弥生賞2017 ダイワキャグニー:出走予定登録馬 総合力高く、位置取りの利を生かせれば怖い存在


ダイワキャグニー


 総合力に優れるマイラー~中距離馬??
 ここで狙いたい理由は、総合力の高さ。
 2勝はいずれも後傾の中弛みラップを先行して押し切ったもので、位置取りこそ有利ですが総合力の高さを示しています。弥生賞は強気に仕掛ける人馬の少なさが影響してか中弛みラップになりやすいため、近2走の経験を生かしやすいはず。中盤が引き締まった展開になると能力を維持できるかは未知数ですが、前哨戦の弥生賞なら中盤が緩む可能性が高いと見て相手候補として評価したいです。
(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:17'セントポーリア賞)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴がやや短い or 後脚がやや長い)、太さ普通、角度普通。標準飛節? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝のマイル~中距離◎?? 荒れ馬場・道悪▲?? G+G+(甘め。推定値)? F-(甘め)? 持続力:-(不明) 総合力でF-(甘め)?相当


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週に更新)

PR【とにかく無料で稼ぐ!】情報元は元JRA騎手!

今週末の弥生賞(G2)をターゲットレースとし、
元JRA騎手 大塚栄三郎さんが10万円稼ぐ買い目を特別無料公開してくれます!

元JRA騎手だからこそ入手できる情報があります。
この無料公開の買い目を使って、弥生賞(G2)で10万円獲ります!

メールで重要な情報を公開中
→ http://crown-t.com/index.php?aficd=ad34
※ドコモやauなどメールが迷惑フォルダーに行ったりと届きづらくなっているそうです。
gmailやyahooなどのフリーメールでの登録を推奨します。


元JRA騎手 大塚栄三郎が「 これは本物 」と判断した情報から、
情報提供があります。

口コミサイトでは、大塚栄三郎予想で、
8番人気の穴馬を軸にして、4点で8万馬券を取ったなど、
高評価の記事が多数掲載されていました。
市場の評価はいいようです!

先日の高配当的中は、人気順7.6.5の3連単を的中させ、
格の違いを見せてくれました!
========================

2017年2月11日(土) 東京11R 銀蹄ステークス
3連単 15-06-02 配当:189,540円
推奨1点1,000円購入で、1,895,400円獲得!! 
1着:ポイントブランク(7番人気)
2着:ラインシュナイダー(6番人気)
3着:ワンダーサジェス(5番人気)

========================
馬単でも172倍という難関レースで3連単を持ってきました!

競馬関係者から直通情報をくれるので、オッズに関係なく予想ができます。
ということは、的中確率は高くなり、穴も入ります。

「 本物の情報 」を手にしたいなら、予想する人を選ぶべきですね!

元JRA騎手 大塚栄三郎が、弥生賞(G2)で10万円獲る!
メールにて特別無料公開中!
→ http://crown-t.com/index.php?aficd=ad34
※ドコモやauなどメールが迷惑フォルダーに行ったりと届きづらくなっているそうです。
gmailやyahooなどのフリーメールでの登録を推奨します。


「傾向と対策」
 弥生賞2017 データ(傾向と対策) [なし]

競馬ブログ トラコミュ
 弥生賞(2017)
 弥生賞2017
 弥生賞 データ分析



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説などの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例



いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。



弥生賞 2018 予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >