関屋記念2016 データ(傾向と対策)


結果から考える狙い方「新潟芝1600m・古馬G3~OP」
[期待値:E-F?]=展開の幅広さに注意

 ○:末脚の総合力上位馬
   → キレ持続力D-E-
   (末脚の信頼性は、展開や該当馬の距離適性によって変化。
    先行力上位 or 騎手が前付けしそうな場合、キレ・持続力を甘めに評価可。
    先行力:G?以下かつ後方待機の場合、期待値ダウン。
     → 後方から差すには、前後の不利が大きくなりやすい)
 ▲:先行力・持続力上位の逃げ・先行馬
   → 先行力E-F?? 底力(=ハイペース耐性)EE-? キレ:FF-↑?? 持続力EE-
   (先行力は、他の人馬との比較で上位なら最小限で可)

 注:枠順の影響=内外フラット??
   (開催時期、馬場傾向による変化に注意)
 注:斤量差の影響=±普通?
   (展開に大きく依存。末脚を相対的に増減)
 注:風の影響=大きい?
   (直線の割合が高いため。西風≒向正面追い風、ハイペースの誘発要素)
 注:平坦巧者・リピーターの巻き返し、パワータイプのパフォーマンス低下
   (平坦巧者・リピーターは、京都外回り、新潟や東京など長い直線での実績に注目。
    パワータイプは、馬場適性がズレやすく&平坦でのキレで劣りやすい)

 △:キレで劣る馬
   → キレ:E-F
   (先行力上位なら相殺可。 例:上がりの掛かるマイル戦を差して好走した馬)
 △:持続力で劣る馬
   → 持続力:E-F
   (例:マイル以下向きの逃げ・先行馬など。
    先行力上位かつ直線の長いマイルで好走歴があれば軽減可)


 コース形状(向正面の長い直線、上りながら進入する極端な小回りの3・4角、3角途中から直線にかけて下り→平坦、全10場最長の直線)から、キレを伴った持続力を問われやすい条件。ただ、展開の幅が広いため問われる能力のバラつきが大きく、大勝負や少点数での購入は避けるべき条件です。


━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■ 関屋記念(G3) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  関屋記念を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:関屋記念200-200.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━

新潟夏の名物重賞である関屋記念。サマーマイルシリーズの2戦目となる。なんといってもこのコースの最大の特徴はその長い直線。近年の日本競馬では上がり3ハロンのタイムというファクターが重要視されているが、この新潟外回りはその上がり3ハロンが全て直線となる。人間もそうだがカーブの方がスピードが落ちるのは馬も同じ。

加えてスタートから3コーナーまでの距離も十分にあることから、前半のペースも落ちやすい。究極の上がり勝負となるレースだ。ここ10年の勝ち馬の平均上がりタイム33.2秒からもどれだけ最後の脚が重要かは見て取れる。配当面では、過去10年全てが3連単万馬券という結果だが、そこまで波乱の傾向はない。とにかく速い上がりを持つ馬に注目したい。

元JRA競馬学校教官の徳吉一己を筆頭に、競馬サークル内に幅広い情報のパイプを持つ競馬セブンは、関係者が本音を漏らしがちな新聞が発刊された後、レース直前まで情報収集を行う。今回は特別に入手した極秘情報と天候・馬場状態を加味した最終ジャッジ【関屋記念~馬連3点勝負~】を当日8/14の13:30頃に無料配信。「どの馬を狙うべきか」少しでも迷っている方は、是非とも参考にしてみてほしい。


  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■ 関屋記念(G3) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  関屋記念を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:関屋記念200-200.gif


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△