サマースプリントシリーズ 2017 予想解説

  1. セントウルステークス2017 予想 フィドゥーシアはキレ不足が心配

     コース形状+開幕週の時計の早い馬場から、キレ(=トップスピードと急加速力)と全体的なスピードの両立が重要になるレース。  アイビスSDで好走した全体的なスピードの上位馬が距離をこなす場合があること、シャティン芝1200m(小回り&下り→平坦)の実績馬は斤量や前後が不利でも好走例があること...な…
  2. セントウルステークス2017 ダンスディレクター:出走予定登録馬 高速決着も急坂も苦手で厳しい

    ダンスディレクター(56.0kg・前走比-1.5kg/小柄+キレ優位)  キレ・底力に優れる千三巧者?  ここでの不安は、全体的なスピード不足+パワー不足。  昨年のセントウルステークスでは3人気7着。例年より不向きのペースだったとは言え、平坦芝1200mよりパフォーマンスを低下させています。その後…
  3. セントウルステークス2017 メラグラーナ:出走予定登録馬 高速決着も小刻みなギアチェンジも苦手で厳しい

    メラグラーナ(56.0kg・前走比+1.0kg)  底力・持続力に優れる千三巧者??  ここでの不安は、スピード不足と急加速力不足。  持ち時計が人気の割に早くない通り芝1200mでは全体的なスピードでやや劣り、高速決着になりやすいセントウルステークスではパフォーマンスが低下すると思われます。また、…
  4. セントウルステークス2017 ファインニードル:出走予定登録馬 適性ベストで本番より向いている条件

    ファインニードル(56.0kg・前走比+1.0kg)  総合力に優れる千直巧者~短距離馬??  ここでの不安は、ありません。  2走前の17'水無月Sでは他馬より2.5kg~5.5kg重い斤量を背負いながら近走よりさらにテンの早い展開に対応し、セントウルステークスの平均走破時計を上回る走破時計で圧勝…
  5. セントウルステークス2017 フィドゥーシア:出走予定登録馬 キレ不足による詰めの甘さに注意

    フィドゥーシア  全体的なスピードに優れる千直巧者~短距離馬??  ここでの不安を強いて挙げるなら、キレ不足。  近走ではレースごとに先行力・テンのスピードに成長を見せていますが、キレ(=トップスピードと急加速力)の裏付けは弱いままです。むしろ、千直指向・テンのスピードの強まりから相対的に弱まってい…
  6. キーンランドカップ2017 予想 ソルヴェイグは平坦でのキレで見劣りそう

     コース形状などから、全体的なスピード・総合力の高さを問われやすい条件。  逃げ・先行馬の期待値が高いこと、過去の該当条件がすべて良馬場で道悪のサンプルが無いこと、天候から土曜より時計レベルの回復が見込まれること...などに注意。(土曜現在の予想)  ◎ モンドキャンノ  ○ 人気ブログランキング…
  7. キーンランドカップ2017 イッテツ:出走予定登録馬 札幌では距離不問で好走、さらなる成長に期待

    イッテツ(56.0kg・前走比+2.0kg)  全体的なスピードに優れる短距離馬?  ここで狙いたい理由は、17'UHB賞のパフォーマンスの高さ。  前走の17'UHB賞ではテンのスピードに成長を示して優勝。軽斤量や位置取りの利があったとは言え、5歳にして本格化の兆しを感じます。これまでのレース振り…
  8. キーンランドカップ2017 エポワス:出走予定登録馬 平坦・芝1200m重賞ではスピード・キレ不足

    エポワス  底力を中心とした総合力に優れる千三巧者?  ここでの不安は、平坦・芝1200m重賞でのスピード・キレ不足。  9歳馬ながら大きな衰えを感じないことは驚異的ですが、さすがに平坦・芝1200m重賞で好走できるだけの全体的なスピードやキレ(=トップスピードと急加速力)は既にありません。近走のよ…
  9. キーンランドカップ2017 ブランボヌール:出走予定登録馬 テンのスピードで劣り、昨年より重い斤量では厳しい

    ブランボヌール  末脚のバランスに優れる短距離馬~千四巧者??  ここでの不安は、先行力不足を始めとした実力不足。  小柄な馬体のイメージ通り先行力・テンのスピードで劣る弱点があり、軽ハンデなどのフォローが無いと末脚が鈍っています。近走でもこの弱点は解消しておらず、昨年より3.0kgも重い斤量も小柄…
  10. キーンランドカップ2017 シュウジ:出走予定登録馬 パワーが過剰になり、末脚不足の心配強い

    シュウジ  底力・先行力に優れる千四巧者??  ここでの不安は、気性難と良馬場での末脚不足。  今年の3戦はいずれもハイペースを積極的に先行して大敗。気性が難しくなっていて、今回も折り合いに不安が残ります。また、デビューから2連勝を中京芝で飾ったようにパワーの素質が高く、それが歳を重ねるごとに強まっ…
  11. キーンランドカップ2017 ソルヴェイグ:出走予定登録馬 平坦でのキレ負けが心配

    ソルヴェイグ(54.0kg・前走比-1.0kg/逃げ・先行馬)  底力・先行力に優れる短距離馬~千四巧者??  ここでの不安は、キレ・末脚不足。  重賞での好走が急坂や終いの負荷が高い条件に偏っている通りパワータイプで、その裏返しとしてキレ(=トップスピードと急加速力)などの末脚で劣ります。札幌芝1…
  12. キーンランドカップ2017 モンドキャンノ:出走予定登録馬 条件良好で逆らいづらい

    モンドキャンノ(53.0kg・前走比-4.0kg)  持続力を中心とした総合力に優れる千四巧者??  ここでの不安を強いて挙げるなら、成長力。  芝1400m~短距離での総合力が高く、札幌芝1200m(≒コース形状から持続力優位の末脚を生かしやすい)は能力を発揮しやすいコース。テンのスピードを問われ…
  13. キーンランドカップ2017 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「札幌芝1200m・古馬G3~OP」 [期待値:F-~G+?]=展開の幅広さ・バラつきに注意  ▲+:総合力上位馬     → ・・・:E~E-?(2~1.5個以上)    (期待値は「先行力>持続力>キレ」      → 能力バランスの良い馬≒先行~好位の馬の期待値が高い。  …
  14. アイビスサマーダッシュ2017 予想 フィドゥーシアは成長が見込まれた人気も今が充実期

     コース形状と最短距離という条件から、芝1200mで見せた距離短縮への適性が重要になる条件。  高速決着での好走歴(当然、信頼性は逃げ・先行>差し・追い込み)、負荷の掛かり方が似ている芝1200m(中山>福島>京都)での好走歴...などに注意。(土曜現在の予想)  ◎ 人気ブログランキングへ  ○…
  15. アイビスサマーダッシュ2017 シンボリディスコ:出走予定登録馬 千直はベスト条件で2・3着候補に

    シンボリディスコ(56.0kg・前走比+1.0kg)  底力・先行力に優れる千直巧者??  ここで狙いたい理由は、ベスト条件でのパフォーマンス発揮。  千直では0-3-1-0。優勝こそないものの準OP~G3での成績ですから、千直への適性の高さや千直での実力の高さは明らかです。年齢や斤量増から千直での…
  16. アイビスサマーダッシュ2017 プレイズエターナル:出走予定登録馬 高速馬場の千直ではスピード不足

    プレイズエターナル(56.0kg・前走比+1.0kg)  底力・キレに優れる千一巧者?  ここでの不安は、スピード不足。  17'駿風Sの回顧をコピペすると、『前後有利、馬場+展開と適性(距離+能力)が完全に一致? 芝1200m+ハイペースで実績を残していた馬が千直でも能力を発揮。ただ、今回は時計の…
  17. アイビスサマーダッシュ2017 レッドラウダ:出走予定登録馬 実力の裏付け弱く、血統的にも千直での上積みを見込みづらい

    レッドラウダ(56.0kg・前走比+1.0kg)  底力・キレに優れる千一巧者??  ここでの不安は、実力不足。  3歳時に稲妻S(=千直・準OP)を優勝していますが、54.0kgでのもの。その後、千直のOPでは0-0-1-1、芝1200mのOPでも0-0-0-2と重賞レベルの実力は示せていません。…
  18. アイビスサマーダッシュ2017 アクティブミノル:出走予定登録馬 芝1200mの高速決着での強さは千直適性の現れ?

