オーシャンステークス2017 データ(傾向と対策)


結果から考える狙い方「中山芝1200m・古馬G3~OP」
[期待値:F-G+?]=路盤改修のためか、以前より末脚の要求度がアップ。

 ▲+:先行力・底力に優れる逃げ・先行馬
   → EFEE-? キレ:FF-↑
   (キレ:F-G+?以下の場合、期待値ダウン。
     → 芝1400mの好走歴・距離適性が高ければ、相殺可。
       キレ不足の逃げ・先行馬がやや巻き返しづらくなる。路盤改修の影響など)
 ▲:底力兼備の末脚上位馬
   → or EE-
   (先行力:FF-?以下の場合、期待値ダウン。
     → 好走歴が「テンが上り坂の芝1200m」に偏っている馬など。
       後方から差すには、前後の不利が大きくなりやすい。
    直線でのゴチャつき、仕掛け遅れのリスクを忘れずに。持続力優位の馬は特に注意)

 注:枠順の影響=内枠やや有利・外枠やや不利?
   (コース形状から。馬場傾向による強弱の見極めが重要)
 注:斤量差の影響=±普通?
   (ダッシュ・先行力を中心に、総合力を増減。前走からの斤量の増減に注意)
 注:急坂巧者、平坦巧者の上げ下げ
   (期待値要素。時計の掛かる馬場やハイペースでは特注)
 注:路盤改修で、排水性が大幅に改善
   (雨中の競馬でないかぎり、雨の影響は限定的?)

 ×:底力不足の馬
   → 底力:E-F
   (≒同クラスの急坂実績で劣る馬。展開による要求度の変化に注意)


 コース形状(テン3Fをほぼずっと下る、大回り、やや短く&急坂が待つ直線)が前傾ラップを生みやすく、底力(=ハイペース耐性)の高さが重要になりやすい条件。
 テンの早さが下級条件とあまり変わらないこと(特に古馬OP特別は、条件戦より緩いペースになりやすい)に注意。

馬場傾向などの補足:
カーバンクルS=???
オーシャンS=少し内有利~内外フラット、末脚の要求度がやや高い?
 (路盤改修の影響か、内枠有利の傾向が弱まる?)
春雷S=評価基準の有効度ダウン
 (高松宮記念から日が浅く、出走馬やレースレベル、展開のバラつきが大きいため?)
ラピスラズリS=少し内有利~内外フラット?

「競馬予想情報の検証サイト」って見ることありますか?
予想サイトは今かなり流行ってしまって乱立気味なので、どのサイトが良質なのか、予め知るために、検証サイトや口コミサイトって結構役立ちます。


 仕事柄色々な競馬予想検証サイトを見て回るのですが、複数のサイトで高評価を得ていて気になったのがあるのでご紹介しておきます。

パーフェクトコネクション

あのイングランディーレで有名な清水美波調教師と、ダービーニュースで本紙まで務めた及川義弘元TMがタッグを組んで起ち上げたサイトだそうで。
「先月このサイトで買い続けてみたら的中率80%」など口コミがやたらとよかったので、
当方でも無料登録して潜入してみたのでレポです。


とりあえず無料情報の「1200円のお小遣い馬券」だけお試ししてみた。
名前の通り、1200円の馬券でお小遣い稼ぎをさせてくれるという無料コーナー。


こちら↓↓公開してしまってよかったのかわかりませんが、取り急ぎ抜粋です、、
【プラン名】1200円のお小遣い馬券(無料)
2/5 京都11R きさらぎ賞
----------------------------------------
<推奨馬とその根拠(抜粋)>
◎サトノアーサー(1番)

 デビュー戦から上がり最速をマークし、2連勝とポテンシャルの高さを見せるサトノアーサー。レース内容から、能力は世代でもトップクラスでここも通過点になる可能性大。3連勝であっさり初重賞制覇を成し遂げるはずだ。

 相手は開催が進んで馬場の外側が伸びるようになってきたため、外めの枠の馬を中心にシンプルにチョイス。


式別:馬連

方式:流し

軸:1
相手:3.4.5.7.8

組み合わせ数5点

-------------------------

レースはタガノアシュラが淡々と逃げて、サトノアーサーは後方から。重馬場で届くのだろうかと心配になる展開、、↓↓
直線ではアメリカズカップが早めに抜け出す。サトノアーサーは馬場を気にしてかなかなか伸びてこないが、なんとか力でダンビュライトを差したところがゴール!


ということで↓↓

【結果】
馬連1-7
回収金額:1,000円×9.6=9,600円
※上記購入額は競馬ブレーンの推奨に基づき筆者が購入していた金額です

けっこうシンプルな予想ではありましたが、、的確でしたね、、
無料での軽いお小遣い稼ぎとしては十分でした♪


おそるべし本格派、、パーフェクトコネクション
さすが天才トラックマン及川義弘監修だけのことはある。


競馬情報サイトはいろいろ試してきましたが、、
無料情報でもこういった高精度の情報提供をするサイトは初めてかも。


特にこのパーフェクトコネクションが信頼できると思ったのは、
不的中だった予想についてもきちんと公開していること↓↓

いつも当たったものだけを公開して的中を煽るサイトが多いのですが、
そこはさすが名ホースマンが監修しているだけのことはあって、誠実で嘘がありません。
的中に関しても、きちんとIPAT画像を提示して証明を取っています↓

手堅く儲けたい、本格派競馬サイトを体験してみたい方にはオススメです。


一回無料コンテンツだけでも試してみて損はないと思います。


※リンク先でメールアドレスを入力し、届いたメールのリンクをクリックで完了です。
※携帯スマホで受信できない場合@p-connection.co.jpのドメイン指定受信等の設定が必要です。

「傾向と対策」
 オーシャンステークス2017 データ(傾向と対策) [現在閲覧中の記事]

競馬ブログ トラコミュ
 オーシャンS(2017)
 オーシャンステークス2017
 オーシャンS データ分析



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 芝1200m限定
 中京(412.5m)>新潟内(359m)>阪神内(356.5m)
>京都内(328m)>中山(310m)>小倉(293.0m)
>福島(292.0m)>札幌(266.1m)>函館(262m)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説などの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例



いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。



プレ予想・データ(傾向と対策)の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >