グリーンチャンネルカップ2015結果回顧(速報) グレイスフルリープが低評価を覆して完勝


ラップタイムの評価

グリーンチャンネルカップ(35.0-11.9-36.1 =1'23"0少早↑??) テンわずかに緩く(額面は僅かに早い)、中盤少し早く、上がりがわずかに掛かる。平均より中盤が早いラップ=前傾ラップ+コース形状から、前目・内目に付けた総合力上位馬が有利。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


グレイスフルリープ

挙動:
 ゲートわずかに早い、押して番手~先行。3・4角先行、内から2・3頭分? 直線、内目から終いまでしぶとく伸びて押し切る。
短評:
 展開と能力適性がほぼ一致? 父×母父の血統通り、東京ダート向きのキレを新たに見せて快勝。マイルのOP特別以上で好走するには、さらに高いレベルの底力(=ハイペース耐性)が必要になりそうで、今後の成長に期待。
適性チェック:
 ツナギはやや短い(脚の長さ普通?)、太い、角度普通。標準飛節? 力の要るダートのマイル前後向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、ダートの1400m~マイル◎?(砂質不問? 1800m▲?) 先行力F↑?(芝スタート時:E-?) 底力(=ハイペース耐性)E-? キレ:F-持続力F


□■□■□■□■□■□■□■□■□

    第20回 秋華賞(GI)

  50倍超も狙える!3点勝負
    内部関係者情報で獲る
   3点勝負を特別無料公開

   > ココをクリック! <
 チェックメイト:秋華賞200-200.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞馬とオークス馬が揃って出走していたローズSを、500万条件を勝ったばかりのタッチングスピーチが制覇。前哨戦とは言え、春の実績馬達を下した勝利には大いに価値があり、3着トーセンビクトリーも上がり馬。本番のココでも付け入る隙があることを証明したと言っていいだろう。

ただし、春の実績馬が不利ということでもない。「前哨戦はあくまで前哨戦。8分くらいのデキだったからね。内容とすれば悪くなかった。これで本番に自信を持って臨める」と話す某関係者の姿が。ルージュバック、クルミナルなど戦線を離脱した馬はいるものの、キャットコイン、ココロノアイなども参戦し、本番はさらに層が厚くなる。

そして、ローズSは阪神、紫苑Sは中山と直線に坂のあるコース、本番は平坦京都の内回りと、条件がガラリと替わるだけに前走とでは求められる適性が違う。前哨戦の前走がメイチ、本番はデキ落ちという馬も存在するのだ。

各陣営の本音、馬の適性、馬場状態など、あらゆる面を把握できなければ、GIで的中馬券を狙うことなど不可能に等しい。前哨戦ローズSも◎=◯で2万5340円的中の当社は、本番である秋華賞の情報も完全網羅。もちろん、ジャッジも完璧にできる態勢が整っている。今週末は、当社の情報を初めて入手される方限定で3点勝負を無料公開。ぜひ、本物の情報競馬を体験していただきたい。


中山メインで馬連万馬券的中!

10月3日
中山11R
秋風S

 本命馬シベリアンスパーブ(8番人気)
激走穴馬セイクレットレーヴ(10番人気)

馬連1万6970円的中

シベリアンスパーブの情報

前走は叩き台だったが、それでも崩れず差のない競馬をしているシベリアンスパーブは関係者がエラく盛り上がっているとの話。「一度使って得意の中山が目標だったけど、いつも地味な稽古のこの馬がアルタイルに先着したんだから、最近の中じゃ一番と言ってもいいくらいのデキ。叩いてどんどん良くなるタイプじゃなくて、休み明け2、3戦目くらいがベスト。とにかく今回は力が入っているよ」とのことで、情報ルートの1人は「人気がないなら買ってみたらいいよ」とおススメされたそうだ。コレは話に乗ってみる手だろう。

ローズS的中時の情報


ローズS(G2)
◎ミッキークイーン
○タッチングスピーチ(7番人気1着)激走穴馬
△トーセンビクトリー

馬連1点目1760円的中
3連複3670円的中
3連単2万5340円的中

上位馬に関する当時の文章です

◎ミッキークイーン

当社看板情報ルートで元JRA騎手・調教師の中野渡清一氏が、「この馬で間違いない!」と強力プッシュし、万馬券的中となったオークスの強力情報馬だったのがミッキークイーン。この馬がオークスを制するまで牝馬のGIとは縁がなかった池江厩舎だが、実は牡馬を育てることに力を入れるという厩舎の方針があり、牝馬には力を入れてこなかったから。しかし、この馬は早い段階で「GI級」という評価を与えており、クラシックを意識した使い方と育て方をしてきた。ひと夏を越して不安定だったカイバ食いが安定し、加減せず稽古ができるようになり、中間も思い通りに順調な調整ができている。1週前に浜中が乗ったことで気持ちも乗ってきており、「いい意味で変わりないですね」と余裕の表情だったとのこと。ココがメイチではないものの、厩舎も「普通に走れば結果は出るでしょう」と自信タップリで臨んでいるということであれば、実績を信頼したい。

○タッチングスピーチ 激走穴馬

母は07年に英GIを制したリッスン。当馬の全弟にあたる「リッスンの2013」が、14年のセレクトセール1歳部門で2億6000万円の最高額で落札されているように、国内外でGIを制した馬が100頭近くいるノーザンファームの繁殖牝馬の中でも、特に大きな期待を集めている1頭。当馬もデビュー前から「先々まで計算している馬」と、関係者の間では大きく期待されていた。

休み明けの前走は小回りの札幌で、道中ほぼ最後方から豪快に差し切り勝ち。陣営は「春とは反応が違った。あの勝ち方だし、このメンバーを相手にどれだけやれるか楽しみ」と、休養を経て確かな成長を感じ取っているようだ。栗東坂路の最終追い切りでは51.4-12.4秒の好時計をマーク。騎乗したルメールも「バランスが良くて、すごく乗りやすい大好きなタイプ」と、その乗り味を絶賛している。大外枠から上手く立ち回る事が出来れば、上位に食い込むシーンもありそうだ。

△トーセンビクトリー

母は01年エリザベス女王杯を制したトゥザヴィクトリー。全兄にはGI戦線で活躍を続けるトゥザグローリー、トゥザワールドらがいる超良血馬。昨秋に右後肢骨折を発症し、春のクラシックには間に合わなかったが、夏競馬で古馬を相手に連勝を飾り、心身ともに本格化の兆しを見せてココに臨む。

ユタカも「この馬で桜花賞、オークスに行こうと思ってた」と早くから期待していた馬。初の重賞挑戦となるが「お母さんをコンパクトにした感じ。秋華賞でもチャンスがある馬だと思うし、本番へ向けていいレースをしたい」と、楽しみのほうが大きいようだ。春の実績馬たちとの力関係がカギとなるが、未勝利時代には、この舞台で後のGI馬・クラリティスカイの2着という実績もある。充実してきた今なら、重賞でも互角以上の戦いを期待できそうだ。

1日1~3鞍の厳選提供で確かな実績!
JRAの大物OBや現役関係者、馬主関係者が在籍するシンクタンクでは、毎週万馬券的中をお届けしています!

10月3日(土)
中山11R 秋風S
1万6970円的中

9月27日(日)
阪神11R 神戸新聞杯
2万8170円的中

9月20日(日)
阪神11R ローズS
2万5340円的中

9月12日(土)
阪神7R 3歳上500万下
3万6080円的中

9月5日(土)
新潟12R 3歳上500万下
4万2160円的中

8月29日(土)
札幌8R 3歳上500万下
1万2880円的中


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    第20回 秋華賞(GI)

  50倍超も狙える!3点勝負
    内部関係者情報で獲る
   3点勝負を特別無料公開

   > ココをクリック! <
 チェックメイト:秋華賞200-200.gif


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△