セントライト記念2016 プロディガルサン:出走予定登録馬 実力の裏付け弱く、中山が苦手の可能性も


プロディガルサン(56.0kg・前走比-1.0kg)

短評:
 底力・持続力を中心とした能力バランスに優れる中距離~中長距離馬??
 ここでの不安は、底力(=ハイペース耐性)不足+中山が苦手の可能性。
 中山では芙蓉S(=スローペースからの上がり勝負)を優勝してますが引き締まった流れやロングスパート戦の経験はなく、底力・持続力の裏付けは弱いままです。全兄たちのレース内容からもコーナーの多い中山は不向きだと思われ、そこそこ人気なら厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:16'青葉賞)
 ツナギはやや長い(胴は長さ普通)、太さ普通、角度普通。標準飛節。 標準的な芝の中距離~中長距離向き、血統は中長距離向き(??)で、標準的な芝の中距離~中長距離◎??(マイル△??) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:G+?? 底力(=ハイペース耐性)F-?? キレ:G+?? 持続力F-?? 全兄:リアルスティールほか

現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週に更新)

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■セントライト記念(G2)■■

自信のペナルティ付き!もし、この
セントライト記念を3点で獲れなけれ
ば2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:セントライト記念200-200.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━

菊花賞に向けてのトライアル重賞であるが、ここ10年で当レースと菊花賞を連勝した馬は昨年のキタサンブラックのみ。それどころか、2着以下に終わった馬から菊花賞制覇を果たした馬もいない。菊花賞への直結よりも、中山外回りという独特のコース形態が生む、ロングスパート合戦に対応する適性があるかどうかがカギになってくるレース。

ここ10年のうち、前走日本ダービー組が5勝、ラジオNIKKEI賞組が2勝と、ほとんどの年において前走重賞組の好走が目立つ。波乱の年もあるが、春のクラシックで上位に入っていた馬が出走する場合は堅い決着、荒れてもヒモまでという認識でいいだろう。

今年出走する馬の中には「この馬はこのレースから菊花賞へという青写真を描いている」と早い段階から順調に調整できている馬や、「菊花賞云々より将来のために賞金を稼ぐ必要がある」と勝ちを意識している馬もいる。さらに「中山2200mは特殊なコースだから器用さがあるこの馬なら他より有利」という穴馬の存在も注意が必要だ。

このように騎手、調教師、馬主、生産の関係者とも太いパイプを持つ競馬セブンは、人の思惑が結果に影響する"秋のトライアルシーズン"は滅法得意だ。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの買い目『馬連3点勝負』まで特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■セントライト記念(G2)■■

自信のペナルティ付き!もし、この
セントライト記念を3点で獲れなけれ
ば2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:セントライト記念200-200.gif


「傾向と対策」
セントライト記念2016 データ(傾向と対策)

関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△