新潟大賞典2017_結果回顧 サンデーウィザードが馬場の真ん中から差し切る


 中弛み風味の後傾ラップ+中伸び~外伸び馬場で、前・内に付けた末脚上位馬が有利。  新潟大賞典の回顧をしていきます。
回顧記事 目次



芝の馬場傾向 回顧馬場傾向 回顧よりコピペ)

新潟競馬場 : 開催2/4週目、Bコース使用2/4週目。土雨?日南西の風(≒正面向風)やや強い?

 土日で馬場傾向異なる。
 土 : 内外フラット(急速に荒れる)で、時計レベルは土曜:極めて酷く掛かる↓↓?? 好走している血統は(土曜12Rまで、千直除く、計4レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×4、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×4、Northern Dancer系×3、Mr. Prospector系×1で、推測される芝質は「重めの芝(前週比:)」
 日 : 中伸び~外伸びで、時計レベルは日曜:少し掛かる↑↑?? 好走している血統は(日曜12Rまで、千直除く、計4レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×9、Mr. Prospector系×2、Northern Dancer系×1で、推測される芝質は「標準的な芝(前週比:変わらず)」

 2週目の新潟芝をまとめると、「土日で馬場傾向異なる。
 土 : 内外フラット(急速に荒れる)の重めの芝で、時計レベルは土曜:極めて酷く掛かる↓↓??
 日 : 中伸び~外伸びの標準的な芝で、時計レベルは日曜:少し掛かる↑↑??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?



ラップタイムの評価

2017 35.7-48.4-34.5 =1'58"6稍重・少掛↑↑?
G3平 36.0-47.9-34.2 =1'58"1標準~少早?(2012~16、G3、良馬場、番手含む、計7レース)

※「3F-4F-3F =10F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると(G3平均と比較)、テン早く、中盤わずかに緩く、上がりがわずかに早い。中弛み風味の後傾ラップで、前・内に付けた末脚上位馬が有利。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)



サンデーウィザード(55.0kg/小柄↑+キレ優位?)

挙動:
 ゲート少し早い?少し押すとダッシュそこそこで中団前目。 3・4角中団前目~好位、内から2頭分? 直線、馬場の真ん中(馬群は横に大きく広がる)から2着馬と追い比べながらキレる脚で差し切る。
短評:
 斤量やや有利(馬体比+キレ優位?+斤量差)、前後・内外とも少し有利、展開と能力適性がほぼ一致? これまでより前目に付けた石橋脩 騎手の好判断でした。馬自身は今回の優勝も条件戦での2連勝も「テン>上がり」というラップでのもので、末脚の総合力が充実してきています。ただ、テンのスピード・先行力で大きく劣るので、平均ペース以上の芝1800mでは追走が忙しくなりやすいのでは。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:17'新潟大賞典 55.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い(脚は長さ普通)、太さ普通、寝る。標準飛節? 標準的な芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向きで、標準的な芝の中距離◎??(1800m▲??) 荒れ馬場▲??道悪△?? 先行力:G+底力(=ハイペース耐性)E-? キレ:E持続力E-? 総合力でE(甘め)?相当 斤量注(小柄↑+キレ優位?)



マイネルフロスト(57.0kg)

挙動:
 ゲート普通、ダッシュ良好でほぼ馬なりで番手。 3・4角番手、内から1・2頭分? 直線、馬場の真ん中(馬群は横に大きく広がる)から勝ち馬と追い比べながら終いまでしぶとく伸びて2着。
短評:
 斤量差不利、前後有利、展開-コース形状と能力適性がやや一致? ブリンカー効果か近走より高い先行力を見せての粘り込み。勝ち馬との斤量差を考えるとサマー2000シリーズでの活躍が期待できるレベルに調子を戻しているのでは。キレ(=トップスピードと急加速力)の裏付けは変わらず弱いので、キレの要求度が高い条件では苦戦に注意。
適性チェック:(マイナス修正に少し注意。 最終更新:17'新潟大賞典 57.0kg)
 ツナギは長さ普通(脚はやや長い、胴はやや短い)、やや太い、角度普通。直飛節? 重めの芝の1800m前後向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、重い芝の2200m◎?(2000m○? 1800m▲?) 荒れ馬場○?道悪▲? 先行力E-(甘め↑)? 底力(=ハイペース耐性)E? キレ:F-持続力E-(甘め↓。先行力寄りにシフト)? 総合力でE?相当 大跳び



結果から考える狙い方「新潟芝2000m・古馬G3」
[期待値:F(甘め)~F-?]=展開がかなり幅広い。
6頭程度の馬連BOX買いなど、軸馬を決めずに的中率を上げる対策を推奨。
【!】 ディープインパクト産駒が過去に5連勝(14'新潟記念~16'新潟記念)

 ▲+:キレを備えた持続力上位馬
   → 先行力:E-F? 底力:EE-キレEE-持続力D-E?(2.5個以上?)
   (信頼性は「持続力優位≧キレ優位≧先行力優位」?
     → 「最長の直線での上がり勝負」になりやすいため、キレ不足の場合にはそれを補う能力が必要
       末脚の信頼性は、展開や該当馬の距離適性によっても変化。
    先行力は、他の人馬との比較で上位なら最小限でも可。
     → 先行力上位 or 騎手が前付けしそうな場合、キレ・持続力を甘めに評価可。
    先行力:G?以下かつ後方待機の場合、期待値ダウン。
     → 後方から差すには、前後の不利が大きくなりやすい)

 注:枠順の影響=内外フラット??
   (開催時期、馬場傾向による変化に注意)
 注:斤量差の影響=±普通?
   (展開に依存。末脚を相対的に増減)
 注:風の影響=大きい?
   (直線の割合が高いため。西風≒向正面追い風、ハイペースの誘発要素)
 注:平坦巧者・リピーターの巻き返し、パワータイプのパフォーマンス低下
   (平坦巧者・リピーターは、京都外回り、新潟や東京など長い直線での実績に注目。
    同コースのリピーターは特注。最長の直線、極端な小回りはいずれも唯一の特徴。
    パワータイプは、馬場適性がズレやすく&平坦でのキレで劣りやすい)

 △:キレで劣る馬
   → キレ:E-
   (先行力上位なら相殺可。 例:上がりの掛かる中距離戦を差して好走した馬)
 △:持続力で劣る馬
   → 持続力:E-
   (先行力上位なら軽減可。 例:芝2200m以上かつOP特別以上の実績で劣る馬)


 コース形状(向正面の長い直線、上りながら進入する極端に小回りの3・4角、3角途中から直線にかけて下り→平坦、全10場最長の直線)などから、キレを備えた持続力上位馬の期待値が高い条件。
 ただ、展開の幅がかなり広いため問われる能力のバラ付きが大きく、大勝負や少点数での購入を避けたい条件でもあります。

開催時期による若干の偏り:
新潟大賞典 = 芝1800m寄りの距離適性を持つ馬が好走しやすい?
 (天皇賞(春)の翌週で長距離馬の参戦が少ないため?)
新潟記念 = 持続力の要求度が高くなりやすい?
 (マイル重賞が近い週に多く、マイル指向の馬の参戦が少ないため?)

競馬場に行くと良く見る光景があります。

腕を組んで、眉間にシワをたっぷり寄せながら、
赤ペンを持って、新聞をこれでもかというくらい凝視している競馬ファン姿・・・

きっと数十年前から変わっていない光景でしょう。

「この光景...変だと思んですよね?」


なぜって、

・洗濯物をわざわざ洗濯板で洗う人はもはや皆無です。
・火起こしに木の板と棒をこする人は街で見た事がありません。

こんな感じで、
人は効率良く結果を得るために進化してきたはず。

「なんで競馬予想は進化しないの?」

アナログで化石のような競馬予想では、
いつまでたっても的中しないのは当然です。

今、現代の競馬ファンが見るべきは
この競馬データです。
http://www.collabo-n.com/lp/promise/?ad_id=3295


【競馬をする目的は的中じゃないのか?】

あなたが競馬で的中させたいなら、

競馬新聞やJRAのホームページを見て自分で予想する事は、
言ってしまえば・・・

「最悪の選択です。」

なぜなら、
人の頭が競馬データの精度に追い付けるはずもないですから。

競馬予想を楽しみたいなら、いいですけどね。

でもね、

結局は的中が一番楽しい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これが競馬ファンの真理だと思うんです。


だからこそ、
まだまだアナログな予想をしてる人に一言伝えたい。


「バカ程簡単に的中を量産できる方法が
 既に存在するのになぜ使わないのか?」


まぁまずは一度、進化した競馬データを見てください。

とはいいつつ。
もしかすると、見ない方がいいかもしれませんね。


きっと今まで競馬予想に使った時間・お金を
深く後悔する事になるかもしれませんから。

↓見たいならこちらをどうぞ↓
http://www.collabo-n.com/lp/join/?ad_id=3295



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)



関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△