軽い芝や重い芝ってどの競馬場?(芝質と血統・種牡馬その3)


 全3記事の「芝質と血統・種牡馬」シリーズは、適性予想に有効な「芝質」について2014年終了現在の見解をまとめたものです。
 芝質について理解が深まれば、現在の芝が軽い芝なのかどうか、その馬が現在の芝質に合いやすい血統なのかどうか...などが判断しやすくなり、予想の助けとなるでしょう(カッコつけ)。


[16/12/31] 中山競馬場のデータを2016年終了現在のものに修正

[16/12/30] 中京競馬場、阪神競馬場のデータを2016年終了現在のものに修正
「各競馬場ごとの芝質」から探した回数が圧倒的に多かったため、「芝質から競馬場を探す」を削除しました。


各競馬場ごとの芝質
1. 東京  2. 中山  3. 京都  4. 阪神
5. 中京  6. 札幌  7. 函館  8. 福島  9. 新潟  10. 小倉


同じシリーズの他の記事



東京競馬場 ▼■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
芝質の割合(2016年・前年比)と該当した週・シーンなど
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 標準的な芝(約66.0%・9.0%↓。良馬場、通常時など)
 軽い~軽めの芝(約18.1%・6.1%↑。5~6月開催の好天時など)
 重めの芝(約16%・3.0%↑。開幕週以外の雨の残る馬場など)

 全10場でもっとも芝質の偏りが小さく、多くの週が標準的な芝で開催されます。馬場適性で上げ下げが必要なのは、5~6月開催の好天時や開幕週以外の雨の残る馬場くらいで、馬場適性を予想に活用しづらい競馬場と言えます。
 また、近年の馬場整備(エアレーション、シャタリングなど)の影響か開幕週から差せる柔らかい馬場(=末脚の要求度が高い馬場)が最近のトレンドで、徐々に踏み固められて芝質が少し軽くなり、馬場が傷み始めると再度芝質が重くなる...というように、変化の仕方が以前とは変わっています。

関連記事:結果から考える狙い方 #東京競馬場



中山競馬場 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
芝質の割合(2016年・前年比)と該当した週・シーンなど
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 標準的な芝(約59.0%・4.0%↑。通常時)
 重め~重い芝(約35.9%・3.4%↑。3月開催の序盤、開催終盤など)
 軽めの芝(約5.1%・7.4%↓。秋の序盤など?)

 2014年に行われた路盤改修で排水性が劇的に改善。その影響か芝質が少し軽くなり、東京競馬場との芝質の差が小さくなった印象があります。
 また、近年の馬場整備(エアレーション、シャタリングなど)の影響か開幕週から差せる柔らかい馬場(=末脚の要求度が高い馬場)が最近のトレンドで、徐々に踏み固められて芝質が少し軽くなり、馬場が傷み始めると再度芝質が重くなる...というように、長期開催でも芝質の変化が穏やかに&変化の仕方以前とは異なっています。以前のような「重い芝・タフな展開での消耗戦」が起こり難くいので、十分に注意したいです。

関連記事:結果から考える狙い方 #中山競馬場



京都競馬場 ▼■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
芝質の割合(2016年・前年比)と該当した週・シーンなど
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 標準的な芝(約68.9%・14.6%↑。通常時)
 軽い~軽めの芝(約26.7%・10.3%↓。春・秋の開催前半など)
 重めの芝(約4.4%・4.3%↓。冬の荒天時など)

 中央4場の中で軽い~軽めの芝の割合がもっとも高い競馬場。特に、天皇賞(春)では馬場適性による上げ下げが重要になります。重い芝巧者は苦戦しやすく、冬の荒天時(強風、雨、雪など)でない限り厳しく評価する必要があります。
 ただ、開幕週から差せる柔らかい馬場(=末脚の要求度の高い馬場)が最近のトレンドで、長期開催でも芝質の差が開催を通じて小さくなっている印象があります。

関連記事:結果から考える狙い方 #京都競馬場



阪神競馬場 ■▲

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
芝質の割合(2016年・前年比)と該当した週・シーンなど
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 標準的な芝(約56.5%・1.5%↑。通常時)
 重め~重い芝(約41.3%・1.2%↓。開催終盤、内回り、道悪時など)
 軽めの芝(約2.2%・0.3%↓。秋の開幕週の外回りなど)

 中央4場の中で重め~重い芝の割合がもっとも高い競馬場。特に、内回りは開催時期などが影響してか芝が傷みやすく重い芝質になりやすいようで、重い芝巧者の好走・巻き返しが多く見られます。
 阪神外回りの新設、中山競馬場の路盤改修などで、"急坂コース"という括りでも両者の芝質の差などが広がっている点に注意したいです。

関連記事:結果から考える狙い方 #阪神競馬場



中京競馬場 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
芝質の割合(2016年・前年比)と該当した週・シーンなど
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 標準的な芝(約75.0%・22.9%↑。通常時)
 重めの芝(約13.5%・24.0%↓。降雨+外伸び時など??)
 軽めの芝(約11.5%・1.1%↑。内外フラットの時など??)

