皐月賞 2018 予想

  1. 皐月賞2018 予想 ワグネリアンとステルヴィオは道悪がマイナスになりそうな足回り

    予想のポイント  路盤改修の影響+コース形状などから超高速中弛みラップになりやすく、底力・持続力上位の千八巧者の期待値が高いレース。  芝2000m以上での実績馬の期待値が大きく低下したこと(ハイペースや高速馬場のとき)、日曜の嵐で近年の傾向とズレる決着になる恐れがあること...などに注意。(日曜 …
  2. 皐月賞2018 プレ予想 ダノンプレミアムやワグネリアンの評価は?

     皐月賞は路盤改修の影響+コース形状などから超高速中弛みラップになりやすく、底力・持続力上位の千八巧者の期待値が高いレース。  皐月賞の傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。 プレ予想 目次 1. 結果から考える狙い方(傾向と対策) 2. 各馬の短評(出走予定登録馬) 【!】 ダノンプ…
  3. スプリングステークス2018 予想 ステルヴィオは短い直線不向き

    予想のポイント コース形状などから上がりだけ早い一貫ラップになりやすく、底力を中心とした総合力上位馬の期待値が高いと推測されるレース。  例年のレースレベルが1000万下に近いレベルであること、芝2000m以上がベストの馬は追走が忙しくなりやすいこと(中盤の早さがマイル寄りの追走スピード or 底力…
  4. 弥生賞2018 プレ予想 ダノンプレミアムやワグネリアンの評価は?

     今年の弥生賞はハイレベルな馬が揃った楽しみな1戦。各馬の短評を書いていきたいと思います。 プレ予想 目次 1. 各馬の短評(出走予定登録馬) 【!】 ダノンプレミアム、、ワグネリアン、オブセッション、ジャンダルム、サンリヴァルまで追加しました。(18/02/26 21:41)  そこでひとつ新しい…
  5. 皐月賞2017 予想 ファンディーナは実力最上位も、位置取りやペースは不安

     路盤改修の影響+コース形状から中盤以降が緩急の小さい流れになりやすく、中距離での総合力を問われる条件。  以前のような「タフな馬場・展開での消耗戦」が起こり難くなっていて、ディープインパクト産駒の好走率が上がっている点に注意。(土曜現在の予想)  ◎ 人気ブログランキングへ  ○ ファンディーナ…
  6. 皐月賞2017 ウインブライト:出走予定登録馬 急加速力の裏付けやや弱く、条件悪化

    ウインブライト  底力・持続力に優れる千八巧者??  ここでの不安は、急加速力(≒キレ)不足。  全3勝を芝1800mで挙げている通り緩急の小さい展開、急加速力の要求度が低い条件の方が得意。16'ひいらぎ賞(=「前掛かり+中弛み」風味の一貫ラップ)でアウトライアーズに離されたように中山芝2000m(…
  7. 皐月賞2017 ペルシアンナイト:出走予定登録馬 中山芝2000mでは末脚不足の心配あり

    ペルシアンナイト  底力を中心とした末脚のバランスに優れる千八巧者??  ここでの不安は、中山芝2000mでの末脚不足。  3勝はすべて仕掛けどころに下り坂があるコースで、急加速力の裏付けはやや弱いままです。血統的にも急加速力の大きな成長は望みにくく、中山(=仕掛けどころが下り坂でない)では急加速力…
  8. 皐月賞2017 レイデオロ:出走予定登録馬 先行力で大きく劣るため、コースロスが増える心配あり

    レイデオロ(57.0kg・前走比+2.0kg/キレ優位?)  底力・キレに優れる中距離馬??  ここでの不安は、大幅な先行力不足。  末脚の総合力を生かして3連勝していますが、先行力の裏付けは弱いまま。この現状では出走頭数の増加がコースロスの増加に繋がり、極端な外伸びになりにくい馬場傾向(+先行勢の…
  9. 皐月賞2017 スワーヴリチャード:出走予定登録馬 示した実力は実績ほど高くない

