札幌記念 2014 傾向と対策(データ2)

札幌記念 2014 傾向と対策(1)からの続きです。

● 前回までの「結果から考える」狙い方 ----------
関連リンク :
 能力適性の用語解説 (底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表 (A~Gのクラス対応表)

~ 結果から考える「札幌記念」 ~
[評価基準の有効度:-(未検証)]
 ○:先行力・底力・キレの総合力上位馬
   → DD-?(他馬との比較が重要) D-E
   (持続力の兼備で信頼性アップ)
 ▲:キレ・持続力の総合力上位馬
   → D
   (先行力の兼備で信頼性アップ)
特注:平坦巧者と急坂巧者の上げ下げ
 注:中長距離馬に対する先行力とキレのマイナス補正
 注:斤量差の影響=やや小さい?
   (キレや全体的なスピードが最重要でないため?)

 △:1800m以下がベストの逃げ・先行馬
   (ベストの距離適性が短いほど信頼性ダウン)
 △:先行力で劣る馬≒追い込み馬(内外のコースロスが大きくなりやすい)
   → 先行力:G+?(他の人馬との比較が重要)
 ×:能力適性が上記のプラス評価のいずれにも当てはまらない馬

 コース形状(ほぼ平坦、大回り、コーナーの比率が高い、短い直線、残り800m手前からごく緩い下り坂)から、キレ・持続力のバランスを問われやすい条件。
 道中の負荷が小さく&コースロスの差が大きくなりやすいコース形状なので、逃げ・先行馬の期待値が高くなるようです。差し・追い込み馬は末脚の総合力がはっきりと格上でない限り、狙いを下げて妙味を追うべきと言えるのでは。


※ 登録馬が発表され次第、想定人気上位馬や妙味がありそうな馬を見ていきます。



◆──────────────◆

     元JRA調教師

     浜田光正監修

   ■■■■■■■■■■■



      想定25倍超!!

    第50回札幌記念(G2)

    【究極の1点勝負】



   ■■■■■■■■■■■

     8月24日(日)14時

  →買い目形式で無料配信!



◆──────────────◆



■圧倒し続ける関西馬

昨年も皐月賞馬ロゴタイプをはじめ、トーセンジョーダン、マルセリーナ、レインボーダリアなど、GI馬が顔を揃えた札幌記念。1着賞金や今年も揃った豪華メンバーを見渡しても分かる通り、このGIIだけは別格扱いされており、その勝負度合いはGIにもヒケを取らない。関西馬を管理する厩舎の意気込みは勿論のこと、公にならない厩舎の“勝たなければいけない裏事情”をスクープできれば、馬券は簡単に獲れると言っても過言はない。事実、過去10年で9頭もの勝ち馬を輩出しているのが【関西馬】なのです。



■4年連続的中の実績

最強の関西馬専門情報でも、昨年はトウケイヘイローの大駆けをスッパ抜き、一昨年はヒルノダムールから1250円、2011年が1万8510円、2010年が3万9100円、2009年も1600円と4年連続の的中。北海道滞在の情報網が入手した関西馬の勝負情報が、高確率で馬券になるということを証明しております。



■最低でも1点25倍!!

今年も北海道滞在の情報網から『GI馬の目標はまだまだ先やし、あくまでここは叩き台っちゅうこと。やけど、この馬は札幌記念が目標で、このレースから逆算してローテも鞍上も確保しとるんや。これは他とは勝負度合いが違うで!』とまで豪語する馬を独占スクープ!しかも、前走で掲示板を外しており、新聞紙面での印はスッコ抜け必至で『あの馬との組み合わせでも、最低25倍はイケるで!』というほど配当妙味のある馬を!!



関西馬専門情報社チェックメイトだからこそ入手できた想定25倍超となる究極の【1点勝負】。監修するのはGI7勝の元JRA調教師・浜田光正。関西馬情報が高確率で馬券になるということを皆様に知って頂く為に、無料にて配信しますので、是非この機会を見逃すことなくご利用下さい。



    ↓↓↓↓↓



◆──────────────◆

     元JRA調教師

     浜田光正監修

   ■■■■■■■■■■■



      想定25倍超!!

    第50回札幌記念(G2)

    【究極の1点勝負】



   ■■■■■■■■■■■

     8月24日(日)14時

  →買い目形式で無料配信!



◆──────────────◆







いつもあみーケイバをご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ブログランキングの応援もしてやって下さいな。



札幌記念 2017 予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >