フェブラリーステークス 2018 予想

  1. フェブラリーステークス2018 予想 ゴールドドリームとテイエムジンソクは明暗が分かれるはず

     独特なコース形状などから同コース実績やマイル実績のある総合力上位馬がやや有利なレース。  東京ダ1600m実績馬(若く、先行できればさらに良し)の期待値がやや高いこと、展開の幅が広いこと、やや有利な外枠に人気上位馬が集まったこと、土曜現在で非常に時計の掛かる馬場(近年のフェブラリーステークスでは…
  2. フェブラリーステークス2018 プレ予想 ゴールドドリームやテイエムジンソクの評価は?

     フェブラリーステークスは独特なコース形状などから同コース実績やマイル実績のある総合力上位馬がやや有利なレース。  フェブラリーステークスの傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。 プレ予想 目次 1. 結果から考える狙い方(傾向と対策) 2. 各馬の短評(出走予定登録馬) 【!】 6頭…
  3. 根岸ステークス2018 予想 カフジテイクを逆転可能なのは...?

     コース形状からダ1400m戦としてはテンがもっとも緩くなりやすく、末脚(=レース後半の能力)の総合力勝負にややなりやすい条件。  他場のダート短距離に好走歴が偏る馬(≒レース前半の能力に優れる馬、先行力・底力タイプ)は末脚不足から苦戦しやすく同コース実績馬やマイルをこなせる馬が巻き返しやすい点、…
  4. 根岸ステークス2018 プレ予想(傾向と対策+出走予定登録馬)

     根岸ステークスはコース形状からダ1400m戦としてはテンがもっとも緩くなりやすく、末脚(=レース後半の能力)の総合力勝負にややなりやすい条件。  根岸ステークスの傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。 プレ予想 目次 1. 結果から考える狙い方(傾向と対策) 2. 各馬の短評(出走予…
  5. フェブラリーステークス2017 予想 カフジテイクはダ1600m以上で未勝利

     独特なコース形状などから、同コース実績やマイル実績のある総合力上位馬がやや有利なレース。  若い東京ダ1600m実績馬を探せば概ね良いレースですが、展開の幅が広いため印や買い目の絞り過ぎに注意。(土曜現在の予想。21:50頃に修正しました)  ◎↑ モーニン [ベスト条件、レース内容良化中]  …
  6. フェブラリーステークス2017 ベストウォーリア:出走予定登録馬 東京ダ1600mでは高いレベルで末脚不足

    ベストウォーリア(57.0kg・前走比-1.0kg)  底力・先行力を中心とした総合力に優れる千四巧者~準マイラー?  ここでの不安は、高いレベルでの末脚不足。  古馬になってからはダ1400m~1600mでしか好走していないように、東京ダ1600mの長い直線では末脚不足(≒距離延長への適性不足)か…
  7. フェブラリーステークス2017 ゴールドドリーム:出走予定登録馬 東京ダ1600mではパフォーマンス高く、上積み+巻き返しの期待大

    ゴールドドリーム(57.0kg・前走比+1.0kg)  底力を中心とした末脚のバランスに優れるマイラー~中距離馬??  ここで狙いたい理由は、東京ダ1600mでの高いパフォーマンス。  血統(父ゴールドアリュール×母父フレンチデピュティ)通り芝指向の能力を問われる東京ダ1600mでは常に高いパフォー…
  8. フェブラリーステークス2017 カフジテイク:出走予定登録馬 芝スタートではテンのスピード不足

    カフジテイク(57.0kg・前走比+1.0kg/キレ優位)  底力・キレに優れる千四巧者~マイラー??  ここでの不安は、先行力不足(特に芝スタート時)+斤量増。  前走の根岸Sでは外を回りながらの直線一気、確かな実力を付けています。しかし、近走で高いパフォーマンスを示しているのはダートスタートのレ…
  9. フェブラリーステークス2017 ノンコノユメ:出走予定登録馬 1年ぶりの適条件で素直に評価

