弥生賞2016 マカヒキ:出走予定登録馬 人気の割に不安要素多く、慎重な評価が必要?


マカヒキ


 持続力を中心に末脚のバランスに優れるマイラー~中距離馬??
 ここでの不安は、実力不足+致命的な先行力不足。
 2連勝ともかなりのスローペースを差す競馬で、先行力の高さをまったく見せていません。レース振りや騎手のコメントから持続力>キレだと思われ、仕掛けどころに下り坂がなくなるも不安要素。さらに、これまでに示した実力が上位人気2頭に及ばないのも不安要素です。
 3強と呼ぶには不安要素が強く、人気なら控えめな評価・買い方を考えたいです。
(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:16'若駒S)
 ツナギはやや長い(脚の長さ普通)、太さ普通、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統は短~マイル向き(??)で、標準的な芝のマイル~中距離◎?? 荒れ馬場▲?道悪▲-?? 先行力:G-?? G+??(甘め) G+?? F-?? 全姉:ウリウリ


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週に更新)

━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■■■弥生賞(G2)■■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  弥生賞を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

弥生賞は若き3歳牡馬の皐月賞トライアルであり、今年京都記念を勝ったサトノクラウンや、ダービー馬ワンアンドオンリー。他にもトゥザワールド、サダムパテック、ヴィクトワールピサ、エイシンアポロン、ロジユニヴァースなど多数のGI級ホースが誕生した出世レースだ。

今年も将来性豊かな若駒がスタンバイ。すでに賞金を獲得し、余裕のあるローテーションでクラシックへ進めるリオンディーズ、エアスピネルの、朝日杯1、2着馬がここから始動する。ただ共に目標は皐月賞になるため、完璧な仕上げで挑む事は考えにくく隙は十分ある。近年もタガノエスプレッソ(10番人気)、カミノタサハラ(6番人気)、ミヤジタイガ (10番人気)、コスモオオゾラ(9番人気)、プレイ (7番人気)が馬券圏内に来ているように、伏兵馬の台頭に注意を払う必要がありそうだ。

伏兵馬の中には「まずここで結果を出さないとクラシックへ迎えないから、当然勝負仕上げで挑みますよ」や「上位人気馬とも差のない競馬をしている。デキの差や展開の紛れがあれば十分一発がありますよ」といった情報も入っており、一筋縄では納まらなさそうだ。

昨年も◎ブライトエンブレム○サトノクラウンで、馬連3380円の的中をお届けしたように、我々『競馬セブン』にとって陣営の思惑が影響するトライアル重賞は絶好の儲け所。今回は無料登録をして頂いた方には、『弥生賞の極秘3点情報』を特別に公開することが決定した。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、当日14:00頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 ■■■■弥生賞(G2)■■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  弥生賞を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 


「傾向と対策」
なし

関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例



いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。



弥生賞 2018 予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >