マイルチャンピオンシップ2015 モーリス:出走予定登録馬 折り合い難やキレ不足の心配残る


モーリス


 底力・持続力に偏ったマイラー・千八巧者?
 ここでの不安は折り合いの難しさ、キレ不足。
 条件戦からG1まで4連勝、淀みない流れのマイルでは現役最上位クラスです。しかし、緩急のある流れでの詰めの甘さ、折り合いの難しさが改善しているかが未知数で、血統的にも高いキレ(=トップスピードと急加速力。特に後者)をあまり望めません。
 この現状では、京都芝1600m・外のコース形状(=淀の坂で中弛みラップになりやすい、直線平坦で高いトップスピードを問われる)から、折り合い難とキレ不足が同時に出てしまう心配が消えず、高い実力を発揮しきれない恐れがあります。ファンとしては不安を吹き飛ばす走りに期待したいですが、馬券では慎重な評価から。

 ツナギは長さ普通~やや長い、やや太い?やや寝る。標準飛節。 重めの芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)+気性難(少し改善)で、標準的な芝のマイル~1800m◎?(重い芝○? 1800m◎?? マイル○??) 荒れ馬場○?道悪▲-? ゲート:▲-?(改善中) 先行力:F?※ C-?(厳しめ) キレ:FC-?(厳しめ。※先行力・持続力はどちらかに傾けての発揮可能) 大跳び


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ


━━━━━━━━━━━━━━━━━

     マイルCS(G1)

自信のペナルティ付き!もし、この
マイルCSを3点で獲れなければ、
  有馬記念まで全GIを無料配信

  →3点勝負買い目を無料公開
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋のマイル王決定戦となるこのレース。ひと昔前であればタイキシャトル・ダイワメジャーを筆頭に抜けた存在がいたが昨今は傑出馬不在。

今年は安田記念を制したモーリス・NHKマイルC2着でスワンS勝ち馬アルビアーノ・マイルCS連覇の掛かるダノンシャーク・昨年2着フィエロ・安田記念2着のヴァンセンヌとマイル路線組。それに加えて別路線組から桜花賞馬レッツゴードンキ・昨年の皐月賞馬イスラボニータが矛先を向けてきている。

レッツゴードンキであれば桜花賞後にNHKマイルCに使う可能性を示唆おり、イスラボニータにしても以前から距離短縮を視野に入れたコメントを出していた事からも路線変更に驚きはないが、この背景には牡馬・牝馬問わず中距離路線ではGIタイトル獲得は難解との判断があるのは言うまでもない。

何を隠そう当社が注目している不動◎を管理するテキも『距離はこなせるタイプだけど、やっぱりマイルがベスト。下り坂で加速できるかつ直線平坦の京都コースもピッタリ』と狙い済ましての参戦である事を強調。

さらに近走はもう一息の競馬続きで印スッコ抜けで出走が濃厚のアノ陣営からも『この条件をずっと待っていた。この馬の持ち味を生かす競馬ができれば好勝負』と大駆けを匂わすコメントが入ってきている。仮に2頭の決着となれば昨年の馬連3890円の高配当となる事必至。

なお、無料登録された会員様には、情報・天候・馬場状態など馬券に直結するありとあらゆるファクターを加味した上でレース当日14時に無料配信するのでお楽しみに!

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

     マイルCS(G1)

自信のペナルティ付き!もし、この
マイルCSを3点で獲れなければ、
  有馬記念まで全GIを無料配信

  →3点勝負買い目を無料公開
 


「傾向と対策」
マイルチャンピオンシップ2015 データ(傾向と対策)

関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例



いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。



マイルチャンピオンシップ 2017 予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >