京都金杯 2015 予想

ホースメン:金杯



予想のポイント、印・買い目

 C→Aコース替わり+淀の坂で、内有利の傾向が強調されるレース。過去6年間の連対馬すべてが『内枠の馬(=真ん中より内の馬)』に該当するので、枠順の有利・不利を強く意識して予想したいです。また、中盤がほぼ確実に緩むマイル戦は珍しいので、リピーターに注意。

 ◎ 人気ブログランキングへ
 ○ マイネルメリエンダ
 ▲ ウインフルブルーム
 △ エキストラエンド

買い目はなるべくシンプルに。
ワイド・馬連:◎-○▲△




予想記事 目次
1. 予想のポイント、印・買い目
2. 前日の馬場傾向と当日の馬場の想定
3. 各馬の短評
3+. 評価を控えめにしたい人気馬

「傾向と対策」
・ 過去の結果から考える狙い方
京都金杯 2015 傾向と対策(データ)



前日の馬場傾向と当日の馬場の想定
(関連 : 芝質と血統・種牡馬

~前開催 最終週~

京都競馬場 : 開催8/8週目、Cコース使用2/2週目。火大雨、水小雨、土朝雨

 伸びどころは内外フラット(~少し内有利)。時計レベルは雨の影響で大きく低下し、土曜:極めて掛かる、日曜:かなり掛かる→掛かる。 好走している血統はSS系パワー・スタミナタイプ×21、Northern Dancer系(軽め)×8、Mr. Prospector系×5、Nasrullah系×2で、推測される芝質は「標準的な芝(前週比:変わらず)」

 最終週・8週目の京都芝をまとめると、「内外フラット(~少し内有利)の標準的な芝。時計レベルは土曜:極めて掛かる、日曜:かなり掛かる→掛かる」


馬場観察 : 5R 3歳未勝利(内/12:25)、6R 3歳新馬(内/12:55)、9R 福寿草特別(内/14:35)




各馬の短評・適性チェック
能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)



人気ブログランキングへ

短評:
 持続力に優れる千八巧者?
 馬場の影響もありそうですが、上がりの負荷が高い条件で着順を落とし、上がりの負荷が低い条件でパフォーマンス上げていて、京都芝の外回りのコース形状はベストの条件である可能性があります。
 他馬より重いハンデは確かにマイナスですが、マイルチャンピオンシップのように前付けできれば影響を小さくすることが可能で、複勝軸としての信頼性は高いのでは。
適性チェック:
 ツナギは長い、やや太い、角度普通(蹄は寝る)。標準飛節。重めの芝の長距離向き、血統は中距離向きで、標準的な芝の1800m◎??(軽い芝○↑? 重い芝▲↓? マイル○?? 2000m▲??) 荒れ馬場○-?道悪△? 先行力E↑? 底力:E-キレE持続力D-? 機動力・小回り△? 半姉マルセリーナ




○ 1-2 マイネルメリエンダ(54.0kg)

短評:
 底力を中心とした能力バランスに良さがあるマイラー・千八巧者?
 京都外回り重賞で丹内 祐次騎手というと、いつぞやの日経新春杯を思い出してしまいますが…、馬本位で話を進めます。
 ややキレで劣るところはあるも、そこそこ早い流れを先行して+長くいい脚を使える馬で、淀の坂・下りからロングスパートができる京都外回りは能力を発揮しやすそうな条件(コースの起伏が似た新潟外回りで好走している点が心強いです)。キレ不足は他馬より軽いハンデでフォロー可能で、成長と内枠などのプラスが大きければ人気薄で好走~善戦しても。
適性チェック:
 ツナギはやや短い、太さ普通、寝る(蹄も同様)。直飛節気味? 標準的な芝のマイル前後向き、血統は中距離向き(??)で、標準的な芝のマイル◎?(重い芝○? 軽い芝▲?? 1800m○?? 1400m▲??) 荒れ馬場○?道悪▲-?(各馬場適性に血統補正含む) 先行力F底力(=ハイペース耐性)F↑? キレ:G+持続力F-↑?(大跳び) 斤量少注(やや小柄)




▲ 2-4 ウインフルブルーム(55.0kg)

短評:
 先行力・底力に良さのある千八巧者?
 前走はハイペース+上がり3Fのキレを要求されるコース形状に苦しみましたが。上がり4Fのロングスパートに持ち込みやすいコース形状で単騎逃げが叶えば、粘りは一気に増すはず。
 ただ、昨年のマイルチャンピオンシップでハイペースを作ったホウライアキコが53.0kgを利して逃げる可能性があり、番手以下からの競馬になればキレ不足が前面に出てしまう危険があります。
 そのリスクを考えると期待値は低くなりそうで、人気なら少し慎重に狙いたいです。
適性チェック:(評価厳しめ?)
 ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、やや太い、角度普通。標準飛節? 重めの芝のマイル~中距離向き、血統は中距離向き(?)で、重めの芝の1800m前後◎?(標準的な芝○? 軽い芝▲? マイル▲+?) 荒れ馬場○-?道悪▲? ゲート▲+↑? 先行力F底力(=ハイペース耐性)F? キレ:G+




△ 1-1 エキストラエンド(57.0kg)

短評:
 持続力に優れる千八巧者・マイラー?
 ここでの不安は他馬より重いハンデとその影響を強くしてしまいそうな人馬の組み合わせ。
 他馬より重いハンデは差し馬の急加速力を削ぐマイナス要素。さらに、馬自身が先行力を見せていない+控える競馬が身上の福永祐一騎手では、控えすぎて重いハンデの影響を強くしてしまいそうです。
 重いハンデ+機動力不足の組み合わせは、他馬を捌くのに手間取る可能性に通常より高くしてしまい、人気なら連覇できないシーンから考え始めて妙味を追っても。
適性チェック:
 ツナギは長さ普通、太さ普通、角度普通。標準飛節。 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統は長距離向きで、標準的な芝の1800m◎?(軽い芝○-? 重い芝△+? マイル○-? 2400m△+?) 荒れ馬場・道悪△+?(血統補正を推測) 底力(=ハイペース耐性)E-キレE-持続力D-? 半兄ローエングリン




評価を控えめにしたい人気馬

3-5 シェルビー(56.0kg)

短評:(3走前+前走の回顧)
 『父×母父SS系のイメージ通り、短距離寄りのスピードと中距離寄りのキレが合わさった条件 ≒ キレが生きる条件の芝1400mがベストだと思われます。マイル目線ではキレが鋭すぎるので、持続力の兼備を問われる条件のマイルでは詰めの甘さに注意。』(朱雀ステークス)
 前後・内外やや有利、展開と能力適性一致。 前走の富士ステークスは緩いペースで持続力を問われたのが敗因だったと思われ、引き締まったペースの今回は能力を発揮して巻き返しました。次走は京都金杯が候補に挙がっていますが、内枠と平均以上の早いペースが重ならないと持続力不足を見せる可能性が高そうです。
適性チェック:
(ツナギチェックなし) 血統は短~マイル向きで、標準的な芝の1400m◎?(マイル○-?) 荒れ馬場・道悪?? 先行力:G+底力(=ハイペース耐性)E-↑キレE-? 持続力:G?? 13'南総S(直線詰まる不利)




4-7 フルーキー(56.0kg)

短評:
 底力・キレに優れるマイラー・千八巧者?
 ここでの不安は持続力不足。
 父系の全体的なスピードと、母父のキレに良さがある馬ですが、長くいい脚・持続力の良さは示していません。京都芝1600m・外は内で脚を溜めない限り、キレ(=トップスピードと急加速力。この場合は前者)を支えるための持続力が要求されやすく、現状の能力では詰めの甘さを見せる可能性があります。
 また、持ち味のキレも京都外回りの重賞では父SS系に劣りやすそうで、上手く内を確保しないと連を外すシーンまでありそう。
適性チェック:
 ツナギはやや短い(脚の長さ普通)、太さ普通、角度普通。標準飛節。 標準的な芝のマイル前後向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝のマイル~1800m◎? 荒れ馬場・道悪▲? 先行力:G+底力(=ハイペース耐性)E-↑↑キレE-?(甘め) 持続力:-(不明)




芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)





━━━━━━━━━━━━━━━━━

“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設
創業33年ホースメン会議が無料配信

━━━━━━━━━━━━━━━━━

関係者も勝負する驚愕の穴馬で50倍も

≪中山金杯(G3) 鉄板3点勝負≫

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■無料でも万券を獲れる
12/21 中山10R 4万5620円的中!

■実力を知って頂く為の無料配信
12/20 中山 8R 1万0340円的中!

中山金杯の3点を無料で見る!!

ホースメン:金杯



にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△