米子ステークス2016 結果回顧(速報) ケントオーが道悪を苦にせず圧勝


ラップタイムの評価

米子ステークス(35.8-23.4-35.4 =1'34"6小雨、重・非常掛↓↓??) テン少し早く(額面は少し掛かる)、中盤早く、上がりがかなり掛かる。逆さ中弛み風味の一貫ラップで、底力・持続力上位の差し・追い込み馬が有利。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


ケントオー

挙動:
 ゲート少早?好位~中団(9頭立て)。 3・4角中団、内から1・2頭分? 直線、内から終いまでしぶとく伸びて差し切る。圧勝。
短評:
 前後・内外とも少し有利(馬場+展開)、展開と能力適性が完全に一致。 淀みない流れでの末脚に優れる馬で、今回の展開は能力を発揮できるものだったと思われます。能力の特徴から中京芝1600mでの走りを見てみたいところ。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:16'米子S)
(ツナギチェック無し) 血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝のマイル◎?(1400m▲+??) 荒れ馬場▲+??道悪○??(レース振りから) 先行力:F-?(甘め) 底力(=ハイペース耐性)E? キレ:F-持続力E


 オッズが競馬ファン全員の投票で決まるパリミチュアル方式で、競馬で勝つには、他のファンに差をつけなければなりません。そこで重要になるのが当然、「当日の生情報」です。


 当日の競馬場の馬場状態、各馬のパドックでの挙動、輸送による調子の変動、これらのナマ情報を自分だけ抑えることができればこそ美味しい馬券にありつけるというのはもはや定説です。

 前予想は競馬サイト・新聞等の情報がかなり提供される世の中になってきているので、前予想もう十分、という方は、ナマ情報に特化したサイト・馬生(ウマナマ)で当日の情報を入手しておくのもよいと思います。
 
 当方でも先日、馬生の生情報利用を試してみました。あまり詳しいことは教えられないのですが、、

 先日の青嵐賞では、前予想で完璧だと思っていたものの、直前の生情報で買い目を変更して正解でした!この日はコース変わりで、馬場の内側が伸びると確信していたので、内枠の馬から狙えば間違いないと思っていたのですが、、

 気配一変しているとの情報のあった勝馬グランドサッシュ、、直線での外からの伸びがハンパなくないですか??
この結論には前予想だけでは的中にたどり着けませんでした。


馬生では3連複70,400円の的中だったようですね、、おそるべし、、


そして、実は前予想部門のデータ解説・展開予想などもかなり充実している馬生



当日の生情報だけでも、一度試してみて損はないと思います。

※リンク先でメールアドレスを入力し、届いたメールのリンクをクリックで完了です。


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△