中山牝馬ステークス2017 トーセンビクトリー:出走予定登録馬 武兄弟で全5勝、斤量も軽くチャンス


トーセンビクトリー(53.0kg・前走比±0.0kg/小柄)

短評:
 底力・持続力に優れる中距離馬??
 ここで狙いたい理由は、実力に比べて軽い斤量。
 別定の準OPを2勝しているにも関わらずハンデは53.0kg。実力に比べてハンデが軽く、斤量差で補正した実力は人気上位馬を逆転できるレベルだと思われます(ちなみに、中山牝馬Sの平均レースレベルは準OP相当)。乗り慣れた武 豊騎手なら気性難もフォローしやすく(トーセンビクトリーの全5勝は武豊騎手で3勝、武 幸四郎元騎手で2勝)、前半をゆったり入って後半に長くいい脚を使えれば勝ち切るシーンまで期待します。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:16'アンドロメダS 53.0kg)
 ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、太さ普通、角度普通。直飛節気味? 標準的な芝の中距離向き、血統は中距離向き+気性難で、重い芝の1900m前後◎??(軽い芝▲?? 1800m・2000m○?? マイル▲??) 荒れ馬場・道悪○?(レース振りからプラス修正) 先行力:G+?(行きたがる気性残る) 底力(=ハイペース耐性)E-? キレ:F-持続力E-? 総合力でE-?相当 斤量注(小柄) 全兄:トゥザグローリーほか


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週に更新)


あなたは今、何を頼りに競馬予想をしてますか?

予想家・新聞・情報会社・予想システム・・・

大体こんな感じでしょうか?


ただ、もし、

現状の結果に満足していないなら、
今こそ使うべきは

   "競馬指数"ですよ。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

と、いいつつ

→どうせ指数なんて使いこなせない
→どうせ指数なんて点数が多くなるだけ
→どうせ指数なんて高配当を狙えない

なんて固定概念バッチバチで、
競馬指数に良い印象なんてなかったんですけどね。


ただ、時代は進みんでるんですね。


最近使っている最新の競馬指数『コラボ指数』。

こやつには度肝を抜かれまくりましたよ!


なぜって・・・


 ■1レースたった30秒で買い目が出せて
 ■レースも1日5レースくらいに絞れて
 ■2桁人気の穴馬もバッシバシ見抜ける

もう、自分で予想するのが、
バカらしくなるほどの精度なんですよ。


まぁとにかく一回見てください。

『一度使えばやみつきになる』

この言葉がウソじゃないとすぐにわかるでしょう。
↓↓↓
http://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3295


「傾向と対策」
 中山牝馬ステークス2017 データ(傾向と対策)

競馬ブログ トラコミュ
 中山牝馬S(2017)
 中山牝馬ステークス2017
 中山牝馬S データ分析



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力F底力(=ハイペース耐性)E? キレ:G+持続力D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△