エリザベス女王杯2017 予想 ヴィブロスは距離の長さに注意


予想のポイント、印・買い目
 コース形状と距離から中長距離指向の末脚に優れる中距離馬の期待値が高いレース。
 古馬のマイラーが苦戦しやすいこと、中長距離馬(≒牝馬限定戦では少々キレ不足を見せるような馬。重い負担斤量などが影響)の期待値が高くなること、先週より前・内有利の馬場傾向が強くなっていること...などに注意。(土曜現在の予想)

 ◎ 人気ブログランキングへ
 ○ ディアドラ

 ▲ スマートレイアー
 ☆ タッチングスピーチ
 ▽ リスグラシュー

買い目はなるべくシンプルに。
馬連:◎○-◎○▲☆▽

―――――――――――――――――――――――
【先 週】ファンタジーS 1万7980円的中!
【先 週】JBCクラシック2万7570円的中!
【先々週】天皇賞(秋)  5万5320円的中!
―――――――――――――――――――――――

【エリザベス女王杯】

ルージュバックやヴィブロスで本当に大丈夫!?

≪人気馬相手でも馬連想定20倍以上!≫

■■■■■■波乱の主役はこの馬だ!■■■■■■

→大ヤリの超穴馬を完全無料で教えます←
ワールド:エ女王杯200-200.gif

========================
先週の3日間開催も
JBCも的中ラッシュ!
========================
JBCクラシック
◎サウンドトゥルー
2万7570円的中
---------------------
JBCレディスクラシック
◎ララベル
4290円的中!
---------------------
JBCスプリントも!
◎ブルドッグボス
1370円的中!
---------------------
京都1日目11R
ファンタジーS
◎ベルーガ
1万7980円的中!
---------------------
東京2日目9R
◎ナスノシンフォニー
3万0920円的中!
---------------------
京都1日目5R
◎カーティバル
3万1460円的中!
---------------------
京都1日目8R
◎アンデスクイーン
2万1950円的中!
---------------------
福島1日目3R
◎アルーフクライ
2万1040円的中!
---------------------
東京1日目2R
◎クニノオーシャン
◎エンパイアミライ
1万4050円的中!
---------------------
東京1日目10R
◎ルックトゥワイス
1万0570円的中!
---------------------
福島2日目8R
◎メイスンスパート
1万0550円的中!
---------------------
その他的中多数!

→エリザベス女王杯の大ヤリ超穴馬はコチラ←
ワールド:エ女王杯200-200.gif



予想記事 目次
1. 予想のポイント、印・買い目
2. 前日の馬場傾向と当日の馬場の想定
3. 各馬の短評
3+. 評価を控えめにしたい人気馬

プレ予想
エリザベス女王杯2017 プレ予想(傾向と対策+出走予定登録馬)



前日の馬場傾向と当日の馬場の想定

京都競馬場 : 開催6/8週目(9+4+4日)、Bコース使用2/2週目(計4日)。水小雨、土「朝雨?+北西の風(≒3・4角向風)やや強い?」

 やや前・内有利で、時計レベルは土曜:かなり掛かる↓??→掛かる↑?? 好走している血統は(土曜12Rまで、計6レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×7、Mr. Prospector系×5、Northern Dancer系×4、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×1で、推測される芝質は「標準~重めの芝(前週比:変わらず~少し重くなる)」

 6週目土曜現在の京都芝をまとめると、「やや前・内有利+標準~重めの芝で、時計レベルは土曜:かなり掛かる↓??→掛かる↑??」

 明日にかけての天気は、冷え込むも良好な天気になる予報。天気の影響は弱そうです。ただ、先週と異なり前・内有利の傾向が強くなっていて、外からの差し・追い込みがペースを問わず決まっていません。明日もこの傾向が続くようなら、外枠の差し馬などは控えめな評価から考えたいです。


馬場観察レース : netkeiba.com レース一覧

関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」シリーズ
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?



各馬の短評・適性チェック
能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)


人気ブログランキングへ(56.0kg・前走比±0.0kg/小柄-実績)

短評:
 持続力優位の末脚のバランスに優れる中距離馬?
 ここでの不安は、ありません。
 昨年のエリザベス女王杯では例年より緩いペースになったことで高いレベルでのキレ(=トップスピードと急加速力)負け。例年並みのペースになるか、先週までの時計レベル(=例年より時計の掛かる馬場)が続けば昨年の敗因を打ち消すことができます。牡馬を相手にG1で好走~善戦しているように中長距離での実力はメンバー最上位で、状態さえ戻っていれば人気以上の走りに期待できるのでは。最上位に評価したいです。
適性チェック:(最終更新:17'宝塚記念 56.0kg)
 ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、やや細い、角度普通(蹄は寝る)。直飛節気味。 標準的な芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝の2200m前後◎??(マイル▲+??) 荒れ馬場▲?道悪▲-? ゲート:▲↑? 先行力:G+底力(=ハイペース耐性)D-キレE(甘め)? 持続力D-? 総合力でDD-(甘め)?相当 斤量少注(小柄-実績) 全兄:トーセンマタコイヤ



○ 6-11 ディアドラ(54.0kg・前走比-1.0kg/軽斤量で複数回好走)

短評:
 持続力・底力に優れる中距離馬??
 ここでの不安は、特にありません。
 近走ではテン>>上がりの流れの芝2000m戦を差し切るなど中距離~中長距離指向が強まっていて、父ハービンジャー×母父スペシャルウィーク(=いずれもロングスパート向きの馬が多い)からも京都芝2200m・外への条件替わりは歓迎できると思われます。京都の芝が例年より時計の掛かる馬場(注:先週現在)になっていること+前走から斤量減になること(過去に軽斤量で複数回好走)のいずれも高いレベルでのキレ(=トップスピードと急加速力)不足を補う好条件で、相手候補の最上位として評価したいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:17'秋華賞 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、太さ普通、角度普通。直飛節気味? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統は中距離向き(?)で、標準的な芝の中距離◎??(マイル▲+??) 荒れ馬場・道悪▲+?(レース振りからプラス修正) ゲート:▲~▲+? 先行力:G+(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)E-? キレ:F(甘め)? 持続力E? 総合力でE(甘め)?相当 斤量少注(軽斤量で複数回好走) 半兄:オデュッセウス、おじ:ランフォルセほか



▲ 6-12 スマートレイアー(56.0kg・前走比+2.0kg/キレ優位)

短評:
 キレを中心とした末脚のバランスに優れる中距離~中長距離馬?
 ここでの不安を強いて挙げるなら、負担斤量増によるキレの鈍り。
 以前より長い距離に向くようになっていて、距離の不安はありません。しかし、末脚がキレ(=トップスピードと急加速力)優位のためか負担斤量の増加とパフォーマンスの伸び悩みが比例していて、エリザベス女王杯(=古馬の負担斤量は56.0kg。牝馬限定重賞でもっとも重い)では近走よりパフォーマンスが低下する心配が消えません。距離適性+実力はメンバー最上位クラスですが、人気に見合う勝率は疑っておきたいです。妙味の小さい相手候補として。
適性チェック:(最終更新:17'京都大賞典 54.0kg)
 ツナギは長さ普通(前脚やや短い)、太さ普通、やや立ち。直飛節? 標準的な芝のマイル前後向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝の2000m~2200m◎↑?(1800m○↓? 2400m○-↑?? マイル▲-↓?) 荒れ馬場・道悪▲+? ゲート:▲↑? 先行力:F-(甘め)~G+↓底力(=ハイペース耐性)EキレD-(甘め)? 持続力:E-(甘め)? 斤量少注(キレ優位) 総合力でE↑?相当



