オパールステークス2017_結果回顧 ソルヴェイグが好スタートからスローペースで逃げ切る


 このクラスとしてはかなりのスローペース=後傾ラップ+やや内有利~内外フラットの馬場で、前・内に付けた末脚上位馬・総合力上位馬が非常に有利。  オパールステークスの回顧をしていきます。
回顧記事 目次



芝の馬場傾向 回顧馬場傾向 回顧よりコピペ)

京都競馬場 : 開催1/4週目(9+4+4日)、D→Aコース変更・使用1/4週目(計9日)。月大雨、金午後~土朝大雨?

 やや内有利~内外フラットで、時計レベルは土曜:掛かる??日曜:標準~少早↑↑→早い~かなり早い↑↑??月曜:早い~かなり早い?? 好走している血統は(月曜12Rまで、計16レース+同着2件)、SS系×29、Mr. Prospector系×8、Northern Dancer系×6、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×4、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1、その他×2で、推測される芝質は「軽め~標準的な芝(前週比:-)」

 開幕週の京都芝をまとめると、「やや内有利~内外フラットの軽め~標準的な芝で、時計レベルは土曜:掛かる??日曜:標準~少早↑↑→早い~かなり早い↑↑??月曜:早い~かなり早い??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?



ラップタイムの評価

2017 34.3-33.2 =1'07"5早~かなり早↑↑?
OP平 33.8-33.7 =1'07"5早?(2012~16、古馬OP、良馬場、計16レース)

※「3F-3F =6F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると、テンかなり緩く(額面は緩い)、上がりがかなり早い。このクラスとしてはかなりのスローペース=後傾ラップで、前・内に付けた末脚上位馬・総合力上位馬が非常に有利。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)



ソルヴェイグ

短評:
 前後非常に有利、内外かなり有利、展開と能力適性がややズレる。 高速馬場・平坦でのキレ(=トップスピードと急加速力)不足が心配されましたが、位置取りの利を大きくしたことで、キレ不足をフォローできたと思われます。今となっては古いタイプの短距離馬(≒先行力・底力に優れるも、末脚で劣る)なので、末脚の要求度が高い条件の芝1200m重賞では苦戦するシーンに注意。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:17'オパールS 55.0kg)
 ツナギはやや短い、太さ普通、角度普通(蹄は寝る)。標準飛節。 標準的な芝のマイル以下向き、血統はマイル前後向き(??)で、重い芝の1200m◎??(1400m○??) 荒れ馬場○?道悪▲-?(馬場適性はレース振りから修正) ゲートダッシュ:▲+?? 先行力E底力(=ハイペース耐性)E(甘め)? キレ:F-? 持続力:-(不明。低い) 総合力でE?相当 斤量注(逃げ・先行馬) おじ:ソルジャーズソング



結果から考える狙い方「京都芝1200m・古馬G3~OP」
[期待値:F-G+?]=内枠有利・外枠不利を強く意識したい
古馬G3はいずれもG1からやや離れた時期で、重賞実績上位馬の仕上がり具合に注意。

 ▲+:総合力上位馬
   → 先行力底力(=ハイペース耐性)キレE-F↑?(2つ以上)
   (信頼性は「先行力優位≧キレ優位≧持続力優位」
     → 大型の先行馬≒テン下り坂向きの馬は、ダッシュ・先行力の低下に注意。
    高速決着≒時計が早い馬場やハイペースでは、千直指向のスピード or 底力の要求度アップ)

特注:枠順の影響=内枠有利・外枠不利?
   (概ね半クラスの増減に相当。
    例:内枠ならキレ:ED-相当 と甘く評価可。
    逆に言えば、外を回って善戦した馬の条件好転に妙味あり)
 注:斤量差の影響=±普通?
   (ダッシュ・先行力、キレなどに影響。ハイペース時は影響度ダウン)
 注:平坦巧者・リピーターの巻き返し、パワータイプのパフォーマンス低下
   (平坦巧者・リピーターは、小柄な馬、牝馬など。
    パワータイプは、馬場適性がズレやすく&平坦でのキレで劣りやすい)

 ×:総合力で劣る馬
   → 先行力・底力・キレ:FF-?(≒E-F↑が2つ以上ない馬)
   (末脚の甘い先行馬、持続力優位の差し・追い込み馬が該当しやすい)


 コース形状(3角までが短い+スタート直後の上り坂→3角後半は下り→4角から直線は平坦)などから、総合力勝負になりやすい≒短距離としてはキレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が高い条件。
 コース形状が内枠有利・外枠不利なので、内枠の馬が実力差を縮める~覆すシーンに注意。

馬場傾向に関する特記事項:
 淀短距離S(別定)
 シルクロードS(ハンデ)=内有利の傾向が弱まりやすい(開催の進行+A→Bコース変更の影響)
 |
 鞍馬S(ハンデ or 別定。不定?)
 |
 オパールS(別定)=高速決着になりやすく、底力の要求度&内外の差がアップ?
 京洛S(ハンデ)=ほぼ内外フラット?
 京阪杯(別定)=内外フラット~やや外伸び?(8週連続開催の最終週)

PR【3歳牝馬、予想で三冠獲ります】桜花賞・オークス共に三連単的中させた予想

春の桜花賞、オークスに続く3歳牝馬三冠の最終戦。
今週は獲りにいくレースは秋華賞G1。

予想で注目すべき点は、
「前走の着順」「前走のタイム差」
「近走の芝重賞での上位人気馬」
などが上げられますが、集めた方がいい情報はたくさんあります。

集めても集めても足りない。
そして、本当にどの情報が重要なのかわからなくなる。
最終的に悩んで悩んで不完全の予想で競馬で挑む。
そんなことを経験したことないですか?

そこで一つ、予想方法の提案として取り上げたいのが「指数予想」
ただ単に、その指数が示す上位人気馬で馬券を買うだけ。仕組みは簡単です。

そして、その指数の中でも、3歳牝馬三冠「桜花賞、オークス、秋華賞」の内、
「桜花賞三連単94,890円、オークス三連単20,130円を的中させた指数」があります。

これは実際に僕がこの指数を参考にして買った的中PAT。
オークスは予定があって馬券購入できなかったので、桜花賞だけ。
そして・・・三連単購入にビビッて馬単だけにしたことを今も後悔しています。
秋華賞は三連単で勝負しにいきます。
【2017年4月9日(日) 桜花賞G1】

【膨大なデータから予想を勝手に出してくれる指数】
その指数が3歳牝馬をきっちり獲ってきた。
桜花賞、オークスの次は秋華賞三連単。
その指数は秋華賞を無料公開。
↓↓
コチラ
さらに重賞だけでなく、毎週全レースの指数も公開される。
比較的安定的中の6Rまでの前半戦。
荒れレース高配当決着が多い7~12Rまでの後半戦。

あなたはどのレース情報が欲しいですか?
今まで負けが続いた方。この指数を見たことありますか?
2017年、勝ち競馬で終わるには、今からでもまだ遅くない。

↓↓
コチラ



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 芝1200m限定
 中京(412.5m)>新潟内(359m)>阪神内(356.5m)
京都内(328m)>中山(310m)>小倉(293.0m)
>福島(292.0m)>札幌(266.1m)>函館(262m)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)



関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力F底力(=ハイペース耐性)E? キレ:G+持続力D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△