カシオペアステークス2016 結果回顧(速報) ヒルノマテーラが外目から差し切る


ラップタイムの評価

カシオペアステークス(35.4-35.9-34.8 =1'46"1少掛~掛??) テン少し緩く、中盤少し早く、上がりが平均的。中弛み風味の上がり勝負で、前・内に付けたキレ(=トップスピードと急加速力)上位馬が有利。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


ヒルノマテーラ(54.0kg・前走比+3.0kg)

挙動:
 ゲート普通?控えて後方から。 3・4角後方、内から2・3頭分? 直線、外目から終いまでしぶとく伸びて差し切る。
短評:
 前後やや不利、展開-コース形状と能力適性がやや一致。 持ち味の末脚を発揮して差し切り。末脚のバランスに優れますが、持続力優位なのでキレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が高い条件ではパフォーマンスの低下に注意。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:16'カシオペアS 54.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、太さ普通、角度不明。飛節不明。 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の中距離◎??(マイル▲??) 荒れ馬場▲??道悪?? 先行力:G?(追い込みに変化) 底力(=ハイペース耐性)E-(甘め)? キレF(甘め)? 持続力E-? 総合力でE(甘め)~E-?相当


━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ AR共和国杯(G2) ■■

自信のペナルティ付き!もし、この
AR共和国杯を3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:AR共和国杯200-200.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━

G1の谷間に行われる名物ハンデG2であるアルゼンチン共和国杯。東京芝2500mという特殊な条件も相まって『波乱』のイメージが強い方もいるだろうが、それは半分正解で半分不正解。確かにここ10年での3連単の平均配当は13万円オーバーという高い数字であるが、人気別の成績は至ってシンプル。10年間で3番人気以内の馬が実に8勝。3連単の平均配当が高まるのは、6番人気以下の伏兵が3着に飛び込んできているのが大きな要因。各種数字でもその差は歴然。

ではなぜ、谷間週のハンデ戦にもかかわらずそこまでの大波乱が起こっていないか。それはこのレースの施行時期が大きく関係している。天皇賞(秋)の直後であり、ジャパンCを使うとなると中2週、有馬記念を使うとなると中6週と十分な間隔をとることができる。そして舞台はJCと同じ東京コースというのだから、ココに出走するのはある程度G1を意識した馬たちである。これはローカルハンデG3とは大きな違いがある。ただしAR共和国杯はハンデ重賞。G1常連のような馬であると、かなりの酷量を背負わされることが濃厚。つまり、G1に出ることが厳しい/まだそこまでの賞金を持っていない馬の参戦が多い。G1出走するにはこのレースを勝たないと意味が無い、という状況が多い。

その馬の次の目標はどこか。その本気度はいかほどか。それさえわかればこのレースに対する本当のトーンや仕上げがわかってしまうのだ。当社は某陣営からも『G1へ向うために次走は賞金加算が最低条件。負けたら次ないくらいの気持ち』と色気タップリ。仮に情報通り激走すれば馬連で高配当になる事必至!【競馬セブン】では直前情報・天候・馬場状態を加味して、最終結論を当日に配信している。そして今回は特別に【アルゼンチン共和国杯 極秘3点勝負】を無料配信するので、興味のある方は是非情報を入手して参考にしてみてほしい。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■ AR共和国杯(G2) ■■

自信のペナルティ付き!もし、この
AR共和国杯を3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:AR共和国杯200-200.gif


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△