東海ステークス2016 予想 ロワジャルダンはスローペースでの詰めの甘さに注意



 コース形状などから、底力(=ハイペース耐性)上位馬が強いレース。底力上位馬(≒重賞実績上位馬)を素直に評価していきます。ただし、先行~好位の馬(=末脚不足を位置取りで補えない馬)は期待値が下がる点、独特なコース形状から同コースのリピート好走が多い点にそれぞれ注意。
金曜現在の予想から印を変更しました)

 ◎ 人気ブログランキングへ

 ○ モンドクラッセ
 ▲ ロワジャルダン
 △ ローマンレジェンド

買い目はなるべくシンプルに。
ワイド・馬連:◎-○▲△


予想記事 目次
1. 予想のポイント、印・買い目
2. 前日の馬場傾向と当日の馬場の想定
3. 各馬の短評
3+. 評価を控えめにしたい人気馬

「傾向と対策」
東海ステークス2016 データ(傾向と対策)


中京競馬場 : 開催2/3週目、Bコース使用2/3週目。月大雨、水雨、土夕雪?日曜西風(≒≒正面向風)強い? 凍結防止剤散布。

 土曜現在の中京ダートの時計レベルは標準~少し掛かる程度。明日にかけての天気は、概ね良好な天気も西風(≒≒正面向風)が強い予報。上がりの掛かる決着が多くなりそうで、早い上がり・キレが武器の馬が苦戦するシーンに注意。

馬場観察 : netkeiba.com レース一覧

関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?



能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説) 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)

人気ブログランキングへ


 底力・持続力に偏った中長距離馬?
 ここで狙いたい理由は、上がりの掛かる消耗戦での強さ。
 15'金蹄ステークス、15'ジュライステークス(今回と同じ中京ダ1800m)とも上がりの掛かる消耗戦での好走で、今回も消耗戦になれば能力の全開が叶う可能性があります。ジュライステークスより時計の掛かる馬場と、日曜に予報されている強い西風(≒≒正面向風)はいずれも消耗戦の可能性を高める=この馬の好走確率を高める要素なので、上位人気馬との実力差がオッズの差ほど開いていないと考える(=妙味十分と言える)今回は、積極的に狙いたいです。
(評価厳しすぎ?)
(ツナギチェックなし) 血統は中距離向きで、標準的なダートの中長距離◎? 先行力:G+E-?? キレ:GE-? 半兄:ダークシャドウほか


○ 7-10 モンドクラッセ


 底力・持続力に優れるマイラー~千八巧者?
 ここでの不安は、急坂。
 やや頭が高く+前脚振り出すフットワークから急坂でのパフォーマンス低下が心配され、平坦の札幌ダートほど高いパフォーマンスは望めないかもしれません。
 しかし、ゆっくりと先行→中盤以降は引き締まった流れを作って好走している点から、中京ダ1800mのコース形状(前半が上り坂→後半は長い下り坂から急坂)はおおむね歓迎でき、中間の雨・雪でパワーの要求度が下がっている点、単騎に逃げが叶いそうなメンバー、日曜に予報されている強い西風(≒≒正面向風)もそれぞれ歓迎できる要素。近走から上積みがあれば侮れません。有力候補の1頭として考えたいです。
(プラス修正に注意)
(誤差注)ツナギはやや短い(後脚の長さ普通??)??太さ普通?角度不明。飛節不明。 標準的なダートのマイル前後向き、血統は短~マイル向き(??)で、標準的なダートの1700m◎??(マイル・1800m▲? 1400m△??) 先行力:F-E-? キレ:GF? 急坂▲?(やや頭高い+前脚振り出すフットワーク?)


▲ 5-5 ロワジャルダン


 底力・キレに優れる準マイラー・千八巧者?
 ここでの不安は、スローペース時の持続力不足。
 みやこステークスやチャンピオンズカップがハイペースだったようにマイル寄りor芝指向のスピードに優れますが、長く良い脚・持続力の裏付けがありません。この現状では、スローペース時に持続力不足から詰めが甘くなる心配があります。
 近2走の充実ぶりは今年の飛躍を期待させるもの+相手関係から実力は最上位クラスですが、軸や1着固定で狙うなら慎重に。
(晩成傾向? プラス修正に注意。最終更新:15'チャンピオンズカップ)
 ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、太さ普通、角度普通。標準飛節。 標準的なダートの中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的なダートの1700m~1800m◎??(軽いダート○? 力の要るダート▲?? 1900m以上▲??) 先行力:F?(甘め) D-D-?(甘め) 持続力:F?? 斤量少注(キレ優位) 全兄:ゴールデンチケット


