大阪杯 2018 予想

  1. 大阪杯2018 予想 アルアインとスワーヴリチャードは距離やキレに不安強い

    予想のポイント コース形状などからロングスパート勝負になりやすく、G2時代は実績上位馬(≒上位人気馬)が崩れにくかったレース。  キレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が「金鯱賞より高く(3角進入時にブレーキが掛かりやすい+中京に比べて「急坂の負荷が低い+終いの直線が短い」ため...など)&天皇…
  2. 大阪杯2018 プレ予想 スワーヴリチャードやサトノダイヤモンドの不安は?

     大阪杯はコース形状などからロングスパート勝負になりやすく、G2時代は実績上位馬(≒上位人気馬)が崩れにくかったレース。  大阪杯の傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。 プレ予想 目次 1. 結果から考える狙い方(傾向と対策) 2. 各馬の短評(出走予定登録馬) 【!】 スワーヴリチ…
  3. 金鯱賞2018 予想 スワーヴリチャードは距離の短さに不安

    予想のポイント コース形状などから前半スローからの後半ロングスパートになりやすく、前目で長く良い脚を使える馬=先行力を兼備した底力・持続力タイプの期待値が高い条件。  後方待機馬とキレ優位の馬の期待値が低いこと、阪神芝2000mよりキレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が低いこと(阪神と比べて3…
  4. 金鯱賞2018 プレ予想 スワーヴリチャードやサトノダイヤモンドの評価は?

     金鯱賞はコース形状などから前半スローからの後半ロングスパートになりやすく、前目で長く良い脚を使える馬=先行力を兼備した底力・持続力タイプの期待値が高い条件。  金鯱賞の傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。 プレ予想 目次 1. 結果から考える狙い方(傾向と対策) 2. 各馬の短評(…
  5. 中山記念2018 予想 ペルシアンナイトは芝1800mの方が合いそうで相手探し?

    予想のポイント  コース形状などからテン≫上がりになりやすい&中盤以降が引き締まりやすく、底力を中心とした総合力上位馬の期待値が高いレース。  末脚の要求度が高まった(≒実績上位の人気馬が好走しやすくなった。路盤改修の影響?)こと+末脚の要求度が高い馬場に感じること(詳しくは「前日の馬場傾向と当日の…
  6. 中山記念2018 プレ予想 ペルシアンナイトと一騎打ちが予想される馬は?

     中山記念はコース形状などからテン≫上がりになりやすい&中盤以降が引き締まりやすく、底力を中心とした総合力上位馬の期待値が高いレース。  中山記念の傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。 プレ予想 目次 1. 結果から考える狙い方(傾向と対策) 2. 各馬の短評(出走予定登録馬) 【!…
  7. 大阪杯2017 予想 今のキタサンブラックに芝2000mは短そうで逃げ争いも不安

     コース形状などから、ロングスパート勝負になりやすく、G2時代は実績上位馬(≒上位人気馬)が崩れにくかったレース。  キレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が「金鯱賞より高く&天皇賞(秋)より低い」と推測されること、キレ優位の馬はG2時代より期待値がさらに低くなっていると推測されること...な…
  8. 大阪杯2017 キタサンブラック:出走予定登録馬 を更新

    更新した記事一覧 大阪杯2017 キタサンブラック:出走予定登録馬 中距離では「スピード+急加速力」不足の恐れあり  中長距離~長距離馬として完成したと思われ、逃げを争う人馬がいるとタイトルのような不安が出てしまいます。昨年はこれらの不安が出ない展開+位置取りだったので、相手次第では人気に見合う信頼…
  9. 大阪杯2017 アンビシャス:出走予定登録馬 持続力の裏付け弱く、昨年より重い斤量もマイナス

