大阪杯2017_結果回顧 キタサンブラックがペースを実質的に支配して押し切る


 2番手推定では中盤の緩い上がり勝負+内回りは少し内有利の馬場で、前に付けた&持続力優位の総合力上位馬が有利。  大阪杯の回顧をしていきます。
回顧記事 目次



芝の馬場傾向 回顧馬場傾向 回顧よりコピペ)

阪神競馬場 : 開催6/8週目、A→Bコース変更・使用1/3週目。金午後雨?

 内外フラット~やや外伸び(内回りは少し内有利)で、時計レベルは土曜:標準??日曜:標準~少し掛かる?? 好走している血統は(日曜12Rまで、計10レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×23、Mr. Prospector系×4、Northern Dancer系×2、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1で、推測される芝質は「標準的な芝(前週比:変わらず)」

 6週目の阪神芝をまとめると、「内外フラット~やや外伸び(内回りは少し内有利)の標準的な芝で、時計レベルは土曜:標準??日曜:標準~少し掛かる??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?



ラップタイムの評価

2017 35.5-48.1-35.3 =1'58"9
2番手 36.1-48.3-34.5 =1'58"9標準~少掛?

平均 36.8-48.0-34.3 =1'59"1少早?(2011~16、大阪杯、良馬場、計4レース)

※「3F-4F-3F =10F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると、G2時代の平均と比較。テン早く、中盤少し緩く、上がりが少し掛かる。このクラスとしては中盤の緩い上がり勝負で、前に付けた&持続力優位の総合力上位馬が有利。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)



キタサンブラック(57.0kg・前走比±0.0kg/逃げ・先行馬-キレ不足)

挙動:
 ゲート普通、少し抑えながらじわりと先行。 1・2角2番手集団番手~先行、内から1・2頭分? 3・4角2番手集団番手→先頭横並び、内から3頭分? 直線、内目→馬場の真ん中を終いまでしぶとく伸びて押し切る。
短評:
 前後やや有利、展開と能力適性がほぼ一致? ペースを実質的に支配して騎乗馬の余力を残した好騎乗>武 豊騎手 キタサンブラック自身は持続力を中心とした総合力に優れ、中長距離~長距離では死角らしい死角がありません。宝塚記念(=大阪杯よりテンが早くなりやすいコース形状)や天皇賞(秋)(=中距離指向のキレの要求度が高い)なら期待値が少しだけ下がるかもしれませんが...。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:17'大阪杯 57.0kg)
 ツナギは長さ普通(脚はやや長い~長い)、太さ普通(蹄はやや大きい)、角度普通(蹄は寝る)。標準飛節。 標準的な芝の芝の中長距離~長距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、重めの芝の中長距離◎?(長距離○? 中距離▲+??) 荒れ馬場○-?道悪▲? 先行力D-底力(=ハイペース耐性)C-(甘め)? キレ:E-(甘め)? 持続力C-? 総合力でB-?相当 急坂:○-↑? 斤量少注(逃げ・先行馬-キレ不足) 大跳び



マカヒキ(57.0kg・前走比±0.0kg/キレ優位?)

短評:
 前後・内外とも不利、展開と能力適性がややズレる? 2番手推定ではペースが緩んだことで、前後・内外の不利が大きくなってしまいました。追い込み馬だけに今後も似たような不利を受けて勝ち切れないシーンに気をつけたいです(自戒)。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:17'大阪杯 57.0kg)
 ツナギはやや長い(後脚長い)、太さ普通、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節? 標準的な芝の中長距離~長距離向き、血統は短~マイル向き(??)で、標準的な芝の中距離◎↑??(中長距離○↓??) 荒れ馬場▲?道悪△?(レース振りからマイナス修正) 先行力:G底力(=ハイペース耐性)EキレD-?? 持続力E?? 総合力でD-?相当 全姉:ウリウリ(距離適性の変化に注意)



結果から考える狙い方「大阪杯」
[期待値:D-E?]

 ○:底力・持続力を中心とした総合力上位馬
   → 先行力D-E底力(=ハイペース耐性)C-D? キレ:EE-持続力C-D?(2.5個以上?)
   (信頼性は「持続力優位≧先行力優位>キレ優位」?
     → キレ優位の馬の信頼性がG2時代やG3より低い? コース形状+負担斤量の重さによる。
     → 芝2000m以上の重賞好走歴のある馬が有利で、芝1800m以下がベストの馬は期待値ダウン。
    先行力:F-G+?以下の場合、期待値ダウン。
     → 展開に左右されやすくなり、前後・内外の不利もやや大きくなりやすい
       もともとテン>上がりになりやすいコース形状+馬場の耐久性向上で影響度アップ)

 注:枠順の影響=フラット?
   (影響度が「実力+適性>枠順」?
    内枠=コースロスを抑えやすい、外枠=仕掛けどころで動きやすい)
 注:斤量差の影響=±小さい?
   (底力・持続力が重要なため影響度小さい)
 注:小回りが苦手な馬、非力な馬
   (いずれもマイナス要素。長い直線向きの馬、平坦巧者など)

 ×:底力・持続力を中心とした総合力で劣る馬
   → 先行力:E-F? 底力:D-E? キレ:FF-? 持続力:D-E
   (≒G2以上の重賞実績で劣る馬。展開による要求度の変化に注意)


 コース形状(スタート直後に急坂、小回りの1・2角、やや急な3角、3~4角中間は疑似直線で残り800mから下り坂が急になる、直線は150mほどの下りの助走区間をへて急坂)などから、ロングスパート勝負になりやすく、G2時代は実績上位馬(≒上位人気馬)が崩れにくかったレース。
 キレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が「金鯱賞より高く(3角進入時にブレーキが掛かりやすい+急坂が中京より穏やかなため...など)天皇賞(秋)より低い(3~4角の上り下りが逆で、直線の坂が東京よりキツイため...など)と推測されること、キレ優位の馬はG2時代より期待値が低くなっていると推測されること(G1昇格に伴う負担斤量増のため)...などに注意。


盲点発見!!

うまコラボがどんなサイトなのかがわからず、
うまく使いこなせていない人がたくさんいた!


うまコラボとは、ガッチリ予想を提供する競馬サイトではありません。
全レースを対象に、血統情報やスピード指数などによって、
【 各レースで勝率の高い馬を順番に示してくれるサイト 】です。
こんな感じです。
→ http://www.collabo-n.com/lp/opt/?ad_id=3295
※一部コンテンツを利用すると買い目の提供があります。


つまり、その辺で良く見る買い目提供している
よくわからない競馬予想サイトと同じ目線でみたら間違いです。

■うまコラボ=競馬予想サイト ではなく、
■うまコラボ=競馬予想補助サイト と考えた方が正解です。

なんだ、ショボイな。と思った人いると思いますが、
それは、実は逆。

■競馬予想サイト=買い目提供=適当予想可能。
(買い目だけ出せばいいから)
■うまコラボ=データから勝つ馬を順位付け=情報に狂いがない。
(実際の結果・データからシステムで情報を出しているから狂いようがない)

もちろん日や週によって的中率に差はでてきますが、
トータル的に複勝は93%、3連単は37%の高的中率を
キープできているデータです!
その証明に、過去の的中データをすべて公開!
→ http://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3295

そもそも、買い目提供しているサイトに数万円を入れて
買う人がまだいるんですね。

それって、競馬サイトの思うつぼですよ。
スロットで言うと、設定6の札が刺さった台をぶん回してるけど、
実は設定1だったというオチです。
まず、当たりませんから。
数百万配当がでる馬券を、1つの予想サイトだけじゃなくて、
どの予想サイトもバンバン当ててたら、オッズ狂いまくりですよ。

予想を買いたいなら、有名ブロガーさんの予想を見た方が、
絶対にいいですし安心です。研究してますからね。


それでも!自分の知識と考え方で、自信を持って予想をする!
そして的中をつかみ取る!!

これが競馬の醍醐味であり、ギャンブルの醍醐味じゃないですか?
自分流!ってやつですよね。

youtubeでもやってますが、
競馬好きのある俳優さんと競馬予想で有名なあるお笑い芸人さんが、
ある企画で、そのお笑い芸人さんの予想がすごいから乗っかって稼ごう!
みたいなことをやってて、単勝5万勝負。
でも、その俳優さんはパドックで馬を見て燃えたのか、番組企画を無視して
自分流の予想で勝負。そしたら1着的中40万??くらい配当を得るという!
お笑い芸人さんの予想馬は、まさかの最下位!!!
番組企画そっちのけで、俳優さんに軍配が上がりました!


要は、プロが予想しているから。とかあの予想はすごいからとか、
そんなの関係ないんですよ。競馬って生き物ですし、
何が起こるかわからないから、ある意味自分の信念が大事なんです!

でも当たらないとやっぱり面白くないので、
その的中率を上げる補助が、うまコラボってわけですね。

データはウソつきませんから。
いくら検索しても出てこない過去レースデータ、
資料にまとめ切らない競走馬データ、血統、
土日開催、全72レース・・・
各馬の情報は毎週毎週、何百頭分集めればいいんだよ!!



そのデータを蓄積しているのが、うまコラボ。
一瞬で毎週全レース対象、各レースでこのデータから割り出した
勝率の高い馬を順番に示してくれます。


内容をまとめると、
「 うまコラボ+自分の予想 」
これが、的中率向上と競馬を最高に楽しめる方法になると思います!

興味もった人は、ぜひ使ってみて下さい。

今週のレース情報公開は金曜夜、土曜夜です。
北条ブログでは、今週は桜花賞を解説すると思います。

※※情報を見る方法※※

IDとパスワードを打ち込む必要があります。
そうしないと勝つ馬の情報は見れません!!

ドコモでもgoogleでも何でもいいですが、
メアド入力してメールを受信。

そのメールに「本登録手続きはこのURLを開いてください。」とあるので
【 URL】をクリック

うまコラボ
あなたの本登録が完了しました

ただ、このページはまだ、うまコラボのサイトではありません!
IDとパスワードがでてきますが、一旦通過して、
見知らぬおじさんが数名出てきますが、興味ある人は記事を読んで、
一番下のちょっと上、うまコラボのボタンをクリックでサイトにとびます。

そこでIDとパスワードを打ち込んだら・・・

「 今週のコラボ@指数 」をクリックで、勝つ馬ドーン!!!です。


コチラからうまコラボへ無料登録できます。
→ http://www.collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3295



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)



関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△