オーシャンステークス 2015 傾向と対策(データ)



結果から考える狙い方「中山芝1200m・G3~OP」
[評価基準の有効度:FE?]=見送り~期待値高い馬を狙うこと
"人気上位馬に共通する要素"の逆の要素を持つ馬を探すなど、妙味を増やすためのバイアスを考えること

 ▲:先行力・底力に優れる逃げ・先行馬
   → EF?(他馬との枠順を含めた比較が必要) D-E-
   (他場でキレ負けする馬の巻き返しに注意)
 ▲:底力上位の差し馬
   → orD-E-
 注:パワータイプ > 非力なタイプ
   (妙味要素。時計の時計の掛かる馬場では特注)
 注:斤量差の影響=±普通?
   (ダッシュ・先行力を中心に、総合力を増減)
 注:内枠やや有利・外枠やや不利
   (コース形状から。馬場傾向による強弱の見極めが重要)

 △:底力不足の馬
   → 底力:EF
 △:テンが上り坂のコースに好走歴が偏っている馬
   (≒額面のテンが早い芝1200mの好走歴が少ない馬)


 コース形状(テン3Fをほぼずっと下る、大回り、やや短く&急坂が待つ直線)が前傾ラップを生みやすく、クラスに見合う底力(=ハイペース耐性)を問われやすい条件です。
 ただ、テンの早さがG3~OPと条件戦で大きな差がないため、先行力は当該クラスより少し低くても良さそうです。

馬場傾向などの補足:
オーシャンステークス=真ん中より内枠有利
(2009~2014年の3着内馬・枠順別成績 1~4枠:6-3-2 5~8枠:0-3-4)
春雷ステークス=評価基準の有効度低下
(高松宮記念から日が浅く、レースレベルのバラつきが大きいため?)
ラピスラズリステークス=少し内有利~内外フラット?
(強い馬場傾向がない?)


▼▼▼≪無料で儲けたい方は必見!!≫▼▼▼

  http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

~3連単より効率良く、簡単に儲かる
     【穴の単複1点】を大公開!!~

★☆★≪ 想定回収率1000%!!≫★☆
血統理論×ペース分析より必然の穴馬を導く
    ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
  http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)



いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。



競馬予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >