東海ステークス2016 データ(傾向と対策)


結果から考える狙い方「東海ステークス」
[評価基準の有効度:DE?]=検証少ない。概ね連対馬まで有効、3着馬は今後の検証待ち
前提:底力は、時計の早い馬場やハイペースなら東京ダ1600mの好走歴で甘めに評価可
   持続力は、好走歴がダ2100m>ダ2000m~1900mなら甘めに評価可

 ○:底力・持続力上位の差し馬
   → DD-? キレ:EE-DD-
   (信頼性は「持続力優位>キレ優位」になりやすい。キレ優位の場合、勝率ダウン?
    「直線の短い小回り」で差し損ねる馬の巻き返しに注意)
 ▲:底力上位の逃げ・番手の馬
   → D-E↑DD-
   (先行~好位の馬(※)は、信頼性ダウン。
    ※ 先行力が最上位グループでない & キレ・持続力:E-?以下の馬)

 注:枠順の影響=内枠不利、真ん中~外枠フラット??
   (1~3枠。除:逃げ馬、パワータイプ(?)、相対的なキレ・末脚に優れる馬)
 注:斤量差の影響=やや小さい?
   (急加速力、急坂越えに影響。2度目の急坂越えには影響大きい)
 注:急坂巧者、リピーターの巻き返し
   (軽いダート、平坦コースの方が得意な馬はマイナス。
    負荷が高い上り坂=中京、阪神、中山、ハイペース時の東京ダ2100m)

 ×:底力不足の馬
   → 底力:EE-
   (≒重賞実績で劣る馬)


 コース形状(前半が急坂を含めた上り坂、向正面後半の長い下り坂、3・4角は小回り&下り坂、直線の急坂は下り坂が直結&直線の助走区間はわずか、東京に次いで2番目に長い直線)から、他場より高いパワーと底力(=ハイペース耐性)を要求しやすいレース。そのため、他場ではパワー過多になってしまうタイプに妙味が生まれるようです。
 また、逃げ・番手の馬を除けば(重要)先行力の重要度が他場のダ1800m戦より低く、他場では差して届かずの末脚上位馬に好走しています。(例:グランドシチー)


━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ■■東海S(G2)■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  東海Sを3点で獲れなければ、
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013年に1月の中京に移行され過去3年の好走馬からは、次走フェブラリーSを勝った13年グレープブランデー、15年コパノリッキーを輩出しており、本番を占う意味でも非常に重要なレースとなる。今年は昨年の勝ち馬コパノリッキーが不在で、チャンピオンズC組が中心になりそうだが、暮れの結果から新勢力の台頭が目立つだけに、メンバー的にも将来性を加味したジャッジが鍵になる。

出走を予定している馬の中で、アウォーディーが出走してくれば取捨が悩ましい。年末に一挫折あり調整中だが、能力の天井はまだ見せていないだけに、まとめてアッサリ勝つ可能性も秘めている。あとは各馬のローテーションも予想に大きく影響してくる。例年通りフェブラリーSへ向う馬が多いだろうが、そういった馬は先を見据えた仕上げで挑むだけに、タフな中京コースで最後に甘くなる可能性もある。そこで注意したいのが、距離適性・賞金面・ここを使って休養、条件勝ち上がりの昇級初戦など理由は様々だが、フェブラリーSを視野に入れていない馬達だ。すでに競馬セブンは「この馬の場合フェブラリーSで上位に入るより、東海Sの方がチャンスはある。東海SはG2だから賞金的にもこっちの方が稼げる」と、ここに狙いを定めている陣営がいるという情報も掴んでいる。この馬が激走するようであれば、7690円の的中をお届けした昨年よりも、高配当になる事は確実だ。

今回初めて無料で登録された方には、直前の情報・天候・馬場状態の全てを加味した最終ジャッジ『馬連3点勝負』を、レース当日にメ―ル配信。無料でこんな情報が!?と驚愕の『馬連3点勝負』をどうぞお楽しみに!

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   ■■東海S(G2)■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  東海Sを3点で獲れなければ、
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例



いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。



東海ステークス 2018 予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >