エルムステークス2016 結果回顧(速報) リッカルドが成長を見せて重賞初制覇


ラップタイムの評価

エルムステークス(30.3-36.9-36.3 =1'43"5標準↓??) テン少し緩く、中盤平均的、上がりが少し早い。中弛み風味の一貫ラップで、前・内に付けた総合力上位馬が有利。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


リッカルド(56.0kg・前走比-1.0kg)

挙動:
 ゲート普通、軽く押して好位~中団(12頭立て)。 1・2角中団、内から3頭分? 3・4角中団→先行~番手、内から4頭分? 直線、内目を終いまでしぶとく伸びて差し切る。やや頭高い。
短評:
 前後フラット、内外やや不利、展開-挙動と能力適性がやや一致。 近走よりグッと成長を見せて重賞初制覇。能力のバランスが良く、展開を選ばないのが強み。ただ、首の可動域が狭く、アップダウンのあるコースではパフォーマンスの伸び悩みに注意。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:16'エルムS)
(誤差注)ツナギは長さ普通?やや太い?角度普通?標準飛節? やや力の要るダートのマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、やや力の要るダートの1800m◎??(1700m○??) 先行力:F?(甘め) 底力(=ハイペース耐性)E-? キレ:F?(甘め) 持続力E?(甘め) 総合力でE?相当 急坂▲?(やや頭高い) おじ:スマートファルコン


━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■ 札幌記念(G2) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  札幌記念を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:札幌記念200-200.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマー2000シリーズの第4戦である札幌記念だが、レースの立ち位置はシリーズの他レースとは明確に差が出ている1戦だろう。ゴールドシップ、ハープスター、トーセンジョーダン、アーネストリーといったG1馬(あるいはその後G1を制する馬)がここをステップに秋の大舞台へと駒を進めていく、さながら秋への大きな滑走路になり得るレースなのだ。

また最近は、凱旋門賞の前に「洋芝」を経験させたいという意味合いでこのレースに出走する馬も。上がり馬や軽ハンデ馬の好走が目立つ夏競馬の中でも、実績がモノを言うレースの一つである。基本的には前走重賞出走馬でなければ好走は難しいが、G2やG3というグレードに関してはそこまでの重要性がない。ただし、前走4着以下の馬は苦戦傾向。格を重視したい1戦だ。

元JRA競馬学校教官の徳吉一己を筆頭に、競馬サークル内に幅広い情報のパイプを持つ競馬セブンは、すでに強力な情報を入手している『鉄板軸馬』『爆弾穴馬』に狙いを定めており、直前ギリギリまで『騎手情報』を重点的に洗い出し、展開面を丸裸にした上で的中を狙う算段。今回は特別に直前情報・天候・馬場状態を加味した最終ジャッジ【札幌記念~馬連3点勝負~】を当日8/21の13:30頃に無料配信。「どの馬を狙うべきか少しでも迷っている」という方は、是非とも参考にしてみてほしい。


  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■ 札幌記念(G2) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  札幌記念を3点で獲れなければ
 2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:札幌記念200-200.gif


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△