中山記念2017 予想 アンビシャスは末脚最上位も前後の不利に注意


予想のポイント、印・買い目
 コース形状などから中盤以降のペースが引き締まりやすく、先行した底力(=ハイペース耐性)上位馬の期待値がやや高いレース。
 路盤改修の影響で末脚の要求度が高まったこと、芝2000m以上でしか実績のない馬は追走が忙しくなりやすいこと...などに注意。(土曜現在の予想 22:00頃に修正しました)

 ◎ アンビシャス [脚質リスク、斤量やや重い、末脚上位]
 ○ 人気ブログランキングへ [斤量◎=馬体比+斤量差、距離不安↑]
 ▲ リアルスティール [斤量重い×持続力優位=仕掛け遅れリスク、末脚上位]
 △ ロゴタイプ [前後○、末脚甘い、斤量重い]
 ▽↑ ネオリアリズム [急坂・小回り不安、馬場傾向次第では内外有利↑]

買い目はなるべくシンプルに。
3連複:◎○▲△▽


━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第91回 中山記念(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  中山記念を3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:中山記念200-200.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━

冬の東京・京都開催が終われば、いよいよ『春のトライアルシーズン』が幕をあける。今年は新たに大阪杯がGIに昇格したことで、古馬の中長距離戦線のトライアル戦もより熾烈な戦いとなることだろう。そこで注目したいのが開幕週に行われる中山記念だ。

近年ドバイへ向う馬達のステップレースになっていたわけだが、今年は大阪杯の前哨戦と言う事もあり、勝ち馬には優先出走件が与えられる(金鯱賞G2も同じ)。だから叩き台として挑む陣営と、勝つために出走してくる陣営と、勝負度合いが明確に分かれるレースになるはずだ。こういった傾向は中山記念だけでなく、トライアル重賞において共通して言える事。3歳戦ならすでに本番に出走できる権利・賞金を持っている馬と持っていない馬では、仕上げに大きな違いがでる。そういった部分を見極められるようになると、難解なトライアル重賞もグンと的中率がアップする。

ただこれらの情報は新聞だけでは見極められない部分が多い。だからこそ、幅広い情報網を持ち、生の情報を入手できる事は大きな強みがなるわけだ。創業から20年間、本物の情報をお伝えする【競馬セブン】は、馬券に直結する情報も無料で公開している。今回無料エントリーして頂いた方には情報・天候・馬場状態の全てを加味した最終的な勝負買い目を、レース当日13時30分頃に無料でメ―ル配信。本物の情報から導き出される【極秘馬連3点勝負】を是非お楽しみに!

  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ■第91回 中山記念(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
  中山記念を3点で獲れなければ
 2017年の全GIレースを無料配信!

  →3点勝負買い目を無料公開
 七騎の会:中山記念200-200.gif

━━━━━━━━━━━━━━━━━


競馬ブログ トラコミュ
 中山記念(2017)
 中山記念2017
 中山記念 データ分析


にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ



予想記事 目次
1. 予想のポイント、印・買い目
2. 前日の馬場傾向と当日の馬場の想定
3. 各馬の短評
3+. 評価を控えめにしたい人気馬

「傾向と対策」
中山記念2017 データ(傾向と対策)



前日の馬場傾向と当日の馬場の想定

中山競馬場 : 開催1/8週目、C→Aコース変更・使用1/5週目。月大雨、木小雨

 少し内有利(~内外フラット)で、時計レベルは土曜:掛かる??
 好走している血統は(土曜12Rまで、計5レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×8、Mr. Prospector系×5、Northern Dancer系×2で、推測される芝質は「重めの芝(前週比:-)」

 開幕週・土曜現在の中山芝をまとめると、「少し内有利(~内外フラット)の重めの芝で、時計レベルは土曜:掛かる??」

 明日にかけての天気は、良好な天気で風の影響も小さそう。土曜に近い~土曜より少し乾いた馬場を想定すると良さそうで、コースロスを抑えた人馬の期待値が高くなりそう。


馬場観察レース : netkeiba.com レース一覧

関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?



各馬の短評・適性チェック
能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)


◎ 6-7 アンビシャス(57.0kg・前走比-1.0kg/やや小柄+キレ優位)

短評:
 キレ・底力に優れる千八巧者?
 ここでの不安を強いて挙げるなら、先行力不足+昨年比+2.0kgの斤量。
 テンのスピード・先行力の裏付けは弱いままで、前後(+内外)が不利になる可能性が高いと思われます。さらに、前年比+2.0kgの斤量が持ち味の末脚を削ぐため、人気に見合う勝率があるか不安です。しかし、距離良し、小回り実績あり、負担斤量を考えても末脚の総合力がメンバー最上位...と、不安材料ばかりではありません。前残りの展開を注意しつつ、上位に評価したいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:16'天皇賞(秋))
 ツナギはやや短い~長さ普通(脚の長さ普通)?太さ普通~やや細い?角度普通。標準飛節。 標準~軽めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝の1800m前後◎??(マイル○?? 2000m▲??) 荒れ馬場・道悪▲?? ゲート:▲-? 先行力:G底力(=ハイペース耐性)D-キレD? 持続力:F? 斤量注(やや小柄+キレ優位)



人気ブログランキングへ(54.0kg・前走比-1.5kg/やや小柄)

短評:
 持続力を中心とした総合力に優れる中距離馬?
 ここで狙いたい理由は、斤量の有利さ。
 近走は中長距離での好走が多くなり、脚質は差しに変化。この現状では追走の忙しさから末脚が鈍る心配があります。しかし、路盤改修後の中山競馬場は末脚の要求度が高まったため人気上位馬との斤量差(4.0~3.0kgもの斤量差!)を無視するのは危険ですし、自身のやや小柄な馬体からも軽い斤量は単純にプラス要素。斤量差の影響は柔らかい良馬場ならさらに大きくなる可能性があり、テンが忙しくなりにくい中山芝1800mのコース形状なら追走が忙しくなりにくい可能性もあります。人気上位馬の1角を崩す走りに期待して評価を上げます。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:16'札幌記念+α)
(誤差注)ツナギはやや短い(脚の長さ普通?)、太さ普通?角度普通?(蹄は寝る)標準飛節? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝の2200m◎↑?(軽い芝○-?? 2000m○?? 2400m▲+↑? 1800m▲-↓?) 荒れ馬場▲?道悪△? 先行力:F-↓(甘め。差しにシフト)? 底力(=ハイペース耐性)E-? キレ:F↓持続力D-↓? 総合力でE↓?相当 斤量少注(やや小柄)



▲ 4-4 リアルスティール(58.0kg・前走比+1.0kg)

短評:
 底力・持続力を中心とした総合力に優れる中距離馬??
 ここでの不安は、急加速力不足×他馬より重い斤量。
 昨年 国内で連対したのが天皇賞(秋)(=負担斤量が重いレース)だけだったように、G1馬としては急加速力の裏付けが弱いまま。ここに他馬より重い斤量を背負うと、仕掛けどころで手応えが悪くなり後手後手に回る危険性があります。後手後手に回っても直線で巻き返せそうですが、人気に見合う勝率は疑っておきたいです。
 ちなみに、ディープインパクト×Storm Catの配合馬は4歳以降に2000m以上の勝ち星が激減(≒加齢とともに距離適性が短い距離に変化)する特徴があるそうです。5歳になったリアルスティールに変化があるのかどうかが楽しみです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:16'天皇賞(秋))
 ツナギはやや長い、やや太い、角度普通(蹄は寝る)。直飛節。 重めの芝の中距離向き、血統は中長距離向き(??)で、重めの芝の中距離◎??(軽い芝▲+?? 中長距離○↓?? マイル△+↑??) 荒れ馬場○-?道悪▲-? ゲート:▲+? 先行力:F底力(=ハイペース耐性)D? キレ:E-持続力D? 総合力でC-?相当 広いコース○?小回り▲+? 全兄:ラングレーなど



△ 7-9 ロゴタイプ(58.0kg・前走比+1.0kg/逃げ・先行馬)

短評:
 底力・先行力に優れるマイラー~千八巧者?
 ここでの不安を強いて挙げるなら、末脚不足。
 上がり1位の経験がゼロの通り末脚が甘く、好走確率を上げるには後続の末脚を削ぐ展開が必要だと思われます(中間の雨で柔らかい馬場はむしろマイナス)。とはいえ、中山競馬場のマイルに近い条件は大得意で、人気の差し・追い込み馬を相手に前で競馬ができることも好材料。近走で末脚に少し改善が見られる+昨年の中山記念で先着された馬との斤量差が小さくなるので、前で粘るシーンに期待します。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:16'安田記念)
 ツナギは長さ普通、太さ普通、角度普通(蹄は立ち)。直飛節。 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統は短~マイル向き(??)で、標準的な芝の1600m◎?(軽い芝○? 重い芝▲? 1800m○-↓? 2000m▲↓?) 荒れ馬場▲?道悪△-?(レース振りから) 先行力E底力(=ハイペース耐性)D? キレ:F? 持続力:-(低い。大跳び)



評価を控えめにしたい人気馬

▽↑ 1-1 ネオリアリズム57.0kg・前走比±0.0kg)

短評:
 底力・持続力に優れる中距離馬??
 ここでの不安は、急坂+急加速力不足。
 昨年の札幌記念 以降、直線平坦コースで高いパフォーマンスを発揮。しかし、急坂コースでは16'札幌記念 以前とはいえ3戦して未勝利。頭の高い走りからも急坂コースでのパフォーマンス低下が疑われます。また、急加速力の裏付けが弱いネオリアリズムにとって「仕掛けどころに下り坂が無いこと」「逃げを争う人馬が複数いること(=番手以下の競馬になるリスクが高いこと)」「他馬よりやや重い斤量を背負うこと」はマイナス要素で、好走歴が大回りや外を回ったときに集中していることも小回り気味の中山内回りでは不安要素(同じ理由から最内枠もネオリアリズムにはプラスにならないと考えます)。ここでは能力を発揮しづらいと思われ、連を外すシーンを前提に考えたいです。
適性チェック:(最終更新:16'マイルCS 57.0kg)
 ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、太い、角度普通(蹄はやや寝る)。直飛節気味。 重い芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、重い芝の1800m前後◎??(軽い芝▲? 2000m○?? マイル▲??) 荒れ馬場○?道悪▲-? 先行力:F?(※) 底力(=ハイペース耐性)D? キレ:F(甘め)? 持続力E?(※) 総合力でD?相当 ※ 持続力を先行力に傾けて発揮可? 大回り・平坦○?小回り・急坂▲+?(頭高い、大跳び) 半兄:リアルインパクトほか



3-3 ヴィブロス(54.0kg・前走比-1.0kg/非常に小柄)

短評:
 末脚のバランスに優れる中距離~中長距離馬??
 ここでの不安は、マイル指向の追走スピード≒底力不足。
 500万下以上で好走しているのが芝2000mに限られるように、マイル指向の追走スピード≒底力(=ハイペース耐性)の裏付けは弱く、追走の忙しさから末脚が鈍る可能性が高いと思われます。柔らかい馬場(注:中間の雨で開幕週でも柔らかい馬場が見込まれる)でのパワー不足も心配で、厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:16'秋華賞)
 ツナギはやや長い、細い、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節。 軽い芝の中距離~中長距離向き、血統は中距離向き(?)で、軽い芝の中距離~中長距離◎??(マイル△~▲??) 荒れ馬場・道悪△?? 先行力:G底力(=ハイペース耐性)FキレF持続力F-? 斤量特注(非常に小柄+キレ優位?) 全姉:ヴィルシーナほか



7-8 ツクバアズマオー(56.0kg・前走比-0.5kg)

短評:
 底力・持続力に優れる中長距離~中距離馬??
 ここでの不安は、芝1800mでの実力不足。
 中山芝2000mでOP特別、G3と連勝。その前にはオールカマーで3着に好走するなど、スタミナ寄りの中距離では力を付けています。しかし、スピード寄りの中距離である芝1800mでは巴賞 3着が最高で、他の人気上位馬と比べて実力で大きく劣ります。距離短縮に向く適性も、開幕週の馬場で通用するキレ(=トップスピードと急加速力)も示しておらず、厳しいレースを強いられるのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(最終更新:17'中山金杯 56.5kg)
 ツナギはやや長い~長い、太さ普通、角度普通。標準飛節。 標準的な芝の中長距離~長距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、重い芝の2200m前後◎??(軽い芝▲??) 荒れ馬場・道悪○??(馬場適性に血統によるプラス修正含む) 先行力:G?? 底力(=ハイペース耐性)E(甘め)? キレ:F(甘め)? 持続力E(甘め)? 総合力でE(甘め)?相当


PR【とにかく無料で稼ぐ!】情報元は元JRA騎手!

今週末の中山記念(G2)をターゲットレースとし、
元JRA騎手 大塚栄三郎が驚きの買い目を特別無料公開してくれます!

元JRA騎手だからこそ入手できる情報があります。
この無料公開の買い目を使って、中山記念(G2)で10万円獲ります!

メールで重要な情報を公開中
→ http://crown-t.com/index.php?aficd=ad34
※ドコモやauなどメールが迷惑フォルダーに行ったりと届きづらくなっているそうです。
gmailやyahooなどのフリーメールでの登録を推奨します。


元JRA騎手 大塚栄三郎が「 これは本物 」と判断した情報から、
情報提供があります。

口コミサイトでは、大塚栄三郎予想で、
8番人気の穴馬を軸にして、4点で8万馬券を取ったなど、
高評価の記事が多数掲載されていました!
市場の評価はいいようですね!

先日の高配当的中は、人気順7.6.5の3連単を的中させ、
格の違いを見せてくれました!
========================

2017年2月11日(土) 東京11R 銀蹄ステークス
3連単 15-06-02 配当:189,540円
推奨1点1,000円購入で、1,895,400円獲得!! 
1着:ポイントブランク(7番人気)
2着:ラインシュナイダー(6番人気)
3着:ワンダーサジェス(5番人気)

========================
馬単でも172倍という難関レースで3連単を持ってくる!
この予想は自分にはできません。
この馬の選定をしてくるのは不可能に近いと思います。

オッズに関係なく選定できるという事は、それなりの内部情報がないと
難しいかもしれません。

「本物の情報」を手にしたいなら、予想する人を選ぶべきですね!

元JRA騎手 大塚栄三郎が、中山記念(G2)で10万円獲る!
メールにて特別無料公開中!
→ http://crown-t.com/index.php?aficd=ad34
※ドコモやauなどメールが迷惑フォルダーに行ったりと届きづらくなっているそうです。
gmailやyahooなどのフリーメールでの登録を推奨します。


芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△