信越ステークス2016 結果回顧(速報) トウショウドラフタが僅差で差し切る


ラップタイムの評価

信越ステークス(33.6-11.6-35.2 =1'20"4標準~少早↑??) テンかなり早く(額面もかなり早い)、中盤わずかに緩く、上がりが掛かる。額面のスピードを問う前傾ラップで、底力(=ハイペース耐性)or芝1200m指向のスピードを備えた差し・追い込み馬が有利。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


トウショウドラフタ(54.0kg・前走比±0.0kg/キレ優位)

挙動:
 ゲート普通、中団~後方。 3・4角中団~中団後方、内から3・4頭分? 直線、外からキレる脚で伸びて差し切る。
短評:
 前後有利、展開と能力適性が一致? 直線での仕掛けが遅れ気味で、僅差になったのはそれが原因?これまでの成績通り芝1400mでキレ(=トップスピードと急加速力)を生かす競馬がベストで、今回の条件は能力を発揮しやすかったはず。その分、他の条件ではパフォーマンスが伸び悩みそう。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:16'信越S 54.0kg)
(誤差注)ツナギは短い、太さ普通、角度不明。曲飛節?? 標準的な芝の短距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1400m◎??(1200m▲?? マイル△?) 荒れ馬場・道悪▲??(レース振りから) 先行力:G底力(=ハイペース耐性)E-キレE-? 持続力:G+?? 斤量少注(キレ優位)


━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■■ 菊花賞(G1) ■■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  菊花賞を3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:菊花賞200-200.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の菊花賞は2頭が抜けた存在という下馬評だが、京都3000mという特殊な条件でそんなにスンナリ決まるはずがない!こういう時の方が思わぬ伏兵が激走するものだ。昨年は「血統的に距離が長い」と言われ5番人気に甘んじていたキタサンブラックが勝利。昨今の菊花賞では、高速馬場においてスピードの比重が高まっており、後半5Fの上がり勝負になるケースが多く、バリバリのステイヤーの出番が減っていることからも、今年も血統要素はあくまでも『ひとつの要素』というスタンスが良いだろう。

また一般には競馬は『馬7:騎手3』の割合といわれているが、距離が延びれば延びるほどコース取り、仕掛け処なども含めて騎手の手腕で結果が変わる。長距離においては『騎手7:馬3』の比率になるとすら言われるほどだ。そして展開が重視される長距離では、ペースを読める一流ジョッキー(特にベテラン)の存在が大きな鍵を握るのは間違いない。このレースはまず"ジョッキーの名前から見ろ"というくらいの意識を持って臨みたい。

今年は牡馬クラシックに繋がる前哨戦、弥生賞・スプリングS・毎日杯・青葉賞・京都新聞杯・ラジオNIKKEI賞・セントライト記念での的中をお届けしており、能力比較はすでに精査済み。さらに夏の上がり馬がどこまで通用するかも把握している。

だからこそ我々の中では「今年の菊花賞馬は●●●●●●●●●で決まり!」と満場一致。相手も強力な勝負情報を入手している"アノ馬"を含めて3頭に絞り込んでいる。

結論はより精度を上げるために直前情報を待ってからとなり、この場で発表できないのが歯痒いが、興味のある方には直前情報・天候・馬場状態を加味した最終ジャッジ【菊花賞~馬連3点勝負~】を当日に特別無料配信しようと思う。興味のある方は是非情報を入手してみてほしい。


  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■■ 菊花賞(G1) ■■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
  菊花賞を3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:菊花賞200-200.gif


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△