中山牝馬ステークス 2017 予想解説

  1. 中山牝馬ステークス2016 予想 ルージュバックは不向きの条件が重なりそう

     コース形状から中盤以降のペースが引き締まりやすく、牝馬限定戦としては例外的に底力(=ハイペース耐性)の要求度が高くなりやすいレース。さらに、起伏などからパワーの要求度も高いので、牝馬らしからぬパワーと底力を示している馬を探していきます。(土曜現在の予想)  ◎ アースライズ  ○ リーサルウェポ…
  2. 中山牝馬ステークス2016 シュンドルボン:出走予定登録馬 底力の裏付け弱く、条件不向き?

    シュンドルボン(54.0kg・前走比±0.0kg)  持続力に優れる中距離馬??  ここでの不安は、底力(=ハイペース耐性)不足。  3連勝はいずれも中盤が緩い流れで、愛知杯(=中盤の早い流れ)では1人気8着。中山芝1800mで重要になる底力の高さを示したレースがありません。エリザベス女王杯で善戦…
  3. 中山牝馬ステークス2016 シングウィズジョイ:出走予定登録馬 実力不足の心配強く、人気なら厳しく評価

    シングウィズジョイ(55.0kg・前走比+2.0kg/小柄+キレ優位)  キレを中心とした能力バランスに優れるマイラー~中距離馬?  ここでの不安は、底力(=ハイペース耐性)を始めとした実力不足。  15'ターコイズステークス(=スロー+極端な中弛みラップ)は位置取りも斤量差も大きく利しての好走で、…
  4. 中山牝馬ステークス2016 アースライズ:出走予定登録馬 緩急の大きい展開なら逆転ありそう

    アースライズ(54.0kg・前走比+1.0kg/小柄+キレ優位)  底力・キレに優れる中距離馬??  ここで狙いたい理由は、末脚のバランスの良さ。  小柄な馬ながら力の要る馬場を苦にせず、オークス4着、秋華賞5着と善戦したように末脚のバランスと能力も良好。牝馬限定戦らしく中盤が緩めば、実績上位馬に対…
  5. 中山牝馬ステークス2016 ルージュバック:出走予定登録馬 パワーも先行力も不足し、厳しいレースになりそう

    ルージュバック(56.0kg/小柄)  持続力・底力に優れる中距離~中長距離馬?  ここでの不安は、パワー不足と先行力不足。  小柄な馬体やこれまでの成績から軽い芝向きだと思われ、今回(=急坂+柔らかい馬場~道悪馬場)はパワー不足の心配が強くなります。広いコース向きの追い込み脚質も中山芝1800m(…
  6. 中山牝馬ステークス2016 データ(傾向と対策)

    結果から考える狙い方「中山牝馬ステークス」 [評価基準の有効度:D?]=路盤改修後(2014.12~)の検証少ない。 仮説:路盤改修の影響で、キレの要求度アップ? 底力の要求度ダウン? 前提:底力の要求度は、距離適性やペースで変化することを忘れずに。(←赤く)  ○:先行力・底力上位馬    → :…