花園ステークス2016 結果回顧(速報) ヨヨギマックが最内から差し切る


ラップタイムの評価

花園ステークス(30.8-50.7-36.8 =1'58"3少早??) テン緩く、中盤少し早く、上がりがわずかに早い。この条件としては緩急の小さい流れ=中弛み風味の一貫ラップで、前目・内に付けた総合力上位馬が有利。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


ヨヨギマック

挙動:
 ゲート少し早い、はじめ押すとダッシュそこそこで好位。 1・2角好位、最内? 3・4角好位、最内? 直線、最内を突いてキレる脚で伸びて差し切る。
短評:
 前後少し有利、内外有利(馬場×展開)、展開と能力適性がほぼ一致? ややパワフルな足回りと血統(=SSが強くクロスしている)通り、ダートで芝指向の末脚を生かす競馬が合うようです。OP特別以上で好走するにはもう少し成長が必要になりそうですが、好走するとすればダ1900m~2100mなのでは。
適性チェック:(誤差に注意。 最終更新:16'花園S)
(誤差注)ツナギは長さ普通、太い、角度普通~やや寝る。曲飛節気味? 標準的なダートの中距離向き、血統は中距離向き(??)で、標準的なダートの中距離~中長距離◎?? 先行力:G+(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)FキレE-(甘め)? 持続力F(甘め)? 総合力でE-E-(甘め)?相当 斤量少注(キレ優位)


━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■ ジャパンC(GI) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
ジャパンCを3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
七騎の会:ジャパンカップ200-200.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年は古馬からはキタサンブラック、ゴールドアクター。3歳からディーマジェスティ、牝馬路線からルージュバック、ビッシュなど有力馬が顔を揃えた。だが抜けた存在はおらず一般的には混戦模様というイメージ。

ジャパンCを攻略する上で重要な臨戦過程。過去10年の傾向を見ると、天皇賞秋組[6- 6- 7-44/63]が圧倒的に良い結果を出している。ただしこのデータが今年は該当し難い状態にある。というのも今年の天皇賞秋は、例年よりもマイラー色の強いメンバー構成。レベル的にも疑問符が付く。続いて未知数な海外馬はどうかと言えば、ホームでの戦いとなるジャパンカップは日本馬が断然優位。別路線組では、人気を集めそうなキタサンブラックに不安材料がチラホラ。その一つがジャパンCは瞬発力勝負になりやすいという事。この馬は12戦して上がり最速をマークしたのは菊花賞の1度だけ。その他はデビュー戦以外4位以下の数字。先行型だけにリードがあれば問題ないが、ライバル馬にキレ負けする可能性は考えておかなければならない。

不安材料は別路線組のゴールドアクター、そしてアノ有力馬にもある。「それは‥‥とこれ以上はオフレコで言えないが」このレースも必ず『情報戦』になることは間違いない。競馬セブンは、創業19年徹底現場主義を貫き、騎手・調教師・生産者・牧場関係者・馬主など競馬サークル内の情報が入手可能な幅広い情報ルートを擁している。だからこそ揺るぎない本命軸馬から『馬連で3点まで広げればホボ確実に獲れる』とジャッジ。相手候補には「東京向きだから有馬よりもココが勝負。ゴールド、キタサンあたりが強そうだけど、キレ味勝負になれば負けないよ」と人気の盲点になりそうな伏兵の勝負情報も入手済み。この最終ジャッジに興味のある方は、当日13:30に無料配信する【ジャパンC馬連3点勝負】の情報を入手することをオススメする。

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■ ジャパンC(GI) ■■■

自信のペナルティ付き!もし、この
ジャパンCを3点で獲れなければ
2016年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
七騎の会:ジャパンカップ200-200.gif


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△