アメリカJCC 2015 予想



 コース形状が淀みない流れを生みやすく、さらに、開催末期の馬場がパワーを要求しやすいレース。淀みない流れに耐える底力(=ハイペース耐性)or持続力と、パワーを兼備している馬を探します。

 ◎ ゴールドシップ
 ○ フェイムゲーム
 ▲ 人気ブログランキングへ
 △ マイネルフロスト

買い目はなるべくシンプルに。
馬連・3連複:◎-○▲△


予想記事 目次
1. 予想のポイント、印・買い目
2. 前日の馬場傾向と当日の馬場の想定
3. 各馬の短評
3+. 評価を控えめにしたい人気馬

(関連 : 軽い芝や重い芝って何?

中山競馬場 : 開催8/8週目(2014年12月開催含む)、Cコース使用4/4週目。水木雨、金大雨

 内外フラットで、時計レベルは土曜:標準~わずかに早い程度で、意外と雨の影響が小さくなっています。 好走している血統は(土曜12Rまで、計4レース)、SS系パワー・スタミナタイプ×7、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×4、Northern Dancer系(軽め)×1で、推測される芝質は「標準的な芝(前週比:少し軽くなる)」

馬場観察 : 5R 3歳未勝利(内/12:20)、10R 若潮賞(外/15:01)



能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説) 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)

◎ 4-8 ゴールドシップ(58.0kg)


 持続力・底力に特化したパワータイプの中長距離馬?
 適性から言えば馬場やコース形状ともほぼベストと言える条件で、不安らしい不安はありません。
 不安は多頭数での仕掛け遅れで、キレ不足を補う早仕掛けの展開に持ち込みたいところ。

 ツナギはやや長い、やや太い、寝る。直飛節。 重めの芝の中長距離向き、血統は短・マイル向き+ズブさ+跳びの大きさから、重めの芝の中長距離◎?(標準的な芝▲+? 軽い芝×? 長距離▲+? 中距離△?) 荒れ馬場・道悪○?(血統補正含む) 先行力:G-B-? キレ:F?(ズブい) B? 超大跳び。坂◎?平坦△?(パワー≫頭高い) 少頭数○?多頭数▲?


○ 5-10 フェイムゲーム(57.0kg/やや小柄)


 持続力に優れる中距離馬?
 ここでの不安はパワー不足...だったのですが、中間の雨の影響が意外にも小さそうで、この馬でもこなせるレベルに落ち着いているのでは?
 単純な実力では相手筆頭の評価が可能で、中長距離~超長距離重賞を優勝した持続力はロングスパート勝負になりやすい中山芝2200mにピッタリ合うはず。逆転の可能性まである相手候補筆頭として、人気でもしっかりと狙いたいです。

 ツナギは長さ普通(前脚やや短い)、太さ普通、やや寝る。直飛節? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝の中距離~中長距離◎??(長距離▲+? マイル△?) 荒れ馬場・道悪▲? ゲート△+? 先行力:G? 底力:-(不明。E-程度??) キレ:F↑D? 斤量少注(やや小柄) 半兄バランスオブゲーム


人気ブログランキングへ


 底力・キレに優れる千八巧者?
 さすがに全盛期のキレはありませんが、昨年の函館記念をトップハンデの58.0kgで好走した通りタフな条件での底力(=ハイペース耐性)は健在&メンバー上位。やや力の要る芝+最内枠はキレ不足を補えるという点でプラスで、若い馬の成長が不足すればゴールドシップに次ぐ走りができても。この馬や中山競馬場の仕掛け所をよく知っている鞍上はとても心強い味方。

 ツナギは長さ普通、太さ普通、立ち。標準飛節。 標準的な芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向きで、標準的な芝の1800m◎?(軽い芝▲+? ハイペースの2000m○? 2000m・2200m▲?) 荒れ馬場▲?道悪○? C-↓D↓? 持続力:E↓


△ 1-2 マイネルフロスト


 持続力・底力に良さのある中距離馬?
 中山金杯では額面が早い流れの先行集団を追走+3・4角で外を回りながら踏ん張り、菊花賞では中盤の早い流れを番手から粘っていて、中山金杯当時より時計レベルが落ちた馬場+芝2200mなら、持ち味の持続力で前進を見込めるはず。ただ、これまでに示した実力では人気上位馬に劣るので、成長を見込んでの評価。

 ツナギは長さ普通(脚はやや長い、胴はやや短い)、やや太い、やや立ち(蹄は立ち)。直飛節? 重めの芝の1800m前後向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、重い芝の1800m前後◎?(標準的な芝○?) 荒れ馬場○?道悪▲+? 先行力:G+↑F-↑?? キレ:G+↑F↑? 広いコース○?小回り△?(大跳び)


5-9 エアソミュール(57.0kg/キレ優位)


 キレ・底力に優れる千八巧者・中距離馬?
 ここでの不安はパワーと持続力不足。
 道悪・稍重以下での成績が0-0-1-4(唯一の3着も直線平坦の京都)であるように、ジャングルポケット産駒としてやや非力なタイプ(母父の影響が強い?)で、急坂+最終週の荒れ馬場ではパワー不足からパフォーマンスを落としてしまう心配があります。
 また、持続力を問われる展開やコース形状ではパフォーマンスを落としやすく、緩急が付きにくく持続力を問われやすい中山芝2200mもあまり合わない可能性があります。
 人気なら3着内を外すシーンまで検討して妙味を追いたいです。

 ツナギはやや長い、細い、角度普通。標準飛節。 軽い芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向きで、軽い芝の1800m◎?(標準的な芝○? 2000m○? マイル△?) 荒れ馬場・道悪△? 先行力:F-D-D? 持続力:E-? 斤量少注(キレ優位) 急坂▲+?(頭高い+大跳び) 叔父エアシャカールほか


6-12 クリールカイザー


 持続力に良さがある中長距離馬?
 ここでの不安は底力(=ハイペース耐性)不足。
 G2で連続して好走していますが、馬群全体が厳しい流れになったレースはひとつもなく、人気上位馬に対して底力で劣ります。距離や馬場はベストに近いと思われますが、そこそこ人気なら既に重賞を勝っている馬を上に評価した方が良いのでは。

 ツナギは長さ普通(脚は長い)、太さ普通、やや立ち。標準飛節。 標準的な芝の長距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝の2200m~2400m◎?(重い芝○? 軽い芝▲+? 2500m○??) 荒れ馬場・道悪○-? 先行力:F-E-? キレ:F-E? 大跳び


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


━━━━━━━━━━━━━━━━━

"競馬の神様"故・大川慶次郎が創設
創業34年ホースメン会議が無料配信

━━━━━━━━━━━━━━━━━

7割当たって万券も獲れると大好評!!

≪1日1鞍の渾身予想・2/8迄無料≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■12月は無料で4万馬券
12/21 中山10R 4万5620円的中!

■有馬記念もシッカリと仕留めた
12/28 有馬記念 1万5250円的中!

■正月も開幕イキナリ無料で万券
1/4  中山12R 1万1910円的中!


簡単【無料】入手方法はコチラ



いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。



競馬予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >