安土城ステークス2016 結果回顧(速報) ミッキーラブソングが番手から押し切る


ラップタイムの評価

安土城ステークス(35.4-11.6-34.2 =1'21"2少掛↓??) 準OPと比較。テン少し緩く(額面も少し緩い)、中盤わずかに早く、上がりが早い。テン→上がりへと徐々に加速するラップで、前に付けた総合力上位馬がかなり有利。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


ミッキーラブソング(55.0kg)


 ゲート少し早い、ダッシュそこそこも押して押して先行→番手。 3・4角番手、内から2・3頭分? 直線、内目からキレる脚で抜け出して押し切る。頭高い。

 前後有利。 有利な位置取りを確保した松若風馬騎手の好騎乗あって+レースレベルがあまり高くない中での優勝で、馬自身の評価は控えめ。芝1400m前後での能力バランスに優れる馬ですが、重賞を勝つには総合力の底上げが必要になりそう。
(プラス修正に注意。 最終更新:16'安土城S)
 ツナギはやや短い(胴もやや短い)、やや太い、角度普通?直飛節気味? 重めの芝のマイル以下向き、血統は短~マイル向き(?)で、重めの芝の1400m◎?(1200m○-? マイル▲??) 荒れ馬場▲+?道悪▲? 先行力:F-E?(甘め) F?? 持続力:-(不明。低い?) 総合力でE?(甘め)相当 斤量少注(キレ優位) 急坂▲?(首の可動域狭い)


━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■ 安田記念(GI) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
 安田記念を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の勝ち馬モーリスがその後、マイルCS、海外で2勝とマイル界を完全に席巻している。だが絶対的な2番手はおらず混戦気味。さらに別路線からも強力な実力馬が参戦。それだけに非常に難解な一戦と言える。

しかしヒントは春の一連のGI戦の結果が物語っている。フェブラリーSのモーニン、ノンコノユメ。高松宮記念のアルビアーノ。天皇賞春のキタサンブラック、シュヴァルグラン。ヴィクトリアマイルのミッキークイーンと上位争いの一角には必ず4歳馬の姿がある。今年も4歳馬が出走してくるが、まずこの馬達の適性・能力比較から入ることが重要だ。

そして毎年の事だが様々なローテーションで参戦してくる馬が多いため、陣営の本気度合いも把握する必要がある。これが仕上げにつながるためGIレースにおいて、不可欠なファクターといえるだろう。【競馬セブン】はすでに安田記念を目標としている有力馬のかなりディープな情報を入手している。しかもこの馬は人気的に狙いやすいオッズで収まりそうだ。

この馬のジャッジも含めて直前情報が鍵を握っている事は言うまでもない。今年はNHKフェブラリーS◎▲2点目的中に始まり、マイルC◎○1点目的中、ヴィクトリアマイル3510円の馬連を2点目的中と、東京マイル戦で的中を連発している【競馬セブン】では、直前情報・天候・馬場状態を加味して、最終結論を当日に配信している。そして今回は特別に【安田記念極秘3点勝負】を無料配信するので、興味のある方は是非情報を入手して参考にしてみてほしい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■ 安田記念(GI) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
 安田記念を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例



いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。



結果回顧(速報)の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >