酷い道悪…
  13. 阪急杯2017 予想 シュウジはキレに不安も逆転候補不在

     コース形状などから額面のスピードを問う前傾ラップになりやすく、内枠の底力(=ハイペース耐性)上位馬の期待値が高いレース。  他場の芝1400mでしか実績のない馬が苦戦しやすい点、例外的なスローペースになる可能性(例年より低調なメンバーのため)...にそれぞれ注意。(土曜現在の予想)  ◎ シュウ…
  14. 阪急杯2017 ブラヴィッシモ:出走予定登録馬 ハイペースにならないと厳しい

    ブラヴィッシモ(56.0kg・前走比+1.0kg)  底力に優れる千四巧者?  ここでの不安は、例年よりスローになりそうなメンバー。  昨年の阪急杯では5人気3着に好走。降級後、阪神芝1400mの準OPを勝ち上がっているように、淀みない展開になりやすい阪神芝1400mは能力を発揮しやすいコースです。…
  15. 阪急杯2017 ロサギガンティア:出走予定登録馬 芝1200m寄りのスピードを問われると厳しい

    ロサギガンティア(56.0kg・前走比-1.0kg/キレ優位+大型馬)  底力・キレに優れる準マイラー・千五巧者?  ここでの不安は、高速馬場+阪神芝1400mでのスピード不足。  芝1400mは現在の得意距離ですが、勝ち切っているのはテンか中盤が緩んで脚を溜められた展開のときのみ。阪神芝1400m…
  16. 阪急杯2017 シュウジ:出走予定登録馬 スローペースでのキレ不足に注意

    シュウジ(57.0kg・前走比+1.0kg/先行馬)  パワー・底力・先行力に優れる千四巧者?  ここでの不安を強いて挙げるなら、キレ不足(×高速馬場×他馬より重い斤量)。  今年のメンバーは低調で例年並みのペース(=前傾ラップ・ハイペース)を作れる馬がいないと思われます。例年よりペースが緩くなれば…
  17. オーシャンステークス2017 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「中山芝1200m・古馬G3~OP」 [期待値:F-~G+?]=路盤改修のためか、以前より末脚の要求度がアップ。  ▲+:先行力・底力に優れる逃げ・先行馬    → :E~F? :E~E-? キレ:F~F-↑?    (キレ:F-~G+?以下の場合、期待値ダウン。      → …
  18. 阪急杯2017 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「阪急杯」 [期待値:±E?]=期待値の低い展開(例:スローペースなど)に注意。 前提:開幕週の馬場傾向=内有利~やや内有利 仮定:道悪時は前傾度アップ=差し・追い込み馬の期待値アップ?  ○:底力上位の千四巧者の差し馬    → :D-~E? or :D-~E?    (信頼…
  19. シルクロードステークス2017 予想 ネロはハイペースでないと勝ち切れない心配あり

     コース形状などから、総合力勝負になりやすい≒短距離としてはキレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が高い条件。  コース形状が内枠有利・外枠不利のため内枠の馬が実力差を縮める~覆すシーン、日曜の雨(夕方からの予報)の影響を弱く想定している点、ハイペース想定で考えている点...など、未知数・変数…
  20. シルクロードステークス2017 ダンスディレクター:出走予定登録馬 今は芝1200mが忙しい心配があり、枠順も悪化がほぼ確実

    ダンスディレクター(57.5kg・前走比+0.5kg/小柄+キレ優位)  キレ・底力に優れる千四巧者?  ここでの不安は、距離の短さ・追走の忙しさ(+枠順悪化の心配)。  昨年のシルクロードSを最内枠から優勝していますが、2番手以下は後傾のスローペース(≒芝1400m寄りの展開)でのもの。復帰後は以…
  21. シルクロードステークス2017 ソルヴェイグ:出走予定登録馬 平坦でのキレ不足が心配

    ソルヴェイグ(54.0kg・前走比+1.0kg/逃げ・先行馬)  底力・先行力に優れる短距離馬~千四巧者??  ここでの不安は、キレ不足。  血統のイメージ通り、コース形状や展開などから上がりの負荷が高い条件で多く好走していて、上がりのキレ(=トップスピードと急加速力)を問われやすい京都芝1200m…
  22. シルクロードステークス2017 ネロ:出走予定登録馬 京都芝1200m+良馬場では未勝利

    ネロ(57.5kg・前走比+0.5kg/やや小柄+逃げ・先行馬)  底力・先行力に優れる千直巧者~短距離馬?  ここでの不安は、平坦芝1200m+良馬場でのキレ不足。  平坦芝1200m+良馬場で最後に優勝したのは新馬戦。それ以降は0-2-0-5で、京都芝1200m+良馬場に限ると0-0-0-4。1…
  23. シルクロードステークス2017 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「京都芝1200m・古馬G3~OP」 [期待値:F-~G+?]=内枠有利・外枠不利を強く意識したい  ○:総合力上位馬    → ・・:E-~F↑?(2つ以上)    (信頼性は「先行力優位>キレ優位>持続力優位」      → 大型の先行馬≒テン下り坂向きの馬は、ダッシュ・先行…
  24. 阪神カップ2016 予想 ミッキーアイルはパワーや底力に不安あり、逆転候補に注意

     コース形状+重い負担斤量などから前掛かりの中締まりラップになりやすく、底力(=ハイペース耐性)の要求度が高いレース。  他場の芝1400m実績馬の期待値が低くなりやすい点、阪急杯よりパワーの要求度が高くなる点(金曜現在、阪神芝は酷く時計の掛かる馬場。パワーの要求度がさらに高くなっています)...…
  25. 阪神カップ2016 ロサギガンティア:出走予定登録馬 底力に不安も近走より条件合う

    ロサギガンティア  キレ・底力に優れる千四巧者?  ここでの不安は、底力(=ハイペース耐性)不足。  昨年の阪神カップはスローペースの中弛みラップ。例年より底力の高さを問われない展開での優勝で、例年並みの引き締まったペースではキレ(=トップスピードと急加速力)が鈍る心配があります。若い頃より短距離指…