京成杯オータムハンデ2017_結果回顧 グランシルクが得意の展開で重賞初制覇


 この条件としてはハイペース=中締まりラップ+やや前・内有利の馬場で、底力(=ハイペース耐性)優位の差し馬がもっとも有利。  京成杯オータムハンデの回顧をしていきます。
回顧記事 目次



芝の馬場傾向 回顧馬場傾向 回顧よりコピペ)

中山競馬場 : 開催1/4週目(計5+4日)、B→Bコース不変・使用1/2週目(計5日)。水雨(+月~金小雨)

 やや前・内有利で、時計レベルは非常に早い?? 好走している血統は(日曜12Rまで、計12レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×16、Mr. Prospector系×11、Northern Dancer系×7、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×2で、推測される芝質は「高速馬場の標準~重めの芝(前週比:-)」(※)
※ 高速馬場ではキレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が相対的に低くなるため、Mr. Prospector系(≒全体的なスピードでSS系に勝る)の好走割合が高くなる印象。短距離でMr. Prospector系>SS系となる点からイメージ。

 開幕週の中山芝をまとめると、「やや前・内有利かつ高速馬場の標準~重めの芝、時計レベルは非常に早い??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?



ラップタイムの評価

2017 34.6-22.5-34.5 =1'31"6非常早?
G3平 35.4-22.9-34.6 =1'32"8少早~早?(2014.12~16、古馬G3、良馬場、計4レース)

※「3F-2F-3F =8F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると(路盤改修以降の古馬G3平均と比較)、テン少し早く(額面は非常に早い)、中盤わずかに早く、上がりが掛かる。この条件としてはハイペース=中締まりラップで、底力(=ハイペース耐性)優位の差し・追い込み馬がもっとも有利。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)



グランシルク(56.0kg)

挙動:
 ゲート少し早い、ダッシュは目立たず中団から。 2角中団、内から2・3頭分? 3・4角中団→好位、内から2・3頭分→4・5頭分? 直線、外目→馬場の真ん中~内目をキレる脚で差し切る。完勝。
短評:
 内外不利(馬場×展開)、前後有利、展開と能力適性が完全に一致? 中締まりラップになったことで、芝1400m寄りの底力(=ハイペース耐性)・追走スピード能力の高さを発揮できたと思われます。その分、マイルで道中のペースが緩むとパフォーマンスが低下しそうで、京都芝1600m・外(=コース形状から中弛みラップになりやすい)では苦戦するシーンに注意。
適性チェック:(最終更新:17'京成杯AH 56.0kg)
 ツナギは長さ普通、太さ普通、角度普通。標準飛節? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統は短~マイル向き(?)で、標準的な芝の1500m前後◎↑??(中距離△↓??) 荒れ馬場・道悪▲+?(血統補正含む) 先行力:F-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)E(甘め)? キレE-? 持続力:F? 総合力でE(甘め)?相当 斤量少注(ややキレ優位)



結果から考える狙い方「中山芝1600m・古馬G3」
[期待値:F(甘め)]=もっとも期待値が高い馬の複勝+α...という買い方を推奨。
緩急の小さい展開が前提。期待値を下げる展開(≒緩急の大きい展開)に注意。

 ▲+:底力・持続力を備えた総合力上位馬
   → 先行力:E-↑底力(=ハイペース耐性)EE-↑? キレ:E-F↑持続力EE-↑
   (信頼性は「持続力≧先行力>キレ?」も、馬場や展開による変化に注意。
     → ハイペースでは信頼性が等しくなる = キレ優位の馬の期待値アップ?
       平均より軽いハンデ+持続力優位の差し馬=ペース不問で連対率・期待値とも高め?
    先行力:F-G+?以下 かつ 軽ハンデでない場合、信頼性ダウン。
     → 後方から差すには、前後・内外の不利が大きくなりやすい。
       先行力や追走スピードの下限が、中距離より高い)

 注:枠順の影響=内枠やや有利・外枠やや不利?
   (コース形状から。馬場傾向による強弱・変化に注意)
 注:斤量差の影響=±普通↑?
   (総合力を相対的に増減、展開依存。
     → 底力への影響は小さいも、機動力や末脚への影響大きい
 注:路盤改修で、排水性が大幅に改善
   (雨中の競馬でないかぎり、雨の影響は限定的?)

 ×:底力に欠ける馬
   → 底力:E-
   (≒OP特別・重賞実績で劣る馬。展開による要求度の変化に注意)


 路盤改修の影響+コース形状(発走直後に2角、前半はほぼずっと下り、スパイラルカーブに近い3・4角、中央4場で最短の直線、急坂)から緩急の小さい流れになりやすく、持続力優位の差し馬の期待値がやや高い条件。路盤改修前より後傾ラップになりやすく、逃げ・先行馬が末脚不足を見せやすい点に注意。

馬場傾向などの特記事項:(路盤改修による変化に注意)
 ダービー卿CT=内外フラット?? 天候が不安定な時期+開催後半で、バラつきが大きい?
 京成杯AH=やや内有利(≠前有利)。開幕週でも差せる馬場

AD【超高額配当】外厩仕込みの遠藤さんがとんでもない的中をだした!

8月にこの強烈な予想を使った人いますか!?
って、的中したことがばれたら襲われるレベル!

2017/08/27 (日) 札幌12R ワールドオールスタージョッキーズ第4戦
三連単:1,962,660円的中!

払戻合計:9,813,300円獲得!

遠藤さんが予想を出すのはプイドというサイト

僕は先週、これに比べたら額が小さい・・・40万の的中です。。。
-------------------------------
9月9日(土) 中山3R
三連単フォーメーション30点:82,540円的中!
払戻合計:412,700円獲得!(1点500円)

回収率:2,751%
-------------------------------

コチラ(無料)

このサイトには遠藤さんがいるので、他にはマネできない強みがあります!

それは、外厩から携わり、直接競走馬に騎乗できる遠藤さんであれば、
【実際に乗りこなした能力差の判断が可能】
【騎手間の情報交換が可能】

過去データなどではなく、外厩からの情報は【最新でかつレースに直結する有力な情報】です。

ぜひ、チェックしてみてください。
↓↓↓
ココから(無料)



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)



関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△