    スワーヴリチャード  底力・持続力に優れる中距離~中長距離馬??  ここでの不安は、実力不足+先行力・機動力不足。  ここまで安定した成績を残していますが示している実力はそこそこ止まりで、抜けた実力は示していません。中山では先行力・機動力不足によるリスク増加(前後・内外の不利や仕掛け遅れなど)も不安…
  10. 皐月賞2017 ファンディーナ:出走予定登録馬 実力抜けていて、逆らうのは難しそう

    ファンディーナ(55.0kg・前走比+1.0kg/ややキレ優位?)  キレを中心とした末脚のバランスに優れる中距離馬??  ここでの不安を強いて挙げるなら、ハイペース。  現状ではレース前半(=テン+中盤)が早い流れは未経験なのでペースが早くなると末脚が甘くなる心配が残っています。とはいえ、17'フ…
  11. 皐月賞2017 カデナ:出走予定登録馬 弥生賞のレベルは例年より低く、斤量増の負担も大きい

    カデナ(57.0kg・前走比+1.0kg/やや小柄+キレ優位)  キレに優れる中距離馬??  ここでの不安は、例年よりレベルの低い実力+斤量増。  17'弥生賞は内外のコースロスが大きい中での差し切りですが、例年のレースレベルと比べると示した実力はさほど高くありません。やや小柄な馬体+キレ(=トップ…
  12. 皐月賞2017 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「皐月賞」 [期待値:E-?]=路盤改修後(2014.12~)の検証少ない。展開の幅広さに注意。 路盤改修+エアレーションの影響で、末脚の要求度アップ & 底力の要求度ダウン  ○:末脚の総合力上位馬    → (先行力:E-~F↑?) ・・:E-~F?(1.5~2つ以上)   …
  13. スプリングステークス2017 予想 サトノアレスは短い直線でのパフォーマンスがそこそこ止まり

     コース形状などから中盤以降のペースが引き締まりやすく、先行した底力(=ハイペース耐性)上位馬の期待値が高いレース。  路盤改修の影響で末脚の要求度が高まったこと、芝2000m以上でしか実績のない馬は追走が忙しくなりやすいこと...などに注意。(土曜現在の予想)  ◎ 人気ブログランキングへ  ○…
  14. スプリングステークス2017 モンドキャンノ:出走予定登録馬 距離が長そうで強気になれる要素もない

    モンドキャンノ(56.0kg・前走比+1.0kg)  持続力を中心とした総合力に優れる千四巧者??  ここでの不安は、距離の長さ。  総合力と完成度の高さからマイルまでは距離をこなしていますが、さらに長い距離の芝1800mとなると強調できる要素がありません。血統的にも距離延長を歓迎できる要素がなく、…
  15. スプリングステークス2017 トリコロールブルー:出走予定登録馬 距離が短そうでパフォーマンスの伸び悩みに注意

    トリコロールブルー(56.0kg・前走比±0.0kg)  持続力を中心とした末脚のバランスに優れる中距離~中長距離馬??  ここでの不安は、距離の短さ。  芝2000m以上で安定した成績を残していますがテンのスピード・先行力の裏付けは弱いまま。距離短縮で追走が忙しくなる危険に加えて、中山芝1800m…
  16. スプリングステークス2017 アウトライアーズ:出走予定登録馬 先行力不足による詰めの甘さに注意

    アウトライアーズ(56.0kg・前走比+1.0kg)  末脚のバランスに優れる中距離馬??  ここでの不安を強いて挙げるなら、先行力不足。  過去4戦とも上がり上位の末脚で好走していますがテンのスピード・先行力の裏付けは弱いままで、前後・内外の不利に注意が必要です。しかし、中山の3・4角で押し上げて…
  17. スプリングステークス2017 サトノアレス:出走予定登録馬 距離の長さ×先行力不足による詰めの甘さに注意

    サトノアレス(56.0kg・前走比+1.0kg)  末脚のバランスに優れるマイラー??  ここでの不安は、距離の長さ×先行力不足。  マイルでの実力は実績通り最上位クラスですが、芝1800mで示したパフォーマンスは人気に見合うほど高くありません。中山芝1800m(≒テン>上がりになりやすいコース形状…
  18. 弥生賞2017 予想 カデナは馬場や斤量にキレを削がれるシーンに注意

