CBC賞2016 予想 人気でもエイシンブルズアイを中心視


予想のポイント、印・買い目
 コース形状から、同コースや阪神芝1400mで先行力+底力 or 底力+末脚に良さを見せた馬が好走しやすい条件。CBC賞はハンデ戦ですが、斤量差の影響が小さいことに注意。
 超高速馬場が続きそうなので、◎エイシンブルズアイ(=パワーにやや不安)をさらに高く評価。(土曜現在の予想)

 ◎ エイシンブルズアイ

 ○ 該当なし
 ▲ 人気上位馬・複数(どの馬も一長一短)

買い目はなるべくシンプルに。
単勝:◎(or 馬単:◎→▲の馬単流し)


予想記事 目次
1. 予想のポイント、印・買い目
2. 前日の馬場傾向と当日の馬場の想定
3. 各馬の短評
3+. 評価を控えめにしたい人気馬

「傾向と対策」
CBC賞2016 データ(傾向と対策)


前日の馬場傾向と当日の馬場の想定

中京競馬場 : 開催1/4週目、B→Aコース変更・使用1/2週目。火豪雨

 やや内有利~内有利で、時計レベルは土曜:極めて早い?? 好走している血統は(土曜12Rまで、計5レース)、SS系×6、Northern Dancer系×4、Mr. Prospector系×2、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×2、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×1で、推測される芝質は「標準的な芝(前週比:-)」

 開幕週・土曜現在の中京芝をまとめると、「やや内有利~内有利の標準的な芝。時計レベルは土曜:極めて早い??」

 明日にかけての天気は、晴れで蒸し暑い天気。超高速馬場が続きそうで、時計の裏付けやキレ(=トップスピードと急加速力)の裏付けがない馬は慎重に評価したいです。

馬場観察レース : netkeiba.com レース一覧

関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


各馬の短評・適性チェック
能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説) 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)


◎ 2-2 エイシンブルズアイ(57.0kg・前走比±0.0kg/キレ優位)

短評:
 キレ・底力に優れる短距離馬~千四巧者?
 ここでの不安を強いて挙げるなら、上滑りする馬場...でした。
 良馬場で鋭いキレ(=トップスピードと急加速力)を発揮している通り足回りの特徴も良馬場向きで、雨の残る馬場ではパフォーマンスを落とす心配があります。しかし、中間や週末の天気から乾いた良馬場が想定され、不安が無くなりました。また、中京芝1200m(=斤量差の影響が短距離戦としては小さい)なら他馬より重いハンデも大きなマイナスではなく、人気でも上位に評価したいです。
適性チェック:(最終更新:16'高松宮記念)
 ツナギは長さ普通(脚はやや短い)、太さ普通、角度普通(蹄は寝る)。標準飛節。 標準的な芝のマイル以下向き、血統は短~マイル向き(?)で、軽い芝の1200m~1400m◎?(重い芝△?? マイル▲??) 荒れ馬場・道悪△?(馬場適性にレース振りからの補正含む) ゲート:▲+? 先行力:F-底力(=ハイペース耐性)D-キレD?(甘め) 持続力:F?? 斤量少注(キレ優位)



評価を控えめにしたい人気馬

3-3 スノードラゴン58.5kg・前走比-0.5kg)

短評:
 底力・持続力に偏った短距離馬?
 ここでの不安は、致命的なキレ(=トップスピードと急加速力)不足。
 これまでの成績通り芝・ダートを問わない底力(=ハイペース耐性)・持続力の高さが持ち味で、反面、キレで大きく劣ります。開幕週の良好で乾いた良馬場、G1より平均斤量が軽いこと...は、いずれもキレの要求度や重要性を上げる要素なので、キレ不足が強調される可能性が高いはず。そこそこ人気なら厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:16'-)
 ツナギは長さ普通(前脚やや短い)、やや太い、やや立ち(蹄はやや寝る)。直飛節気味? 力の要る馬場のマイル以下向き、血統は短~マイル向きで、力の要る馬場の1200m◎?(砂質問わず? 重い芝○? 標準的な芝△? 芝1400m▲?) 先行力:F-?(ダート時:G+?) 底力(=ハイペース耐性)D↓? キレ:G+持続力D↓? 大跳び



4-5 ベルカント(55.5kg・前走比-0.5kg/逃げ・先行馬)

短評:
 底力・先行力に優れる短距離馬~千直巧者?
 ここでの不安は、末脚不足。
 父×母父のイメージ通り短距離指向の先行力や軽いスピードに優れるも、末脚の総合力で劣るため中京芝1200m(=芝1200m戦で最長の直線)では末脚不足を見せる可能性が高いと思われます。左回りや急坂にも不安を残すので、人気なら控えめな評価から考えたいです。
適性チェック:(最終更新:15'スプリンターズS)
 ツナギは短い、やや太い、角度普通(蹄はやや立ち)。標準飛節。 重めの芝の短距離向き、血統は短距離向きで、重めの芝の1200m◎?(標準的な芝○? 千直○?? 1400m▲+? マイル△?) 荒れ馬場・道悪○-? ゲート:▲-?(ほぼ改善?) 先行力E底力(=ハイペース耐性)D-? キレ:F?(甘め) 平坦○?急坂▲?(前脚振り出すフットワーク) 夏馬? 左回り△??



6-8 ワキノブレイブ(56.0kg・前走比±0.0kg)

適性チェック:(最終更新:16'鞍馬S)
 ツナギはやや短い(脚の長さ普通)、太さ普通、やや寝る(蹄は立ち)。標準飛節。 標準的な芝のマイル前後向き、血統は短~マイル向き(?)で、標準的な芝の1200m◎?(重い芝○? 軽い芝▲? 1400m▲↓? マイル△↓?) 荒れ馬場○?道悪▲+?(レース振りから) 先行力F底力(=ハイペース耐性)E?(甘め) キレF?(甘め)



6-9 サドンストーム(56.0kg・前走比-1.0kg)

短評:
 底力・キレに優れる千四巧者~短距離馬?
 ここでの不安は、末脚不足。
 ハイペースでもスローペースでも使える末脚があまり変わらないため、近走で好走~善戦したのは概ねハイペースのレース。昨年のCBC賞(=例年にない超ハイペース)ですら差し損ねた上、加齢によるキレの衰えまで心配になる今年は期待値が低くなっているはず。控えめな評価から考えたいです。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:16'春雷S)
 ツナギは短い、太さ普通、角度普通。標準飛節。標準的な芝の短距離向き、血統は短・マイル向きで、標準的な芝の1400m◎?(1200m○? 1600m▲-)? 荒れ馬場・道悪▲+? ダッシュ:△-↑? 先行力:G+?? 底力(=ハイペース耐性)D-?? キレE↓?? 持続力:F? 斤量少注(キレ優位) 小回り○?(ピッチ走法) 全弟:ティーハーフ



7-10 シンデレラボーイ(54.0kg・前走比±0.0kg)

短評:(16'長篠S)
 前後不利 < 展開と適性(距離+能力)が完全に一致? 東京芝1400mでも好走している通り末脚に優れ、今回の距離+展開(=末脚の要求度が高い)の組み合わせは能力を発揮しやすいものだったと思われます。OP特別以上で好走するには総合力の底上げが必要になりそうですが、末脚の要求度が高い芝1200m ~ ハイペース&長い直線の芝1400mなら好走しても。
適性チェック:(最終更新:16'長篠S+α)
(誤差注)ツナギはやや短い(脚は短い?)、太さ普通~やや太い?角度普通?飛節不明。 標準~重めの芝の短距離向き、血統はマイル前後向き(??)で、標準~重めの芝の1300m前後◎?? 荒れ馬場▲+??道悪▲?? 先行力:G底力(=ハイペース耐性)E-? キレ:F??(甘め) 持続力E-??



7-11 レッドファルクス(56.0kg・前走比±0.0kg)

短評:(16'欅S)
 前後やや有利、馬場+展開と適性(馬場・能力)が一致。 軽い砂質だったことで、能力を全開にできたと思われます。能力のバランスに優れる馬ですが、CBC賞に向かった場合は芝指向のスピード不足が、プロキオンSに向かった場合は底力(=ハイペース耐性)不足がそれぞれ心配。
適性チェック:(最終更新:16'欅S)
 ツナギは短い(後脚の長さ普通)、やや太い、立ち。直飛節気味。 重い芝のマイル以下向き、血統は短~マイル向きで、重い芝・軽いダートの1300m◎?(標準的な芝○? 芝1200m▲+??) 荒れ馬場・道悪○?(馬場適性に血統補正含む) 先行力:F-底力(=ハイペース耐性)E-キレE-?(甘め) 持続力:F?(甘め。キレ・持続力の判断迷う。入れ替えの可能性あり) 総合力でE?(甘め)相当 おば:スティンガーほか


━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■ CBC賞(G3) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  CBC賞を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:CBC賞200-200.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━

新生中京コースとなって5度目を迎えるCBC賞。これまでの4年、牝馬のウリウリを牡馬の斤量に換算すると、実に3度も57.5キロ以上を背負った馬が勝利している。ハンデ戦では軽量馬の一発が注意されているイメージが大きいが、中京で行なわれたこの4年で馬券に絡んだ馬の中では、14年のニンジャが背負った54キロが最も軽い。

そしてハンデ戦ながら3度で1、2番人気が揃って馬券に絡んでいる。『ハンデ戦は荒れる』という考えを捨てて、それぞれの実力を見極める必要がある。さらに、12、13年には2年連続でレコードタイムが記録されており、今年春の開催で相当な高速化が見られた中京の馬場が、この3ヶ月でどのような変貌を遂げたかも注目である。

そして今年の出走予定馬の中では「この馬は左回りが得意なんだけど、東京には芝1200mのレースがないからね。早い段階からベスト条件のこのレースを狙っている」という関係者情報があった★★★★★★★★が、アクシデントさえなければ高確率で馬券圏内には入ってくるはず。あとは直前情報・天候・馬場状態を加味したうえで最終結論を出す予定だ。

この最終ジャッジに興味のある方は、当日14:00に無料配信する【極秘馬連3点勝負】の情報を入手することをオススメする。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■ CBC賞(G3) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  CBC賞を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:CBC賞200-200.gif


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 芝1200m限定
 中京(412.5m)>新潟内(359m)>阪神内(356.5m)
>京都内(328m)>中山(310m)>小倉(293.0m)
>福島(292.0m)>札幌(266.1m)>函館(262m)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△