 長い直線+ローカル競馬場では唯一の急坂を持ち、芝質の偏りが小さい競馬場。
 2016年は馬場が一変し、高速化&耐久性向上。標準的な芝が長く続くようになり、重めの芝の割合が大きく低下しています。重賞でもこれを象徴するような高速決着が続いていて、リニューアル後2・3年との傾向のズレや今後の変化に注意したいです。

関連記事:結果から考える狙い方 #中京競馬場



札幌競馬場 ▽□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
芝質の割合(2016年・前年比)と該当した週・シーンなど
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 重め~重い芝(約66.7%・±0.0%。通常時~道悪時など)
 標準的な芝(約33.3%・±0.0%。開幕週など開催序盤)

 全10場でもっとも平坦+洋芝のみという組み合わせから、重めの芝で開催されやすい競馬場。馬場が良好なうちは、馬場適性の差があまり出ない印象があります。
 2016年は多くの週が雨の影響を受けて芝質が重くなりましたが、馬場の排水性が良好なため道悪は長続きしていません。また、最終週まで「少し内有利の馬場傾向」が残っていて(以前より開催日が減った影響?)、道中はロスなく乗って4角辺りから勢いに乗せる騎乗の期待値が高くなっているようです。

関連記事:結果から考える狙い方 #札幌競馬場



函館競馬場 ▽□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
芝質の割合(2016年・前年比)と該当した週・シーンなど
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 重めの芝(約54.2%・37.5%↑。週末の大雨時)
 標準的な芝(約45.8%・45.8%↑。通常時)

 全10場でもっとも重い芝質の競馬場...ですが、近年は芝の耐久性向上・高速化が目立っていて、芝質が軽く&時計レベルも早くなっています。重賞でもこれを象徴するような結果が続いていて、以前のような「重い芝・タフな展開での消耗戦」が起こり難くなっていることに十分な注意が必要です。

『芝の耐久性向上・高速化の例』
16'函館スプリントS : 軽斤量の3歳馬がレコード決着でワンツー
16'函館記念 : 6年連続で6枠より外の馬が連対できず&以前は不利だった逃げ馬が2勝目
16'函館2歳S : 以前は1分10秒台の決着も、1分9秒台の決着が2例目
2016年最終週 : 内有利の傾向が残る。雨の影響を受けた週が大半だったにも関わらず

関連記事:結果から考える狙い方 #函館競馬場



福島競馬場 ▽□■▲

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
芝質の割合(2016年・前年比)と該当した週・シーンなど
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 重め~重い芝(約57.5%・-6.1%↓。道悪時、11月開催など)
 標準的な芝(約42.5%・+6.1%↑。良馬場時など)

 高低差が比較的小さい割に重い芝質の競馬場(小刻みな起伏や3~4角のスパイラルカーブなどの影響?)。ディープインパクト産駒の期待値が低く、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)の期待値が高い印象があります。
 馬場の耐久性が高くなっていて、大外からの差し・追い込み馬が効き難くなっている印象。特に、七夕賞や福島記念ではいずれも開催2週目に移動したこともあってこの傾向が強く、内で脚を溜めるか、好位に付けられる先行力の兼備が求められるようになっています。

関連記事:結果から考える狙い方 #福島競馬場



新潟競馬場 ▼■□△

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
芝質の割合(2016年・千直除く、前年比)と該当した週・シーンなど
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 軽い~軽めの芝(約76.9%・31.1%↑。外回りの通常時)
 標準的な芝(約23.1%・31.1%↓、内回りは約100.0%。春・秋開催、外回りの開催後半など)

 全10場の中で軽い~軽めの芝の割合がもっとも高い競馬場。重い芝巧者は非常に苦戦しやすく、厳しい評価から考える必要があります。
 2016年は軽い~軽めの芝の割合が増えていて、エアレーションとシャタリングの影響が感じられます。

関連記事:結果から考える狙い方 #新潟競馬場



小倉競馬場 ▽□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
芝質の割合(2016年・前年比)と該当した週・シーンなど
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 標準的な芝(約50.0%・35.0%↓。通常時)
 重め~重い芝(約50.0%・35.0%↑。開催後半、道悪時、猛暑時(?)など)

 長い下り坂の影響でキレ(=トップスピードと急加速力。特に後者)の要求度が低く、直線平坦でも芝質が少し重い競馬場。とはいえ、起伏の負荷が小さいので重い芝巧者はスピードやキレで劣るシーンに注意が必要です。
 2016年の夏は極端な猛暑(+九州に上陸した台風が少ない)の影響か、開催を通じて例年より芝質が重く、パワー・スタミナタイプの差し・追い込み馬の好走が目立ちました。

『2016年夏の重い芝の例』
16'小倉記念 : 走破時計が2'00"0と遅い決着で、7歳馬が優勝。近年の良馬場平均は1'57"6。
16'北九州記念 : 走破時計が1'08"5と遅い決着で、7歳馬が優勝。近年の良馬場平均は1'07"1。

関連記事:結果から考える狙い方 #小倉競馬場



同じシリーズの他の記事

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力F底力(=ハイペース耐性)E? キレ:G+持続力D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△