     コース形状の影響を打ち消す中弛みラップになりやすく、キレ優位の末脚を持つ馬の期待値が高いレース。  距離延長などでの末脚の増減を考慮しつつ、末脚の素質上位馬を評価していきます。(土曜現在の予想)  ◎ なし  ○ カデナ  ▲ サトノマックス  △ グローブシアター  ▽ 人気ブログランキングへ…
  19. 弥生賞2017 グローブシアター:出走予定登録馬 トップスピードの裏付けやや弱く、全兄ほどの完成度は見せていない

    グローブシアター(56.0kg・前走比+1.0kg/小柄)  末脚のバランスに優れる中距離馬??  16'ホープフルS(=中弛み風味かつテンの早い一貫ラップ+やや前・内有利~内外フラットの馬場で、総合力上位の差し・追い込み馬が有利)では外々を回りながら終いまでしぶとく伸びて3着。持続力優位の末脚に優…
  20. 弥生賞2017 ダイワキャグニー:出走予定登録馬 総合力高く、位置取りの利を生かせれば怖い存在

    ダイワキャグニー  総合力に優れるマイラー~中距離馬??  ここで狙いたい理由は、総合力の高さ。  2勝はいずれも後傾の中弛みラップを先行して押し切ったもので、位置取りこそ有利ですが総合力の高さを示しています。弥生賞は強気に仕掛ける人馬の少なさが影響してか中弛みラップになりやすいため、近2走の経験を…
  21. 弥生賞2017 コマノインパルス:出走予定登録馬 急加速力に不安あり

    コマノインパルス  底力・持続力に優れる中距離馬??  ここでの不安は、急加速力不足。  17'京成杯を優勝するなど同コースの中山芝2000mで好走していますが、いずれも中盤が引き締まった展開=緩急が小さい展開での好走。血統(=父が欧州型Nasrullah系×母系にリアルシャダイ)のイメージ通り底力…
  22. 弥生賞2017 カデナ:出走予定登録馬 やや小柄+キレ優位なので斤量増の影響に注意

    カデナ(56.0kg・前走比+1.0kg/やや小柄+キレ優位)  キレを中心とした末脚のバランスに優れる中距離馬??  ここでの不安を強いて挙げるなら、斤量増(+先行力不足)。  やや小柄+キレ優位という特徴から前走比+1.0kgの斤量増はパフォーマンスを伸び悩ませる要素です。先行力不足も前後・内外…
  23. 皐月賞2016 予想 3強ではリオンディーズが一番信頼しやすい

     コース形状+路盤改修の影響などから、末脚の総合力勝負になりやすいレース。素直に末脚の総合力上位馬 ≒ 人気上位馬を評価していきます。中山は鞍上の経験値が生きるコースであること、日曜は強風の影響でペースが乱れそうなこと...に、それぞれ注意。(土曜現在の予想)  ◎ リオンディーズ  ○ サトノダ…
  24. 皐月賞2016 ディーマジェスティ:出走予定登録馬 一雨あれば能力全開が叶う可能性あり

    ディーマジェスティ  末脚のバランスに優れる中距離馬??  ここで狙いたい理由は、パワーに偏った足回りと末脚のバランスの良さ。  これらの特徴から、急坂+末脚の要求度が高い馬場+日曜に雨...という条件が揃いそうな今年の皐月賞では能力の全開が叶う可能性があります。共同通信杯で示した実力・素質が高いの…
  25. 皐月賞2016 ロードクエスト:出走予定登録馬 距離延長も斤量増もマイナス、成長も目立たず厳しい

    ロードクエスト(57.0kg・前走比+1.0kg/小柄+キレ優位)  キレに優れる千八巧者?  ここでの不安は、総合力不足。  新潟2歳Sで優れたキレを見せるも、その後の2戦では底力や持続力(≒距離延長への適性)の高さを示せていません。成長も目立たず、早熟の可能性があります(Bold Rulerの影…