    アクティブミノル(56.0kg・前走比±0.0kg)  底力・先行力に優れる短距離馬?  ここで狙いたい理由は、「急坂芝1200m重賞+高速決着」でのパフォーマンスの高さ。  父Storm Cat系という血統通り終いの負荷が高くなるコース形状や展開、高速決着の芝1200m重賞で高いパフォーマンスを示…
  19. アイビスサマーダッシュ2017 ネロ:出走予定登録馬 58.0kgの克服には高い壁

    ネロ(58.0kg・前走比+0.5kg/やや小柄+逃げ・先行馬)  底力・先行力に優れる千直巧者~短距離馬?  ここでの不安は、58.0kgの斤量(+加齢によるスピードの衰え)。  短距離馬としてはやや小柄で、57.5kg以上の斤量では未勝利。他馬と2.0kg以上の斤量差(最大で7.0kg差!)があ…
  20. アイビスサマーダッシュ2017 フィドゥーシア:出走予定登録馬 適性合うも成長を見込んだ評価

    フィドゥーシア(54.0kg・前走比±0.0kg/逃げ馬)  底力・先行力に優れる千直巧者??  ここでの不安を強いて挙げるなら、重賞クラスの実力不足。  ダートで初勝利を上げたように上がりの負荷が高いコース形状や展開はもともと得意でしたが、17'韋駄天Sでは初めて千直向きのテンのスピードを示して完…
  21. アイビスサマーダッシュ2017 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「新潟芝1000m・古馬G3~OP」 [期待値:E-~F-?]=信頼性が低下するシーンに注意(解説参照) 近年は適性上位馬の人気が順当に高く、妙味が低下傾向  ○:千直~芝1200mでの先行力・底力上位馬    → ・:D-~E-?  ▲:高速決着の芝1200mで差せる馬    …
  22. CBC賞2017 予想 メラグラーナは中京芝1200mに向きそうも雨が残ると厳しい

     コース形状(道中が700mほど下り坂、直線での助走区間が短い急坂、芝1200mで最長の直線)から、芝1400m寄りの総合力勝負になりやすいレース。  好走馬のタイプや斤量差の影響が改装直後とは大きく変化していること(2016年夏開催前に3・4角近辺に排水溝が設置されたことが影響?)、金曜の豪雨の…
  23. CBC賞2017 トウショウドラフタ:出走予定登録馬 高速馬場の中京芝1200mではスピード面の不安強い

    トウショウドラフタ(56.0kg・前走比±0.0kg)  キレ・底力に優れる千四巧者?  ここでの不安は、距離の短さ・スピード不足。  これまでのレース振りでは芝1200mへの適性を示したレースがなく、テンのスピードも追走スピードも裏付けが弱いままです。高速馬場や道中の長い下り坂はスピード面の不安を…
  24. CBC賞2017 セカンドテーブル:出走予定登録馬 急坂実績乏しく、得意の平坦コースでもパフォーマンスに陰り

    セカンドテーブル(56.0kg・前走比±0.0kg)  総合力に優れる千三巧者?  ここでの不安は、急坂+衰え。  やや頭の高い走りの通り急坂コースでは実績に乏しく、高速馬場でも急坂の負荷が高い中京芝1200mでは不安になります。また、近走では得意の平坦コースでもパフォーマンスに陰りが感じられ、2歳…
  25. CBC賞2017 アルティマブラッド:出走予定登録馬 キレの裏付け弱く、中京芝1200mでは不安定

    アルティマブラッド(53.0kg・前走比+1.0kg)  底力・持続力に優れる短距離馬??  ここでの不安は、キレ(=トップスピードと急加速力)不足。  中京芝1200mでは1-0-0-2...と、優勝と苦戦がはっきり分かれています(3戦とも平均より時計の早い馬場)。優勝したレースはかなりのハイペー…