△ 6-8 ローマンレジェンド(57.0kg)


 持続力・底力に優れる中長距離馬?
 ここでの不安は、パワー不足。
 12'ジュライステークスで優勝したのを最後に、その後の急坂コースでは0-0-1-4。重賞レベルではパワー不足を見せていて、急坂の負荷が高い中京ダ1800mは不向きのコースです。
 ただ、14'チャンピオンズカップで3着と好走したようにスローペースで中長距離指向の持続力を生かせれば好走の可能性があり、後方待機などで終いまで脚を溜められれば上位2頭を逆転できるかもしれません。展開に注文が付きますが逆転候補の1頭として考えておきたいです。
(マイナス修正に注意。最終更新:15'チャンピオンズカップ)
 ツナギはやや長い(後脚長い)、太さ普通、角度普通?標準飛節? 標準的なダートの中長距離向き、血統は中距離向きで、標準的なダート1900m以上◎?(軽いダート○? 力の要るダート▲?? 1800m▲+? マイル▲?) 先行力:E-↓↓D↓? キレ:E↓C-↓?(甘め) 急坂▲+?小回り△?(大跳び) 半姉:ミラクルレジェンド


5-6 アスカノロマン

(評価厳しすぎ? 最終更新:15'ベテルギウスステークス)
 ツナギは長さ普通、太さ普通、立ち。直飛節。 標準的なダートのマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的なダートの1800m前後◎?(軽いダート○?? 馬場適性はレース振り+血統傾向による補正含む) F↑F↑E-F?? 斤量少注(キレ優位)


6-7 インカンテーション


 底力・キレに優れる千八巧者?
 ここでの不安は、パワー不足。
 古馬OP特別以上での良績は平坦コースに偏っていて、急坂コース向きのパワーや底力(=ハイペース耐性)は示していません。父の産駒傾向からも芝指向のキレが生きる軽いダート向きだと思われ、中京ダ1800m(=急坂の負荷が非常に高い)では例え雨の影響で時計の早い馬場になってもパフォーマンスを大きく落としてしまうのでは。
 相手関係から実力上位ですが、人気より着順を落とすシーンを前提に考えて妙味を追っても。
(最終更新:15'平安ステークス)
 ツナギはやや長い、太さ普通、角度普通。直飛節。 標準的なダートのマイル~中距離向き、血統は短~マイル向き(??)で、軽めのダートの1800m◎?(血統補正含む。力の要るダート△?) ゲート△-?(改善?) 先行力:F-??(芝スタート時:F?) EE? 平坦○?急坂△? 馬群・短い直線△?(大跳び)


━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ■■東海S(G2)■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  東海Sを3点で獲れなければ、
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2013年に1月の中京に移行され過去3年の好走馬からは、次走フェブラリーSを勝った13年グレープブランデー、15年コパノリッキーを輩出しており、本番を占う意味でも非常に重要なレースとなる。今年は昨年の勝ち馬コパノリッキーが不在で、チャンピオンズC組が中心になりそうだが、暮れの結果から新勢力の台頭が目立つだけに、メンバー的にも将来性を加味したジャッジが鍵になる。

出走を予定している馬の中で、アウォーディーが出走してくれば取捨が悩ましい。年末に一挫折あり調整中だが、能力の天井はまだ見せていないだけに、まとめてアッサリ勝つ可能性も秘めている。あとは各馬のローテーションも予想に大きく影響してくる。例年通りフェブラリーSへ向う馬が多いだろうが、そういった馬は先を見据えた仕上げで挑むだけに、タフな中京コースで最後に甘くなる可能性もある。そこで注意したいのが、距離適性・賞金面・ここを使って休養、条件勝ち上がりの昇級初戦など理由は様々だが、フェブラリーSを視野に入れていない馬達だ。すでに競馬セブンは「この馬の場合フェブラリーSで上位に入るより、東海Sの方がチャンスはある。東海SはG2だから賞金的にもこっちの方が稼げる」と、ここに狙いを定めている陣営がいるという情報も掴んでいる。この馬が激走するようであれば、7690円の的中をお届けした昨年よりも、高配当になる事は確実だ。

今回初めて無料で登録された方には、直前の情報・天候・馬場状態の全てを加味した最終ジャッジ『馬連3点勝負』を、レース当日にメ―ル配信。無料でこんな情報が!?と驚愕の『馬連3点勝負』をどうぞお楽しみに!

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   ■■東海S(G2)■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  東海Sを3点で獲れなければ、
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)



いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。



東海ステークス 2018 予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >