天皇賞(春) 2017 予想解説

  1. ダイヤモンドステークス2017 予想 アルバートは高いレベルでの持続力不足に注意

     コース形状などから、キレを兼備した持続力上位馬(≒上がり上位でバテずに伸びる馬)の期待値が高いレース。  展開の幅広さ、コースロスを抑えた逃げ馬の逃げ粘り...などに注意。(金曜現在の予想)  ◎ 人気ブログランキングへ  ○ フェイムゲーム  ▲ ファタモルガーナ  △ アルバート 買い目はな…
  2. ダイヤモンドステークス2017 フェイムゲーム:出走予定登録馬 加齢による衰えは心配も条件ベスト

    フェイムゲーム(58.0kg・前走比+1.0kg)  持続力に偏った長距離馬?  ここでの不安を強いて挙げるなら、キレ(=トップスピードと急加速力)の衰え。  ダイヤモンドSは2連覇含み3年連続で好走中。芝3000m以上の重賞でもっとも終いの直線が長いダイヤモンドSは大得意の条件です。加齢によるキレ…
  3. ダイヤモンドステークス2017 カフジプリンス:出走予定登録馬 距離延長などが向きそうで上位評価

    カフジプリンス(54.0kg・前走比±0.0kg)  持続力に偏った中長距離~長距離馬??  ここでの不安を強いて挙げるなら、急加速力不足。  近走のレースぶりの通り中長距離または長距離の緩急が大きい展開では急加速力不足を見せていて、今回も展開次第では詰めが甘くなる心配があります。とはいえ、大幅な距…
  4. ダイヤモンドステークス2017 アルバート:出走予定登録馬 高いレベルでの持続力不足に注意

    アルバート(58.0kg・前走比+1.0kg/キレ優位)  キレ・持続力に優れる長距離馬?  ここでの不安を強いて挙げるなら、高いレベルでの持続力不足。  長距離目線で見ると末脚はキレ(=トップスピードと急加速力)優位だと思われ、ダイヤモンドステークス(=ロングスパート勝負になりやすい)では詰めが甘…
  5. 京都記念2017 予想 マカヒキは道悪が苦手そうな足回り

     コース形状と距離から、中長距離指向の末脚に優れる中距離馬の期待値が高いレース。  平均的な展開が前有利であること、淀の坂・下りで急加速力不足を補えること...に、それぞれ注意。  金曜現在の想定より末脚の効く馬場になりそうなので、評価を修正しました。(土曜現在の予想)  ◎ 人気ブログランキング…
  6. 京都記念2017 ヤマカツライデン:出走予定登録馬 逃げ馬が有利になる条件替わりで軽視禁物

    ヤマカツライデン(56.0kg・前走比+1.0kg/逃げ馬)  底力・持続力に優れる中長距離馬?  ここで狙いたい理由は、逃げ馬が有利になる条件替わり。  前走の17'日経新春杯では少し緩急のある&非常に早いペースで逃げて0.7秒差の6着。前後の不利の大きさはもちろん、キレ(=トップスピードと急加速…
  7. 京都記念2017 サトノクラウン:出走予定登録馬 良馬場なら他馬より重い斤量が心配

    サトノクラウン(58.0kg・前走比+1.0kg)  持続力・底力に優れる中距離~中長距離馬?  ここでの不安を強いて挙げるなら、良馬場+他馬より重い斤量。  昨年は16'京都記念(=時計が極めて酷く掛かる馬場でのロングスパート戦)と16'香港ヴァーズ(=ほぼ一貫ラップ・ハイペース)で好走したように…
  8. 京都記念2017 ミッキーロケット:出走予定登録馬 緩急の小さい展開ではパフォーマンスが相対的に低く...

    ミッキーロケット(56.0kg・前走比+1.0kg/キレ優位)  底力・キレに優れる中長距離馬??  ここでの不安は、緩急の小さい展開でのパフォーマンスの伸び悩み。  キングカメハメハ産駒の中長距離馬らしく緩急の大きい展開の方がパフォーマンスが高く、京都芝2200m(=1角までの距離が短いことなどか…
  9. 京都記念2017 マカヒキ:出走予定登録馬 苦手そうな道悪と前後の不利に注意

    マカヒキ(57.0kg・前走比+1.0kg)  末脚のバランスに優れる中距離馬??  ここでの不安は、道悪馬場+前有利の展開になりやすいコース形状。  足回りの特徴から道悪馬場は苦手だと思われ、道悪馬場では末脚を削がれる心配があります。また、京都芝2200mはテンが緩くなりやすいため(=1角までの距…
  10. ダイヤモンドステークス2017 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「ダイヤモンドステークス」 [期待値:E-]=展開の幅広さに注意。 展開の幅広さをを踏まえても、条件の独特さから狙い馬をやや絞りやすい。  ○:キレを備えた持続力上位馬    → キレ:E-~F↑? :D-~E?    (展開の幅広さに注意も、平均的な展開なら斤量差の影響小さい)…
  11. 京都記念2017 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「京都記念」 [期待値:E~E-?]=スローペースの逃げ粘りなど、展開による要求レベルの変動に注意 前提:持続力は、芝2200m以上かつ準OP以上の好走歴で甘く評価可  ○:中長距離指向の末脚に優れる中距離馬    → :E~E-↑? :D~D-?    (キレ>持続力の場合、期…
  12. 天皇賞(春)2016 予想 ゴールドアクターは外枠や距離、軽い芝に不安

     コース形状などから、キレを備えた持続力上位馬の期待値が高いレース。枠順による有利・不利が大きいこと、軽い芝への適性が重要になること、大逃げによる波乱があること...にそれぞれ注意。(日曜am02:30現在の予想)  ◎↑ アルバート  ○↓ 人気ブログランキングへ  ▲ キタサンブラック 買い目…
  13. 天皇賞(春)2016 トーホウジャッカル:出走予定登録馬 距離の長さとキレ不足が心配

    トーホウジャッカル(58.0kg・前走比+1.0kg)  底力・持続力に優れる中長距離馬?  ここでの不安は、距離の長さ+キレ不足。  菊花賞が超高速馬場での優勝(+2・3着馬が芝2400m~2500mの重賞で好走)だったように、ベストは芝2400m前後だと思われ、距離の長さが心配されます。さらに、…
  14. 天皇賞(春)2016 フェイムゲーム:出走予定登録馬 昨年は特殊な流れで好走、実力あるも再現難しい

    フェイムゲーム(58.0kg・前走比-0.5kg)  持続力に偏った中長距離馬??  ここでの不安は、キレ(=トップスピードと急加速力)不足+先行力不足。  昨年の天皇賞(春)では2着に好走しましたが、超ロングスパートの展開が向ききってのもの。例年に近いペースになれば2周目の淀の坂・上りでペースが緩…
  15. 天皇賞(春)2016 サウンズオブアース:出走予定登録馬 実力不足と距離の長さが同時に出そうで厳しい

    サウンズオブアース(58.0kg・前走比+2.0kg)  末脚のバランスに優れる中長距離馬?  ここでの不安は、実力不足+距離の長さ。  日経賞はゴールドアクターより内外がやや有利(+前後もわずかに有利)で、さらに、2.0kgの斤量差があっての敗戦。菊花賞時とは実力の上下が逆転しています。軽い芝・高…
  16. 天皇賞(春)2016 シュヴァルグラン:出走予定登録馬 キレ+先行力で劣り、期待値がかなり低そう

    シュヴァルグラン(58.0kg・前走比+3.0kg)  持続力・底力に優れる長距離馬?  ここでの不安は、キレ不足+先行力不足。  阪神大賞典を完勝したように持続力に偏った能力を持ち、京都芝3200m・外ではキレ(=トップスピードと急加速力)不足が心配されます。また、先行力や立ち回りの上手さでも劣る…
  17. 天皇賞(春)2016 キタサンブラック:出走予定登録馬 距離の長さはやはり不安で、慎重に評価したい

    キタサンブラック(58.0kg・前走比±0.0kg)  総合力に優れる中長距離馬??  ここでの不安は、距離の長さ。  中長距離で総合力の高さを見せて好走し続けていますが、菊花賞より長い距離で早い脚を使えるかどうかは全くの未知数です。ゆったりとしたフットワークが効いてか血統のイメージより長い距離で好…
  18. 天皇賞(春)2016 ゴールドアクター:出走予定登録馬 距離や軽い芝に不安残るも、総合力最上位

    ゴールドアクター(58.0kg・前走比±0.0kg)  持続力・底力に優れる中長距離馬?  ここでの不安は、距離の長さと軽い芝への適性。  芝2500m前後で優れた能力を示していますが、芝3000m以上への距離適性をはっきりとは示していません。また、軽い芝での実績に乏しく+血統からも未知数のプラスが…
  19. 天皇賞(春)2016 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「天皇賞(春)」 [評価基準の有効度:C~D?]=大逃げの人馬に注意  ○:キレを備えた持続力上位馬    → :D~D-? :C~C-?    (キレが必要なため、4・5歳馬の期待値が高く & 高齢馬は期待値が低い。     2周目3~4角までに好位へ押し上げられない人馬の場合…
  20. 大阪杯2016 予想 ラブリーデイは実力・適性最上位も、道悪はマイナス要素

     コース形状などから底力・持続力勝負になりやすいレース。底力・持続力上位馬 ≒ 重賞実績上位馬を素直に評価していきます。テン→上がりへと徐々に加速する展開になりやすいので、芝1800m以下がベストの馬は期待値が下がる点に注意。  土曜現在の阪神芝が高速馬場+日曜の雨が夜19時頃からの予報なので、時…
  21. 大阪杯2016 キタサンブラック:出走予定登録馬 中距離では実力の裏付け弱い

    キタサンブラック(58.0kg・前走比+3.0kg/逃げ候補)  持続力・底力を中心に能力バランスに優れる中長距離馬??  ここでの不安は、中距離での実力不足。  重賞3勝(うちG1 1勝)という実績は素晴らしいものですが、中距離に限るとスローペースばかりで、底力(=ハイペース耐性)などの裏付けが弱…
  22. 大阪杯2016 ショウナンパンドラ:出走予定登録馬 細かい不安はあるも実力上位

    ショウナンパンドラ(56.0kg・前走比+1.0kg/小柄+キレ優位)  キレを中心に末脚の総合力に優れる中距離馬?  ここでの不安を強いて挙げるなら、高いレベルでの底力・持続力不足、斤量増。  昨年の大阪杯(不良)は9着ですが、急坂と道悪が重なってのパワー不足が敗因だったと思われます(それ以外の道…
  23. 大阪杯2016 アンビシャス:出走予定登録馬 持続力不足・距離の長さがマイナス

    アンビシャス(56.0kg・前走比+1.0kg/やや小柄+キレ優位)  キレ・底力に優れる千八巧者~マイラー??  ここでの不安は、持続力不足・距離の長さ。  多くのレースで上がり3F 1位を記録しているように優れたキレ(=トップスピードと急加速力)を持ちますが、持続力(≒距離延長への適性)の高さを…
  24. 大阪杯2016 ラブリーデイ:出走予定登録馬 ほぼ条件ベストで、天皇賞馬の実力に期待

    ラブリーデイ(58.0kg・前走比+1.0kg)  持続力・底力に優れる中距離馬?  ここでの不安を強いて挙げるなら、雨の影響。  昨年の中距離重賞で5戦5勝(うちG1 2勝)だったように、中距離での総合力は最上位。キレ(=トップスピードと急加速力)より持続力の要求度が高いコース形状もプラスになるは…
  25. 日経賞2016 予想 ゴールドアクターは実力・適性上位も、複数の条件が少しずつ悪化

     コース形状などから持続力勝負に"やや"なりやすいレース。持続力上位馬を探していきます。ただ、展開の幅が広く&影響も大きいので、購入は慎重に。有馬記念からの参戦馬は斤量の増減に注意。(金曜現在の予想)  ◎ サウンズオブアース  ○ ゴールドアクター  ▲ マリアライト  △ アルバート  ▽ デ…