函館記念2016 データ(傾向と対策)


結果から考える狙い方「函館記念」
[期待値:D?]=不利の発生しやすさ注意

 ○:底力・持続力上位の中距離(芝1800m~2200m)馬
    → (先行力:FF-↑?) 底力(=ハイペース耐性)DE↑? キレ:E-F持続力DE↑
   (中長距離馬は先行力の兼備必要。
    斤量差の影響をまだ考慮しないこと。
     → 枠番の有利・不利による要求度の変化に注意)

特注:枠順の影響=内枠有利・外枠不利?
   (馬場が良好であるほど強く影響し、底力の要求度を変化させる。
     → 内枠≒底力の要求度ややダウン、外枠≒底力の要求度ややアップ
    逆に馬場が悪ければ、相殺され、底力の要求度が大幅にアップし、前後ともバテて前有利?
    馬場の耐久性向上・高速化とコース形状が原因? 2010年~?)
 注:斤量差の影響=小さい?
   (底力の基準をクリアした馬のみ、影響を考慮
 注:向正面が上り坂の競馬場での重賞実績上位馬
   (福島、新潟・京都外回り、展開次第では東京も該当。馬場適性の検証は別途に必要)
少注:小回りへの適性

 △:逃げ・番手の馬
   (展開上、前後が不利になりやすい。ただし、酷い道悪馬場では前残りに注意)
 ×:底力不足の馬
    → 底力:E-
   (≒昇級馬、条件馬。一部例外あり)


 コース形状(テンが下り坂、2角中間付近~3・4角中間まで上り坂、全10場でもっとも短い直線)が上がりを掛かりやすくするため、底力(=ハイペース耐性)・持続力に偏った能力を問われるレース。G3のハンデ戦とは思えないほど高い底力を要求されるため、厳しい中盤の経験が少ない馬は軽ハンデでも苦戦するので注意。


━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■ 函館記念(G3) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  函館記念を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:函館記念200-200.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━

6週間の函館開催の中でも、一際お祭りレベルの盛り上がりを見せるのが函館記念。直線がたった260mしかない小回りコースの、しかもハンデ重賞という事で波乱をイメージする方も少なくはないだろう。ここ10年・9回(09年は札幌での開催)の3連単の配当は10万円オーバーが5回。馬連万馬券も2度出現しておりそのイメージは正しいといえる。

ならば今年も大穴をあける可能性がある馬を見つけるのがテーマになるのだが、この相次ぐ波乱には特徴がある。この9回で勝った9頭の内、単勝オッズが10倍を超えるような伏兵が勝利をおさめたのはなんとたった1度だけ。そのほかの8回は全て単勝10倍以下の馬が勝利している。的中のためには一発穴をあけられる「2、3着に食い込む馬」のスクープが必要となるレースだ。

元JRA競馬学校教官の徳吉一己を筆頭に、競馬サークル内に幅広い情報のパイプを持つ競馬セブンは、関係者が本音を溢しがちな新聞が発刊された後、レース直前まで情報収集を行う。今回は特別に入手した極秘情報と天候・馬場状態を加味した最終ジャッジ【函館記念~馬連3点勝負~】を当日7/17の14:00頃に無料配信。「どの馬を狙うべきか」少しでも迷っている方は、是非とも参考にしてみてほしい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■ 函館記念(G3) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  函館記念を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:函館記念200-200.gif


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△