☆ 4-8 タッチングスピーチ

短評:
 持続力・底力に偏った中距離~中長距離馬?
 ここで狙いたい理由は、展開次第でベストの条件になるため。
 欧州クラシック色が強い母系の血統通り持続力に偏った能力を持ち、ディープインパクト産駒としてはキレ(=トップスピードと急加速力)で劣る弱点があります。そのため、重賞での好走は「仕掛けどころが下り坂」「トップスピードの要求度が低い馬場か展開、あるいは両方が揃う」「芝1800m~2200m」に限られていて、成績が伴わない近走でもそれらの条件に該当する16'チャレンジカップや17'金鯱賞では勝ち馬との着差を小さく出来ています。得意な距離とコース形状(+牝馬限定重賞では古馬の負担斤量がもっとも重い)に加えて、今年は先週現在でも例年より時計の掛かる馬場。好走しやすい条件が揃っていて、あとは展開だけなのでは。まったく人気がない状況なら妙味のある相手候補として積極的にマークしたいです。
適性チェック:(最終更新:16'京都記念+α)
 ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、太さ普通、やや寝る(蹄は寝る)。標準飛節。 標準的な芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の2200m前後◎??(マイル▲+??) 荒れ馬場▲?道悪▲-? ゲート:△+? 先行力:G-底力(=ハイペース耐性)E(甘め)? キレ:F-持続力E? 広いコース○?小回り△?(大跳び+急加速力不足)



▽ 3-6 リスグラシュー(54.0kg・前走比-1.0kg/かなり小柄)

短評:
 持続力・底力に優れるマイラー~中距離馬??
 ここで狙いたい理由は、時計の掛かる馬場での強さ+軽い斤量。
 17'桜花賞と17'秋華賞の両方で好走したように時計の掛かる馬場での消耗戦は得意で、例年より時計の掛かる馬場は歓迎。さらに、かなり小柄な馬体から斤量減も大きなプラスです。...ただ、ハイペースのマイルで好走+マイル重賞を優勝できる辺り、京都芝2200m・外(=コース形状から芝2200m以上への距離適性を問われやすい)では距離の長さからパフォーマンスが伸び悩む心配もあります。昨年のような中距離以下向きの急加速力を問われる展開で斤量差などを生かせれば。相手候補として。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:17'ローズS 54.0kg)
 ツナギは長さ普通(胴の長さ普通、後脚やや長い)、やや細い、角度普通(蹄はやや寝る)。直飛節? 軽めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝のマイル~中距離◎?? 荒れ馬場▲??道悪▲-??(馬場適性をレース振りから少し重めに寄せる) ゲート:▲-~▲↑?? 先行力:G+(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)F(甘め)? キレ:F-持続力F? 総合力でF?相当 斤量特注(かなり小柄)

【重賞4鞍結果】コラボ指数は、ほぼ外れなかった!! [PR]

的中率特化型と言われている「コラボ指数」を使った
先週の重賞4鞍の結果発表です!
■公式サイト(登録無料)⇒コチラです。
※メールが届かない場合は迷惑メールを確認してください。
※メールが不要になった場合は解約フォームからすぐに解約できるので安心です。

4鞍中、4鞍単勝的中!
4鞍中、3鞍3連単的中!

☆11月3日(祝)
京都11R ファンタジーS(G3)

単勝7.6倍(5番人気) 三連単:17,980円的中!
☆11月4日(土)
東京11R 京王杯2歳S(G2)

単勝1.8倍(1番人気) 三連単:6,170円的中!
☆11月5日(日)
東京11R アルゼンチン共和国杯(G2)

単勝2.0倍(1番人気) 三連単:12,060円的中
☆11月5日(日)
京都11R みやこS(G3)

単勝3.1倍(2番人気)的中!

そこまで荒れたレースでもなかったですね。
みなさんの結果はいかがでしたか?
このコラボ指数は、的中率特化型ということもあって、
来週こそ100万勝つ!という人には向いてないかもしれません。

100円が1,000円に!
100円が10,000円に!
100円が100,000円に!


「毎週負けない競馬をしたい方」
に向いている指数サイトです。
今週も重賞は4鞍です。重要ポイント!予想に迷ったら「コラボ指数の上位6頭に注目!」
■公式サイト(登録無料)⇒コチラです。
※メールが届かない場合は迷惑メールを確認してください。
※メールが不要になった場合は解約フォームからすぐに解約できるので安心です。



評価を控えめにしたい人気馬

3-5 モズカッチャン

短評:
 全体的なスピードに優れる千八巧者~中距離馬??
 ここでの不安は、中長距離指向の末脚不足。
 17'秋華賞(=一貫ラップから上がりだけが極端に掛かる消耗戦)を4~5番手という非常に負荷の高い競馬をしながら3着に好走。非SS系かつMr. Prospector、Danzig、Northern Dancerなどがクロスする血統通り、全体的なスピードがこの馬の持ち味である...と評価を大きく修正します。この修正した評価から考えると、京都芝2000m・内から京都芝2200m・外への条件替わり(=全体的なスピードを生かしづらくなる上、中長距離指向の末脚の要求度が高まる)は条件悪化と言えそうで、そこそこ人気なら厳しい評価から考えたいです。 
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:17'秋華賞 55.0kg)
 ツナギは長さ普通(後脚やや長い)、太さ普通、やや寝る。直飛節。 標準的な芝の中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1800m~2000m◎?? 荒れ馬場・道悪▲+??(レース内容からプラス修正) 先行力F底力(=ハイペース耐性)E(甘め)? キレ:F-持続力F? 総合力でE(甘め)~E-?相当



8-16 ヴィブロス(56.0kg・前走比±0.0kg/かなり小柄)

短評:
 持続力優位の末脚のバランスに優れる千八巧者??
 ここでの不安は、距離の長さ≒中長距離指向の末脚不足。
 先行力と末脚の比率から判断して全姉:ヴィルシーナ(=先行力に寄った能力を持っていた)より中距離向きだと思われますが、中長距離指向の末脚を示したレースはありません。17'ドバイターフを優勝、17'府中牝馬ステークスでも不利な位置取りから好走するなど単純な実力・芝1800mでの実力はメンバー最上位クラスですが、距離の長さから詰めが甘くなるシーンに注意したいです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:17'府中牝馬S 56.0kg)
 ツナギはやや長い、細い、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節。 軽い芝の中距離~中長距離向き、血統は中距離向き(?)で、軽い芝の1800m◎??(2000m○?? マイル・中長距離▲??) 荒れ馬場・道悪▲+??(レース内容からプラス修正) 先行力:G+底力(=ハイペース耐性)E-?? キレE-(甘め)?? 持続力E?? 総合力でE?相当 斤量特注(かなり小柄) 全姉:ヴィルシーナほか



8-17 ルージュバック(56.0kg・前走比+1.0kg/小柄+ややキレ優位)

短評:
 キレを中心とした末脚のバランスに優れる中距離馬?
 ここでの不安は、負担斤量増+高いレベルでの距離の長さ。
 前走では今回と同距離のオールカマーを優勝していますが、時計レベルを加味するとレースレベルは低い上に前後・内外ともかなり有利な位置取りからの優勝でした。中長距離での高い実力を示したとは言えず、エリザベス女王杯では負担斤量増というマイナス要素(=小柄+ややキレ優位という特徴から)まで追加されます。例年より時計の掛かる馬場も高速馬場の方が得意なルージュバックにとっては不向きで、そこそこ人気なら厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(最終更新:17'オールカマー 55.0kg)
 ツナギは長さ普通(後脚長い)、やや細い、角度普通(蹄は寝る)。直飛節気味? 軽めの芝の中距離向き、血統は中距離向き(??)で、軽めの芝の2000m◎↑?(重い芝▲? 1800m○↓?? 中長距離▲+↑? マイル▲??) 荒れ馬場▲-?道悪△??(フットワーク△) 先行力:G+底力(=ハイペース耐性)EキレD-? 持続力:E-(甘め)? 総合力でD-E?相当 斤量注(小柄+ややキレ優位)



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


競馬ブログ トラコミュ
 エリザベス女王杯(2017)
 エリザベス女王杯2017
 エリザベス女王杯 データ分析
 エリザベス女王杯(GI)

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△