秋嶺ステークス2017 結果回顧(速報) クインズサターンが得意の高速決着を制す


ラップタイムの評価

秋嶺ステークス(33.6-23.8-37.8 =1'35"2雨、不良・極早??) テン非常に早く(額面は極めて早い)、中盤かなり早く、上がりが極めて酷く掛かる。この条件としては極端なハイペース=額面のスピードを問う極端な前傾ラップで、底力(=ハイペース耐性) or ダ1400m指向のスピードを備えた差し・追い込み馬がかなり有利。
レース後のコメント(ラジオNIKKEI)


クインズサターン

挙動:
 ゲート普通、押すも芝でのダッシュ見劣り中団後方~後方。 3・4角後方、最内? 直線、大外から脚色良く伸びて差し切る。圧勝。
短評:
 前後かなり有利、馬場+展開と能力適性が完全に一致? ハイペースかつ高速決着の東京ダ1600mでは安定した末脚を発揮している馬で、今回の馬場+展開は能力の全開が叶うものだったと思われます。ただ、多くのダート戦で重要になる先行力の裏付けが弱く、実績のある東京ダ1600mでもスローペースではパフォーマンスが伸び悩みそう。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:17'秋嶺S 56.0kg)
(誤差注)ツナギはやや短い(胴は短い?)、やや細い、立ち。直飛節気味? 軽めのダートのマイル以下向き、血統は短~マイル向き(??)で、軽めのダートのマイル◎??(1400m▲+??) 先行力:G?? 底力(=ハイペース耐性)E-?? キレF(甘め)?? 持続力F?? 総合力でE-??相当

PR【菊花賞過去データを分析した結果】10月21、22日馬券的中を量産する方法

このデータを見つけたときは鳥肌が立ちました。
菊花賞にも他の全レースにも、このデータは使えると思います。

参考にしているデータは、このコラボ指数です。
コチラ

先に結論から言うと、今年の菊花賞や他の全レースを当てる為のポイントは、

1、コラボ指数30以下の馬をすべて選択
2、コラボ指数31以上の馬で単勝オッズ20倍以下の馬を追加選択

この2つです。説明すると
1、コラボ指数30以下は、過去競走データや血統からそのレースで走れると判断された馬。(図:赤線)
2、コラボ指数31以上は、過去競走データや血統からそのレースで走れないと判断された馬ですが、
単勝オッズ20倍以下になるという事は、過去データや血統からは拾い切れない走れる新鮮な条件が世の中で噂になっているという証拠。つまり穴馬になり得る馬。(図:青線)

コラボ指数と単勝オッズを組合せて見るだけ
で、上の条件が拾えるようになります。
※図は見やすいように、右から着順別にデータを並び替えてます。

■2014年菊花賞結果データ

■2015年菊花賞結果データ

■2017年10月14日(日)20万馬券以上決着のレース


すべて僕が指摘した条件通りにレースが決まっています。

コラボ指数をそのまま使っても拾え切れないデータが必ず出てきます。
でも、コラボ指数と単勝オッズを組合せただけですごいデータを拾う事ができます。

今週の菊花賞、そして平場、特別戦、的中馬券を量産する為に、
参考にしてみてはいかがでしょうか。
コチラ


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△