セントウルS 2014 予想

「傾向と対策」
・ コース形状・芝質・展開など
セントウルS 2014 傾向と対策(データ1)
・ 過去の結果から考える狙い方
セントウルS 2014 傾向と対策(データ2)


予想記事 目次
1. 予想のポイント、印・買い目
2. 前日の馬場傾向と当日の馬場の想定
3. 各馬の短評
3+. 評価を控えめにしたい人気馬



予想のポイント、印・買い目

 3・4角それぞれからの急加速力≒キレと、時計レベルの早さに対応できる全体的なスピードの両立を求められる条件。スピード・キレを両立している馬を探し、どちらかに偏っている馬は評価を下げます。

 ◎ 人気ブログランキングへ(534位くらい)
 ○ ハクサンムーン

買い目はなるべくシンプルに。
ワイド・馬連 : ◎○



前日の馬場傾向と当日の馬場の想定
(関連 : 芝質と血統・種牡馬

 少し内有利~内外フラットで、かなり時計の早い馬場。好走している血統はSS系パワー・スタミナタイプ、Mr. Prospector系などで、推測される芝質は「標準的な芝」。

 日曜にかけての天気は良好で雨の心配はなさそう。馬場の乾燥が進めば、内回りや外回りマイルを中心に内有利の傾向が強まる可能性あり。当日の傾向を観察して、土曜の馬場傾向とズレがないかをチェックしたいです。

馬場観察 : 1R 2歳未勝利牝(内。9:55)、2R 2歳未勝利(外。10:25)、5R 2歳新馬(12:15)、8R 500万下(内。13:50)、10R 西宮S(外。15:00)



各馬の短評・適性チェック
能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)



人気ブログランキングへ(534位くらい)

短評:
 2年前の優勝馬で、先行力・底力に優れる千四巧者。
 芝1200mがベストの馬に比べてキレに良さがあり、阪神芝1200mは相性の良い舞台。2年前の優勝は52.0kgの軽斤量のプラスが大きかったと思われますが、近2走はいずれも他馬より重い斤量を背負っての敗戦。斤量が1.0kg軽くなる今回は2年前より成長した姿を見れても。
適性チェック:
 ツナギはやや短い(後脚は長さ普通)、太さ普通、角度普通。曲飛節? 標準的な芝のマイル以下向き、血統はマイル・中距離向き+気性の難しさで、標準的な芝の1400m◎?(1200m○-? 1600m▲?) 荒れ馬場・道悪▲? 先行力D?(末脚:D?に変換可) 底力(=ハイペース耐性)D-キレE-



○ 8-15 ハクサンムーン(57.0kg)

短評:
 昨年の優勝馬、秀でたダッシュに優れたキレを兼備する短距離馬。
 父×母父のイメージ通り機動力とキレに優れ、阪神芝1200mは3戦3勝の実績通りベストの条件。他馬との斤量差や外枠の不利は、位置取りの利で補えると考えます。
 心配はスピードの衰えの可能性や乗り替わりの影響ですが、今年春の2戦はいずれも時計の掛かる馬場だったのでレースぶりからは推測できませんし、乗り替わりの影響も同じく推測できません。
 大勝負をするにはリスク・未知数がありますが、コース形状との相性の良さから大きく嫌う必要はないはず。軸馬に近い扱いから考えたいです。
適性チェック:
 ツナギはやや短い、太さ普通。角度普通。標準飛節? 標準的な芝のマイル以下向き、血統は短・マイル向きで、標準的な芝の1200m◎?(重い芝△? 前傾の芝1400m○?? 千直○-? 後傾の1400m△) 荒れ馬場・道悪△?(レース振りから) ゲート▲+↑? ダッシュ★? 先行力D? 底力:E↑キレD



評価を控えめにしたい人気馬

1-1 リトルゲルダ(54.0kg・前走比+1.0kg)

短評:
 全体的なスピードに優れる短距離馬。
 非SS系の血統通り緩急の小さい流れに適性が高いもキレで劣り、3・4角それぞれで小刻みにブレーキが掛かる阪神芝1200mは不向きの条件(※)。有利な最内枠でも能力全開が叶わないと考えます。
 人気なら連を外すことを前提に考えて妙味を追いたいです。
適性チェック:
(誤差注)ツナギはやや短い(前脚短い)、太さ普通、角度普通?標準飛節? 標準的な芝の短距離向き、血統は短~マイル向き(?)で、標準的な芝の1200m◎?(千直○-? 1400m×?) 荒れ馬場・道悪▲+? 先行力E-↑?(末脚:E-↑?に変換可) キレ:G+

※ 同コースでは13'道頓堀Sを優勝していますが、クビ差の2着ミッドナイトクロスはまだ準OPを勝ち上がれず、さらに1/2馬身差3着のシゲルスダチも準OP降格後は準OPでの連対歴なし…と、好走実績として評価するには心許ない実績です。



2-2 マヤノリュウジン

短評:
 パワー・底力に優れる千四巧者。
 ここでの不安は全体的なスピードとキレ(=トップスピードと急加速力)の両方が不足しそうなこと。近2走の2連勝はいずれも緩急の小さい流れで持続力(≒距離延長への適性)を生かしての差し切りで、阪神芝1200mで重要なキレに関しては成長を見せていません。
 時計の早い馬場も苦手なままで、本来ならプラス評価の内枠も他馬を捌く必要からエンジンを早めに掛け難くなるので、キレで劣るこの馬にとってはマイナス。
 昨年より体が絞れていても人気に見合う期待値は望めないのでは?連を外すシーンを考えて妙味を追いたいです。
適性チェック:
(誤差注)ツナギはやや短い、太い、角度普通?標準飛節? 重い芝のマイル以下向き、血統はマイル~中距離向きで、重い芝の1400m◎?(標準的な芝○-?? 軽い芝△? 1200m○-?) 荒れ馬場○?道悪▲? 先行力:E-底力(=ハイペース耐性)D↑? キレ:G+?(大跳び?)



3-4 トーホウアマポーラ(54.0kg・前走比+1.0kg)

短評:
 全体的なスピードに優れる短距離馬。
 ここでの不安はキレ(=トップスピードと急加速力)不足。エピセアロームと比較すると、2走前の阪神牝馬S(=キレの要求度が高い流れ)では0.3秒差も付けられ、前走のCBC賞では2.0kg有利だった斤量差が無くなる…と、不利な条件が並んでいます。
 持ち時計の早さ≒全体的なスピードに良さはあっても、キレに良さを見せていない現状で人気なら、連を外した買い方で妙味を追っても。
適性チェック:
 ツナギは短い、やや太い、角度普通。標準飛節? 重めの芝の短距離向き、血統は短~マイル向きで、芝1200m◎?(芝質不問? 1400m▲?) 荒れ馬場○-?道悪▲? ダッシュ○-? 先行力E-底力(=ハイペース耐性)E? キレ:F-?(甘め) 極めて時計の早い馬場◎?



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 芝1200m限定
 中京(412.5m)>新潟内(359m)>阪神内(356.5m)
>京都内(328m)>中山(310m)>小倉(293.0m)
>福島(292.0m)>札幌(266.1m)>函館(262m)


■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)






第59回 京成杯オータムハンデキャップ(G3)


昨年も!一昨年も! (秘)穴馬が大波乱を演出!




[2012年]スマイルジャックを独占公開!

1着◎レオアクティブ
2着(穴)スマイルジャック(6番人気)
3着△スピリタス

馬連:4960円 的中!
3連複:9890円 的中!
3連単:5万9410円 的中!


[2013年]ゴットフリートを独占公開!

1着◎ エクセラントカーヴ
2着△ ダノンシャーク
3着(穴)ゴットフリート(7番人気)

馬連:1500円 的中!
3連複:6860円 的中!
3連単:2万8410円 的中!


今年の京成杯AHで波乱の立役者となる(秘)穴馬は……

今すぐコチラで確認してください


●先週の新潟記念も(秘)穴馬が激走

条件戦を勝ったばかりの5番人気クランモンタナを公開!
⇒1番人気との組み合わせでも馬連2240円!

京成杯AHの(秘)穴馬もお見逃しなく!
ワールド:京成杯AH



にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ブログランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力F底力(=ハイペース耐性)E? キレ:G+持続力D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△