    ノンコノユメ(57.0kg・前走比±0.0kg/小柄+キレ優位)  キレ・底力に優れるマイラー?  ここでの不安を強いて挙げるなら、先行力不足。  ダート馬としては先行力で大きく劣り、先行力が重要になりやすい多くのダート重賞で詰めが甘くなっています。終いの直線が最長の東京ダ1600mも例外ではなく、…
  10. フェブラリーステークス2017 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「フェブラリーステークス」 [期待値:F~F-]=展開の幅広さに注意  ○:総合力上位の先行馬    → (芝スタート時)・:C-~D↑? キレ:E-~F↑?    (末脚>先行力の場合、期待値ダウン&展開の影響を受けやすい)  注:枠順の影響=±外枠やや有利・内枠やや不利   …
  11. 根岸ステークス2017 予想 カフジテイクは内を捌くリスクに注意

     コース形状からダ1400m戦としてはもっともテンが緩くなりやすく、末脚(=レース後半の能力)の総合力勝負になりやすい条件。  このため、他場のダート短距離に好走歴が偏る馬(≒レース前半の能力に優れる馬、先行力・底力タイプ)は末脚不足から苦戦しやすく、同コース実績馬やマイルをこなせる馬が巻き返しや…
  12. 根岸ステークス2017 キングズガード:出走予定登録馬 東京実績の少なさは急加速力不足を示す可能性あり

    キングズガード(56.0kg・前走比±0.0kg)  末脚の総合力に優れる千四巧者~準マイラー??  ここでの不安は、先行力不足×高いレベルでのキレ不足。  追い込み馬のため前後・内外の不利を受けやすく、それを補うための先行力や高いレベルのキレ(=トップスピードと急加速力。特に後者?)が不足します。…
  13. 根岸ステークス2017 ベストマッチョ:出走予定登録馬 適性高いも成長・素質が見込まれた人気

    ベストマッチョ(55.0kg・前走比±0.0kg)  総合力に優れる千四巧者~マイラー??  ここでの不安は、素質・成長が見込まれた人気。  東京ダ1400mでは3戦3勝、東京ダ1600mでも2戦1勝2着1回...と、ほぼ完璧な成績。東京ダ1400mへの適性が高い≒能力を発揮しやすいと思われます。し…
  14. 根岸ステークス2017 カフジテイク:出走予定登録馬 ハイペースに強い分、スローペースでの差し損ねが心配

    カフジテイク(56.0kg・前走比-1.0kg)  底力を中心とした末脚のバランスに優れる千四巧者??  ここでの不安は、スローペースでの差し損ね。  16'チャンピオンズカップ(=中締まり風味で上がりの掛かる一貫ラップ・ハイペース)を最後方から追い込んで4着に善戦したように、実績のある東京ダ140…
  15. 根岸ステークス2017 ベストウォーリア:出走予定登録馬 緩いペースでは末脚不足×重い斤量に注意

    ベストウォーリア(58.0kg・前走比+1.0kg)  底力を中心とした総合力に優れる千四巧者~マイラー?  ここでの不安は、高いレベルでの末脚不足×58.0kgの斤量。  ダ1400m~マイルで数多く好走していて、総合力の高さはメンバー最上位。ただ、東京ダ1400mのように末脚の要求度が相対的に高…
  16. 東海ステークス2017 予想 アスカノロマンが適性・実力で抜けていそう

     コース形状などから、底力(=ハイペース耐性)ベースの総合力勝負になりやすいレース。  逃げ・番手馬が粘りやすいこと、同じ急坂でも中山とは末脚の要求度の差が大きいこと...などに注意。  想定より日曜の雨の影響が弱そうなので、印・買い目を◎ アスカノロマンに寄せて狙うことにします。(土曜現在の予想…
  17. 東海ステークス2017 グレンツェント:出走予定登録馬 急坂でのパワーにやや不安あり

    グレンツェント(55.0kg・前走比-1.0kg)  持続力優位の末脚のバランスに優れる中距離馬??  ここでの不安は、急坂コースでのパフォーマンスの伸び悩み。  16'師走Sでは古馬を相手に快勝。しかし、OPクラスとしてはペースや時計レベルを考慮しても走破時計がやや遅く、急坂コースでのパフォーマン…
  18. 東海ステークス2017 アスカノロマン:出走予定登録馬 中京ダ1800mなら抜けた実力・適性で不安なし

    アスカノロマン(57.0kg・前走比±0.0kg)  底力・キレを中心とした総合力に優れる千八巧者?  ここでの不安は、特にありません。  16'東海ステークスを圧勝、16'チャンピオンズカップでもハイペースを番手から粘って3着に好走するなど、パワーとキレ(=トップスピードと急加速力)を同時に生かせ…
  19. 根岸ステークス2017 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「東京ダ1400m・古馬G3~OP」 [期待値:±F-]=展開の幅広さに注意。  ○:末脚の総合力上位馬    → 底力:E-~F↑? :E~E-? 持続力:E-~F↑?    (末脚の信頼性は「キレ優位≧持続力優位」も、展開による変化に注意。     先行力:F-~G+?以下の…
  20. 東海ステークス2017 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「東海ステークス」 [期待値:±F?]=検証少ない。 前提:底力は、時計の早い馬場やハイペースなら東京ダ1600mの好走歴で甘めに評価可    持続力は、好走歴がダ2100m>ダ2000m~1900mなら甘めに評価可  ○:底力・末脚上位の差し馬    → :D~D-? キレ:E…
  21. フェブラリーステークス2016 予想 ノンコノユメはスローペースが死角

     コース形状などから、マイル実績のある総合力上位馬の期待値が高いレース。距離適性によって期待値が大きく変わるので、特にマイル未満がベストの馬が長い直線でパフォーマンスを低下させるシーンに注意。  また、ハイペースの重賞(例:15'チャンピオンズカップ、15'武蔵野ステークスなど)が多かったので、ス…
  22. フェブラリーステークス2016 ロワジャルダン:出走予定登録馬 初距離は不安も、芝指向の能力を生かせる可能性あり

    ロワジャルダン(57.0kg・前走比+1.0kg)  底力・キレに優れる準マイラー・千八巧者?  ここでの不安は、距離の短さ。  マイルへの出走は今回が初めてで、距離に対応できるか未知数です。しかし、芝でも走れそうな血統や、時計の早い馬場やハイペースでの強さから、東京ダ1600mが能力を発揮しやすい…
  23. フェブラリーステークス2016 ホワイトフーガ:出走予定登録馬 スピード素晴らしいも、キレ不足の心配大きい

    ホワイトフーガ(55.0kg・前走比-1.0kg)  底力・先行力に優れるマイラー??  ここでの不安は、キレ不足。  JBCレディスクラシックが極端なハイペースだったように、好走しているレースは上がりの掛かる展開ばかり。ハイペースを追走するスピード能力は高くとも、キレ(=トップスピードと急加速力)…
  24. フェブラリーステークス2016 コパノリッキー:出走予定登録馬 ペースを落とせれば3連覇も

    コパノリッキー  先行力・底力に優れるマイラー?  ここでの不安は、ハイペース。  フェブラリーステークスの2連覇は中盤が緩む流れでのもの。近走で成績が安定しない通り、ハイペースはパフォーマンス低下に繋がります。とはいえ、ベストと言えるマイルへの距離短縮、芝スタート、コーナーの少ない条件ともプラスで…
  25. フェブラリーステークス2016 ベストウォーリア:出走予定登録馬 末脚不足による詰めの甘さに注意

    ベストウォーリア  底力・先行力に優れる千四巧者~マイラー?  ここでの不安は、末脚不足。  重賞勝ちがダ1400m~1600mに限られるように、ベストはマイル以下&末脚の要求度が低い条件だと思われ、東京ダ1600m(=全10場最長の直線から、末脚の要求度が高い)では末脚不足が原因で詰めが甘くなる心…