甲斐路ステークス2016 結果回顧(速報) マイネルラフレシアがキレる脚で差し切る


ラップタイムの評価

甲斐路ステークス(35.7-38.3-34.3 =1'48"3掛↓??) テンかなり早く、中盤かなり非常に緩く、上がりが早い。後傾の極端な中弛みラップで、前・内に付けた総合力上位馬が有利。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


マイネルラフレシア(55.0kg/小柄+キレ優位)

挙動:
 ゲート普通、ダッシュ目立たないも押して好位→縦長になって中団(8頭立て)。 3・4角中団→好位(馬群が縮まる)、内から2・3頭分?? 直線、馬場の真ん中~内目をキレる脚で伸びて差し切る。
短評:
 斤量非常に有利(馬体比+キレ優位、斤量差×展開)、展開と能力適性が完全に一致? 実績通り芝1800mでキレ(=トップスピードと急加速力)を生かす競馬が合うようです。小柄な馬体+キレ優位の末脚から斤量の影響を受けやすいと思われ、斤量の増減には敏感に。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:16'甲斐路S 55.0kg)
 ツナギは長さ普通、やや細い、角度普通~やや寝る(蹄は寝る)。標準飛節? 軽めの芝のマイル~中距離向き、血統は中距離向き(??)で、軽めの芝の中距離◎?? 荒れ馬場・道悪△?? 先行力:G+? 底力:F-?? キレF? 持続力:F-?? 斤量特注(小柄+キレ優位)


 「パリミチュエル方式」をご存知でしょうか?オッズが競馬ファン全員の投票の比率によって決まる方式のことです。日本競馬はこれを採用していることから、馬券で勝つには、他のファンに差をつけなければなりません。他人と同じ馬券を買っていては儲からないという道理です。そこで重要になるのが当然、「当日の生情報」です。


 当日の競馬場の馬場状態、各馬のパドックでの挙動、輸送による調子の変動、これらのナマ情報を自分だけ抑えることができればこそ美味しい馬券にありつけるというのはもはや定説です。

 前予想は競馬サイト・新聞等の情報がかなり提供される世の中になってきているので、前予想もう十分、という方は、ナマ情報に特化したサイト・馬生(ウマナマ)で当日の情報を入手しておくのもよいと思います。
 
 当方でも先日、馬生の生情報利用を試してみました。あまり詳しいことは教えられないのですが、、

 先日の函館日刊スポーツ杯では、前予想で完璧だと思っていたものの、直前の生情報で買い目を変更して正解でした!中山コースは秋開催は例年通り前残り傾向なので、先行馬を中心に狙えば間違いないと思っていたのですが、、

 人気薄ケイアイチョウサンが直前に追い気配一変しているとの生情報が入ったのです。
 後ろから行く馬なので、正直大丈夫かなと半信半疑だったのですが、直線で追われての外からの伸び、、素晴らしくないですか??
この結論には前予想だけでは的中にたどり着けませんでした。


馬生では3連複82.3倍の的中だったようです、、おそるべし、、
--------------------
式別:3連複
方式:フォーメーション

1頭目:6
2頭目:1.7.11
3頭目:1.3.4.7.9.11

的中買目:3連複:1-6-11

回収金額:100円×552.0=82,300円
-------------------




そして、実は前予想部門のデータ解説・展開予想などもかなり充実している馬生



当日の生情報だけでも、一度試してみて損はないと思います。

※リンク先でメールアドレスを入力し、届いたメールのリンクをクリックで完了です。


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△