阪急杯2016 データ(傾向と対策)


結果から考える狙い方「阪神芝1400m・古馬G3~OP」
[評価基準の有効度:C?]=検証少ない
前提:開幕週の馬場傾向=内有利~やや内有利

 ○:底力上位の千四巧者の差し馬
   → D-E- or D-E-
   (信頼性の高さは「持続力優位≧キレ優位」。
    → 開幕週のため、このコースとしてはキレを生かせる。
    先行力:FF-(?)以下の場合、信頼性ダウン。内外や前後が不利になりやすい。
    芝1200mベスト場合、底力と同程度の末脚と時計の早い馬場が必須)
 ▲+:先行力・底力上位の千四巧者
   → D-E-
   (平均的な展開では前後不利も、やや内有利の馬場傾向を生かしやすい。
    他場でキレ負けする逃げ・先行馬の巻き返しに注意)

特注:枠順の影響=内枠有利・外枠不利
   (概ね半クラスの増減に相当。
    例:内枠なら底力:ED-相当 と甘く評価可)
 注:斤量差の影響=±やや小さい?
   (先行力・キレを相対的に増減。展開で増減も影響小さめ)
 注:マイル以上がベストの馬、芝1400m以下での好走歴が無い馬
   (期待値の低下要素。追走が忙しくなりやすい。
    時計の掛かる馬場+スローペースなら相殺可)

 ×:底力に欠ける馬
   → 底力:E-F
   (他場の芝1400m実績馬が該当しやすい)


 コース形状(残り1200mから残り200mの急坂まで下り続けるコース形状、やや直角に近い3角、3~4角間の擬似直線、下り坂が直結する急坂)から前傾ラップになりやすく、底力(=ハイペース耐性)が重要になる条件。この条件の平均ペース≒他場のハイペースなので、他場の芝1400mでしか実績のない馬は厳しい評価から。


━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■■■阪急杯(G3)■■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  阪急杯を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

阪神1400mで行われる阪急杯は、近年高松宮記念に向うスプリンターと、春の目標を安田記念に置くマイラーが争う混合戦となっている。そのため馬の仕上げに大きく差が出るレースで、GI級の有力馬がアッサリと負けるシーンもよく観られるため、終わってみれば意外な伏兵馬の台頭から高配当がでやすい傾向がある。

今年も出否は未定だが、ミッキーアイル、レッツゴードンキ、ダノンシャークというGIホースを中心に個性豊かなメンバーが揃う。これらのメンツを見ても皆所属は栗東。近年の傾向を見ると断然関西馬が有利で、関東馬で唯一馬券圏内に入ったのはサンカルロだけだ。ただサンカルロが古馬になって勝った重賞は、この阪急杯を含め阪神C2連覇と阪神1400mのスペシャリストで、特異な存在と言ってもいいだろう。だが今年のメンバーの中にも「1200m~1600mがこの馬の距離適性やけど、実は1400mが一番強い競馬をする。1400mのGIでもあればええんやけど」と密かに自信を持っている陣営や。「大舞台を目標にしているけど、良くなるのはもう少し先。だから一戦一戦しっかり仕上げて賞金加算が大事」とここも勝負仕上げで挑む陣営の情報を入手済み。

このように騎手、調教師とのパイプだけでなく、馬主、生産の関係者とも太いパイプを持つ競馬セブンは、人の思惑が結果に影響する"春のトライアルシーズン"は滅法得意だ。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの買い目『馬連3点勝負』まで特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、当日14:00頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 ■■■■阪急杯(G3)■■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  阪急杯を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例



いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。



阪急杯 2018 予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >