天皇賞(春)2017 シャケトラ:出走予定登録馬 中長距離での好走はハイペースで、距離の長さに不安


シャケトラ(58.0kg・前走比+3.0kg)


 持続力・底力に優れる中長距離~中距離馬??
 ここでの不安は、距離の長さ・持続力不足。
 芝2000m~芝2500mで安定した成績を残していますが、芝2400~2500mでの好走はいずれもハイペース(≒距離短縮への適性を示すレース内容)。芝3200mへの距離延長となると、距離の長さ・持続力(≒距離延長への適性)からパフォーマンスが低下する心配があります。前走比+3.0kgの斤量増もマイナスで、人気なら控えめな評価から考えたいです。
(プラス修正に注意。 最終更新:17'日経賞 55.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い?太さ普通?角度普通~やや寝る?標準飛節? 標準的な芝の中長距離向き、血統は中距離向き(??)で、標準的な芝の2300m前後◎??(2500m○-~▲+↑?? 2000m▲??) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:G+D-? キレ:FD? 総合力でD-?相当


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)


最近見かける〔うまコラボ〕の指数とは?


無料版でも、有料版(月額1,980円)と同じレベルの情報を閲覧可能
※無料版で見れるレースは各競馬場の第6レースまで
有料版のみ、おすすめ度の高いレースと推奨の買い方を紹介致していますが、
最初から有料版を利用することは出来ません。

→ http://collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3295


このサイトを見ただけで、万が一あなたに自信が付いてしまってはいけません。
今週末の結果をご自身で体感してもらった上で、ご紹介させて頂きます。
指数はレース前日から見られるので、前日の内に馬券を購入出来ます。

前日の内に馬券の購入まで済ませれば、レース当日に他の情報に惑わされることが無く、
無駄な馬券を買わずに済みます。

無料版でも有料版でも、2014年からのデータを閲覧出来る

今週末のレースでコラボ指数の効果を体感して頂けますが、
その前にこれまでの実績を確認することが出来ます。
競馬初心者でも安心!電話やメールで対応致します

指数を見ればそのレースに出走する馬の能力値が分かるので、競馬を始めたばかりの人でも安心です。
分からないことは、メールだけでなく電話でも対応致しますので、土日もご安心ください。
指数はオッズと違い変化しないので、感情が左右されることもありません

コラボ@指数の複勝連勝数は過去2年で最高77連続的中!
これまでの的中しない日々が変わります。

→ http://collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3295


高配当の馬券も指数がしっかり押さえます
能力値は高いのに、これまで見過ごしていた穴馬を拾えます。
過去2年の最高配当は722,230円、高額配当の馬券も獲得できます。
穴馬情報が欲しいという方にも、うまコラボの指数は適しています

以下はうまコラボが提供する競馬データ【コラボ@指数】です。
血統~適正まで
様々な条件をまとめて解析を行い、指数として出しています。
その精度は、
三連単 37.2%
馬単 58.3%
ワイド 81.9%
複勝 93.2%
単勝 83.3%

天皇賞春からうまコラボをはじめてみる
↓↓
→ http://collabo-n.com/lp/cheer/?ad_id=3295


「傾向と対策」
 天皇賞(春)2017 データ(傾向と対策)

競馬ブログ トラコミュ
 天皇賞・春(2017)
 天皇賞春2017
 天皇賞・春(GI)
 天皇賞(春) データ分析



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説などの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例



いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。



天皇賞(春) 2018 予想の詳細を見る

最新記事一覧

もっとみる >