富士ステークス2017_結果回顧 エアスピネルが道悪を苦にせず完勝


 やや後傾の中弛みラップ+中伸び(~やや外伸び)の酷い道悪馬場で、展開上は前・内に付けたキレ(=トップスピードと急加速力)上位馬が有利。酷い道悪馬場で末脚を削がれた馬が多そう。  富士ステークスの回顧をしていきます。
回顧記事 目次



芝の馬場傾向 回顧馬場傾向 回顧よりコピペ)

東京競馬場 : 開催3/8週目(7+6+4日)、Aコース使用3/3週目(計7日)。月大雨、木豪雨、金雨、土日豪雨?

 土日で馬場傾向が異なる。
 土 : 中伸び(~やや外伸び)で、時計レベルは土曜:かなり掛かる??→かなり非常に掛かる↓↓?? 好走している血統は(土曜12Rまで、計6レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×8、Mr. Prospector系×6、Northern Dancer系×4で、推測される芝質は「重い芝(前週比:重くなる~少し重くなる)」
 日 : 外伸びで、時計レベルは日曜:超・極めて酷く掛かる↓↓?? 好走している血統は(日曜12Rまで、計7レース)、Mr. Prospector系×9、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×6、Northern Dancer系×3、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×2、その他×1で、推測される芝質は「重い芝(前週比:重くなる~少し重くなる)」

 3週目の東京芝をまとめると、「土日で馬場傾向が異なる。
 土 : 中伸び(~やや外伸び)の重い芝で、時計レベルは土曜:かなり掛かる??→かなり非常に掛かる↓↓??
 日 : 外伸びの重い芝で、時計レベルは日曜:超・極めて酷く掛かる↓↓??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?



ラップタイムの評価

2017 35.6-24.2-35.0 =1'34"8雨、不良・かなり非常掛↓?
G3+OP 35.3-23.7-34.1 =1'33"2標準?(2012~16、古馬G3+OP、良馬場、計13レース)

※「3F-2F-3F =8F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると、テン少し早く(額面は少し緩い)、中盤平均的、上がりが少し掛かる。やや後傾の中弛みラップで、展開上は前・内に付けたキレ(=トップスピードと急加速力)上位馬が有利。酷い道悪馬場で末脚を削がれた馬が多そう。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)



エアスピネル(57.0kg)

挙動:
 ゲートわずかに早い~普通、ダッシュ早い方で馬なりで番手~先行。 3・4角番手~先行→先頭横並び、内から2・3頭分(→内から3・4頭分)? 直線、大外からキレる脚で押し切る。
短評:
 馬場+展開と能力適性が一致? 総合力の高さからどの条件でも好走~善戦していますが、末脚の総合力だけで評価すると重賞レベルでは劣るため末脚不足を補う「展開や馬場」でないと勝ち切れていません。京都芝1600m・外は末脚の要求度が高くなりやすいため、多くの条件が揃わないと人気に見合う勝率を期待できないのでは。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:17'富士S 57.0kg)
 ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、やや太い?角度普通?標準飛節? 重めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝のマイル~1800m◎??(2000m▲??) 荒れ馬場○-?道悪▲+?(レース内容からプラス修正) 先行力E-底力(=ハイペース耐性)D-キレE-? 持続力:F? 総合力:DD-?相当 おじ:エアシェイディほか



結果から考える狙い方「東京芝1600m・古馬G3~OP」
[期待値:F-G+?]
前提:休養明けの馬が多く能力の変動幅が大きい+展開の幅も広いため、狙いを絞り難い

 ▲+:末脚を中心とした総合力上位馬
   → (先行力:FF-? 底力:EE-?)キレ持続力EE-?(末脚は1つ以上)
   (末脚の勝率(≠連対率)は、「キレ優位>持続力優位」。
     → 連対率の差は小さい。時計の掛かる馬場・道悪馬場では逆転する場合も。
    先行力:F-G+?以下の場合、期待値ダウン。
     → 後方から差すには、前後・内外の不利が大きくなりやすい
       スローペースの増加などが影響?
    底力の兼備で信頼性アップ?
     → キレ優位で千四・マイル兼用なら、底力不要&勝率ダウン&複勝の回収率高い)

 注:枠順の影響=-(不明)
   (開催時の馬場傾向を観察すること。簡単に後述)
 注:斤量差の影響=±やや大きい~普通?
   (キレなどを相対的に増減。展開・馬場次第で影響度が変化)

 ×:末脚の総合力で劣る馬
   → 底力:F? キレ・持続力:E-F
   (前後・内外の利が展開+馬場などで大きければ軽減可)


 コース形状(テンが下り坂、向正面に小さな丘、大回り、仕掛けどころが上り坂、上り坂がある長い直線)などから、好位に付けたキレ優位の差し馬の勝率が高い条件。
 連対率ではキレ優位と持続力優位の差が小さいこと、内外の差が意外と大きいこと(大回り、良好な馬場などから)...などに注意。

馬場傾向について:
 東京新聞杯 = やや内有利?(開催序盤で馬場の傷みが少ないため)
 富士S = 内外フラット?(極端な傾向は出にくい印象も、開幕週からの天候次第)
 キャピタルS = 過去はやや内有利?
 (ジャパンカップ週の馬場整備が影響したと思われ、今後は変化?)

PR【単勝的中率83%以上、三連単的中率38%以上の予想】


今週、天皇賞(秋)(G1)予想が無料です。
公開はレース当日正午「北条のブログ」より。

三連単当たっていますか?

競馬業界全体での三連単平均的中率は10%程だそうです。

しかし、

こんな的中や、
=============================
単勝83.3% 複勝94.4% 馬連58.3% 

ワイド88.9% 馬単58.3% 三連複38.9% 

三連単38.9%
=============================

こんな的中が、
=============================
単勝83.3% 複勝100% 馬連66.7% 

ワイド83.3% 馬単66.7% 三連複41.7% 

三連単41.7%
=============================

毎週のように訪れたらどうですか?

三連単が3回に1回以上の確率で当たったら、
勝てると思いませんか?

これは「うまコラボ」という、
誰でも無料で会員になれる競馬サイトの成績です。

参考にする程度でもプラスになると思います。
競馬で【勝ち続けたい】なら見てみてください。

▼無料会員登録はこちらから

※yahoo・gmailなどのフリーメールを利用して無料会員登録希望の人。 受信設定によっては、迷惑メールフォルダに届く事があるので確認してみて下さい。



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)



関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△