    アンビシャス(57.0kg・前走比±0.0kg/やや小柄+キレ優位)  キレ・底力に優れる千八巧者??  ここでの不安は、持続力不足。  これまでのレース振りからキレ(=トップスピードと急加速力)優位の末脚を持つと思われ、阪神芝2000m(=ロングスパート勝負になりやすい)では持続力不足による詰めの…
  10. 大阪杯2017 ヤマカツエース:出走予定登録馬 キレで劣り、中京→阪神替わりはマイナス

    ヤマカツエース  底力・持続力など全体的なスピードに優れる千八巧者?  ここでの不安は、キレ(=トップスピードと急加速力)不足。  金鯱賞を連覇するなど持ち味の全体的なスピードを生かせる条件(16'有馬記念も17'金鯱賞も「極端な」ロングスパート勝負)では高いパフォーマンスを発揮していますが、急加速…
  11. 大阪杯2017 マカヒキ:出走予定登録馬 底力(=ハイペース耐性)に不安あるも、良馬場での末脚は上位

    マカヒキ(57.0kg・前走比±0.0kg/キレ優位?)  末脚のバランスに優れる中距離馬??  ここでの不安は、底力(=ハイペース耐性)不足。  相対的に高いパフォーマンスを発揮しているのは緩いペースの方が多く、ペースが引き締まったり、仕掛けが早くなったりするとパフォーマンスが伸び悩む心配がありま…
  12. 大阪杯2017 サトノクラウン:出走予定登録馬 トップスピードと急坂に不安あり

    サトノクラウン  持続力・底力に優れる中距離~中長距離馬??  ここでの不安は、トップスピード不足+急坂。  道悪の京都記念を連覇したようにタフな馬場自体は苦にしませんが、キレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が高い条件や直線に坂があるコースでは苦戦が続いています。頭の高い走りからも急坂でのパフ…
  13. 大阪杯2017 キタサンブラック:出走予定登録馬 中距離では「スピード+急加速力」不足の恐れあり

    キタサンブラック(57.0kg・前走比±0.0kg/逃げ・先行馬-キレ不足)  底力・持続力に優れる中長距離~長距離馬?  ここでの不安は、中距離での「スピード+急加速力」不足。  昨年は天皇賞(春)を逃げ切るなど中長距離~長距離馬として完成しました。その裏返しとして中距離ではテンのスピード不足、急…
  14. 大阪杯2017 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「大阪杯」 [期待値:D-~E?]=G1昇格に伴う負担斤量増の影響に注意  ○:底力・持続力上位の総合力上位馬    → (:E-↑?) :C-~D↑? キレ:D-~E? :C-~D↑?    (先行力上位の場合、キレ・持続力を甘く評価可。      → 勝率・信頼性の変化は検証…
  15. 金鯱賞2017 予想 ヤマカツエースは重い芝が得意で変則連覇に期待

     コース形状から前半スローからの後半ロングスパートになりやすく、前目で長く良い脚を使える馬=先行力を兼備した底力・持続力タイプの期待値が高い条件。  後方待機馬の期待値が低いこと、阪神芝2000mよりキレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が低いこと、土曜開催のため当日の時計レベルが分からない点…
  16. 金鯱賞2017 プロディガルサン:出走予定登録馬 現状では血統の期待に見合う実力ない

    プロディガルサン(56.0kg・前走比±0.0kg)  持続力を中心とした末脚のバランスに優れる中距離馬??  ここでの不安は、実力不足×前後の不利。  能力の特徴は中京芝2000mで好走しやすいタイプに近く、その点は強調材料です。ただ、これまでに示した実力は古馬重賞勝ち馬と比べて大きく劣り、単純に…
  17. 金鯱賞2017 ルージュバック:出走予定登録馬 持続力不足×前後の不利で条件厳しそう

    ルージュバック(55.0kg・前走比±0.0kg/小柄)  キレ・底力に優れる中距離馬?  ここでの不安は、持続力不足×前後の不利。  左回りかつ直線の長い中距離で末脚を発揮していますが、長く良い脚・持続力の要求度が高い条件ではパフォーマンスが低下。中京芝2000mでは長い下り坂などの影響で持続力の…
  18. 金鯱賞2017 ステファノス:出走予定登録馬 前後の不利に注意も適性合うはず

    ステファノス(56.0kg・前走比-1.0kg)  底力・持続力に優れる中距離馬?  ここでの不安を強いて挙げるなら、前後の不利。  16'香港カップ(≒中締まりのハイペース)では序盤は6番手も、道中で押し上げて3番手追走から3着に粘り込み。厳しい流れを積極的に追走した経験は中京芝2000m(=長い…
  19. 金鯱賞2017 ヤマカツエース:出走予定登録馬 スピードを生かせない馬場では末脚不足の不安あり

    ヤマカツエース(57.0kg・前走比±0.0kg)  底力・全体的なスピードに優れる千八巧者?  ここでの不安を強いて挙げるなら、キレを始めとした末脚不足。  芝2000m重賞での好走がハイペースや平均より時計の早い馬場に偏っているように、芝1800m寄りのスピードを生かせる条件でないと末脚不足が前…
  20. 金鯱賞2017 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「中京芝2000m・古馬G2~G3(除:愛知杯)」 [期待値:E-?]=展開の幅広さ、緩急の大きい展開(=期待値ダウン)などに注意。 非根幹距離のような、緩急の小さい展開を想定した方が妙味大きい。 2017年から日程変更。時計レベルが何に起因するのか要検証(開催時期≒気候? クラ…
  21. 中山記念2017 予想 アンビシャスは末脚最上位も前後の不利に注意

     コース形状などから中盤以降のペースが引き締まりやすく、先行した底力(=ハイペース耐性)上位馬の期待値がやや高いレース。  路盤改修の影響で末脚の要求度が高まったこと、芝2000m以上でしか実績のない馬は追走が忙しくなりやすいこと...などに注意。(土曜現在の予想 22:00頃に修正しました)  …
  22. 中山記念2017 ネオリアリズム:出走予定登録馬 急坂未勝利で急加速力不足も不安

    ネオリアリズム(57.0kg・前走比±0.0kg)  底力・持続力に優れる中距離馬??  ここでの不安は、急坂+急加速力不足。  昨年の札幌記念 以降、直線平坦コースで高いパフォーマンスを発揮。しかし、急坂コースでは16'札幌記念 以前とはいえ3戦して未勝利。頭の高い走りからも急坂コースでのパフォー…
  23. 中山記念2017 ツクバアズマオー:出走予定登録馬 芝1800mでは実力で見劣る

    ツクバアズマオー(56.0kg・前走比-0.5kg)  底力・持続力に優れる中長距離~中距離馬??  ここでの不安は、芝1800mでの実力不足。  中山芝2000mでOP特別、G3と連勝。その前にはオールカマーで3着に好走するなど、スタミナ寄りの中距離では力を付けています。しかし、スピード寄りの中距…
  24. 中山記念2017 リアルスティール:出走予定登録馬 急加速力不足×他馬より重い斤量が不安

    リアルスティール(58.0kg・前走比+1.0kg)  底力・持続力を中心とした総合力に優れる中距離馬??  ここでの不安は、急加速力不足×他馬より重い斤量。  昨年 国内で連対したのが天皇賞(秋)(=負担斤量が重いレース)だけだったように、G1馬としては急加速力の裏付けが弱いまま。ここに他馬より重…
  25. 中山記念2017 アンビシャス:出走予定登録馬 前後の不利に注意必要も末脚最上位

    アンビシャス(57.0kg・前走比-1.0kg/やや小柄+キレ優位)  キレ・底力に優れる千八巧者?  ここでの不安を強いて挙げるなら、先行力不足+昨年比+2.0kgの斤量。  テンのスピード・先行力の裏付けは弱いままで、前後(+内外)が不利になる可能性が高いと思われます。さらに、持ち味の前年比+2…