阪神大賞典 2017 予想解説

  1. 阪神大賞典2016 予想 シュヴァルグランは距離延長がプラス

     コース形状+距離からロングスパートの底力・持続力勝負になりやすく、重賞実績上位馬(≒上位人気馬)が崩れにくいレース。内回りから急坂を2回も上るため、パワーに不安のある馬は消耗が大きくなる点に注意。(土曜現在の予想)  ◎ カレンミロティック  ○ シュヴァルグラン  ▲ アドマイヤデウス  △ …
  2. 阪神大賞典2016 アドマイヤデウス:出走予定登録馬 重賞2勝の実力上位も、距離に少し不安あり

    アドマイヤデウス(57.0kg)  持続力・底力に優れる中長距離馬?  ここで狙いたい理由は、古馬重賞2勝の実力に見合わない人気の低さ。  昨年は日経新春杯、日経賞を連勝するなど、重賞実績はメンバー最上位クラス。実力の裏付けは好走が世代限定戦に限られている馬より上です。ただ、重賞のレース内容から芝3…
  3. 阪神大賞典2016 タンタアレグリア:出走予定登録馬 芝3000m以上への適性が実は低そう

    タンタアレグリア(55.0kg)  持続力・底力に優れる中長距離馬??  ここでの不安は、長距離向きの実力不足。  菊花賞、ダイヤモンドステークスとも4着に善戦していますが、菊花賞は中距離~中長距離指向の末脚が生きる展開、ダイヤモンドステークスは酷い道悪馬場で道悪適性を生かした面が強い(そもそも勝ち…
  4. 阪神大賞典2016 トーホウジャッカル:出走予定登録馬 急坂が大の苦手で条件厳しい

    トーホウジャッカル(57.0kg)  持続力・底力に優れる中長距離馬?  ここでの不安は、急坂コースでのパフォーマンス低下。  首使いが不安定+頭の高い走りという致命的な弱点があり、急坂コースではパフォーマンスを低下させています。阪神大賞典は内回りから急坂を2回も上るため、この走りでは大きく消耗して…
  5. 阪神大賞典2016 シュヴァルグラン:出走予定登録馬 前走より条件が良く、成長あれば上位争い

    シュヴァルグラン(55.0kg・前走比+1.0kg)  持続力・底力に優れる長距離馬?  ここでの不安を強いて挙げるなら、成長が見込まれた評価。  距離延長+阪神内回りへの条件替わりは、持ち味の持続力をより生かしやすく+弱点のキレ不足が出にくくなる条件替わりで大歓迎。能力の特徴からは心配になる点があ…
  6. 阪神大賞典2016 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「阪神大賞典」 [評価基準の有効度:B~C?]=評価上位馬(複数)での決め打ち可 前提:底力の要求度は、ペースで変化することを忘れずに。  ○:底力・持続力上位の馬    → ・:C-~D?    (「キレ>持続力」の場合、期待値ダウン)  注:枠順の影響=フラット?    (影…
  7. 阪神大賞典2015予想 ゴールドシップを逆転できそうな馬は?

     ロングスパートになりやすい&急坂があるコース形状で、パワー・底力・持続力上位馬(≒重賞実績上位馬)が安定して強いレース。パワーや距離適性で劣らない限り、底力・持続力上位馬を素直に評価していきます。  ◎ ゴールドシップ  ○ ラストインパクト  ▲ 人気ブログランキングへ 買い目はなるべくシンプ…
  8. 阪神大賞典 2015 ラブリーデイ:出走予定登録馬

    ラブリーデイ(57.0kg)  持続力・底力に優れ得る中距離馬?  ここでの不安は距離の長さ。  古馬重賞での好走が芝2000m~2200mに限られ、芝2500m以上では0-0-0-3という成績の通り、ベストは中距離で、阪神芝3000mは明らかに距離が長いと思われます。  また、中距離ではほぼ気にな…
  9. 阪神大賞典 2015 ラストインパクト:出走予定登録馬

    ラストインパクト(57.0kg)  持続力に優れる中長距離馬?  ここでの不安はありません。  重賞3勝を含めた全7勝=仕掛けどころが下り坂のコースで、阪神芝3000m(=仕掛けどころが下り坂)は能力を発揮しやすい条件。母父の影響かこの父の産駒としてはパワータイプで、急坂をあまり苦にしないのも強みで…
  10. 阪神大賞典 2015 ゴールドシップ:出走予定登録馬

    ゴールドシップ(58.0kg)  パワー・持続力・底力に偏った中長距離馬?  ここでの不安は特にありません。  前走、前々走と得意なはずの急坂コースで負けていますが、いずれも上がりの額面が早いスローペースで、この馬の弱点であるキレ(=トップスピードと急加速力)不足が響いてのもの。阪神芝3000mでは…
  11. 阪神大賞典 2015 傾向と対策(データ)

    結果から考える狙い方「阪神大賞典」 [評価基準の有効度:B?]=評価上位馬(複数)での決め打ち可  ○:底力・持続力上位の馬    → ・:C-~D?  注:芝2500m以上での好走経験の有無    (≒長距離がベストかどうか。自重が負担になる骨太の馬は慎重な評価必要)  注:斤量差の影響=小さい …