ステイヤーズステークス2017_結果回顧 アルバートが3連覇を達成


 例年より前半がわずかに早いペース+少し内有利の馬場で、底力(=ハイペース耐性)を備えた末脚上位馬が有利。 ただ、時計レベルとペースを考えると、近年の平均レベルに劣る印象。  ステイヤーズステークスの回顧をしていきます。
回顧記事 目次



芝の馬場傾向 回顧馬場傾向 回顧よりコピペ)

中山競馬場 : 開催1/8週目(計9日+計7日)、C→Aコース変更・使用1/5週目(計9日)。

 少し内有利で、時計レベルは非常に早い?? 好走している血統は(日曜12Rまで、計11レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×20、Mr. Prospector系×7、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×4、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×1、Northern Dancer系×1で、推測される芝質は「標準的な芝(前週比:-)」

 開幕週の中山芝をまとめると、「少し内有利の標準的な芝で、時計レベルは非常に早い??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?



ラップタイムの評価

2017 50.0-50.4-50.9 -36.2-35.5 =3'43"0非常早?
平均 51.6-50.6-51.9 -36.5-35.9 =3'46"6標準?(2012~16、ステイヤーズステークス、良馬場、含:番手、計5レース)

※「4F-4F-4F -3F-3F =18F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると、テン早く、2ブロック少し早く、3ブロックわずかに早く、4ブロック・上がりがわずかに掛かる。例年より前半がわずかに早いペースで、底力(=ハイペース耐性)を備えた末脚上位馬が有利。 ただ、時計レベルとペースを考えると、近年の平均レベルに劣る印象。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)



アルバート(57.0kg・前走比-1.5kg/キレ優位)

短評:
 展開と能力適性がやや一致? 3連覇は見事の一言。...ですが、パフォーマンスに衰えが感じられます。実績のある芝3400m以上でないと苦戦しやすくなっているのでは。来年のステイヤーズステークスで同一重賞4連覇を目指して欲しいですが、衰えとの戦いになりそう。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:17'ステイヤーズS 57.0kg)
 ツナギは長い、太さ普通(蹄はやや大きい)、角度普通(蹄は寝る)。直飛節気味? 標準的な芝の長距離向き、血統は中距離向き(??)で、標準的な芝の長距離◎?(重い芝▲+? 中長距離▲? 中距離△?) 荒れ馬場▲+?道悪▲-?? 先行力:G+? 底力:E-キレD持続力E? 総合力でDD(甘め)?相当 斤量少注(キレ優位?) 急坂▲+??(やや頭高い) おじ:インティライミ 母系の影響強い?



結果から考える狙い方「ステイヤーズステークス」
[期待値:FF-?]=展開の幅広さ、緩急の大きい展開(=期待値ダウン)などに注意。
緩急の小さい展開を想定した方が妙味大きい。

 ▲+:持続力上位の馬(≒上がりの掛かる長距離向きの馬)
   → キレ:E-F↑持続力D-E-↑
   (キレ優位の場合、信頼性ダウン。
    リピーター候補が少ない場合、「芝2500m or 京都芝2400m」以上での走りから
    持続力(≒距離延長への適性)上位馬を探すこと。
     → 該当距離の準OP以上を早い上がりで差して好走~善戦なら、持続力を甘く評価可)

 注:枠順の影響=内枠有利・外枠不利?
   (正確には、枠を問わず内を回る人馬が有利。
    開幕週の馬場+内外の距離差から。)
 注:斤量差の影響=小さい?
   (キレを相対的に増減も影響小さい。展開で影響度が変動)
 注:骨太の馬、頭の高い走りをする馬、フットワークが雑な馬
   (長距離や急坂でのマイナス要素)
 注:路盤改修で、排水性が大幅に改善
   (雨中の競馬でないかぎり、雨の影響は限定的?)

 ×:持続力で劣る馬
   → 持続力:E-F
   (例:芝3000m以下向きの逃げ・先行馬など)


 最長距離の重賞らしく、持続力優位の差し馬が安定した走りを見せやすいレース。
 距離の長さ+アップダウンの激しさ+コーナーの多さなどから、スタミナを浪費する要素(内外のコースロスの差、自重の重さ、頭の高さ、フットワークの雑さ...など)の検証を忘れずに。


PR【阪神JF(G1)の3連単的中は簡単すぎてつまらない!】

今年の阪神JF(G1)も簡単に3連単取れそうです。
その理由は、
的中した2016年と2014年のデータと同じなんですよ。
2016年は人気通りの決着で3連単配当4,250円。
2014年は5人気ショウナンアデラ(鞍上:蝦名騎手)が優勝し22,780円。

さらに今年はどちらかというと、2014年の傾向データの方が似ています!
予想時間は1分あれば十分です。だった1分で万馬券的中。
時給というべき、分給1万円以上です。


こんなおいしいレースないですよ!

それを証明してくれるのが「コラボ指数」
指数値が小さい方が走る馬を示しています。

今年の阪神JF(G1)はコラボ指数30以下で馬券を組み立てればいいだけです。
小学生でもできます!
ボーナス前のプチボーナスG1レースとでも言うべきでしょうか!

その指数を見るには下のURLからアドレス送信でサイトに無料登録するだけ。
レース当日の昼に「北条のブログ」で指数値が無料公開されますので見てみてください。
https://www.collabo-n.com

この阪神JF以外の指数も土日に公開されています。全レースですね。
ご存知かもしれませんが、指数なので使い方は未知数です。
そのまま予想に乗ってもいいですし、自分の予想を加えてもOKです。

先週はコラボ指数だけで3連単的中率40%を軽く超えてます
ので、2回に1回当たるというよりは当たってしまいます!

そんなコラボ指数を使って2ヶ月目の僕が証明するのもおかしいですが、利益は順調にプラスです。
先々週は合計利益11万超えました】↓クリックで拡大

うまコラボ


先週は土曜日の時点で11万4300円プラス
でした。
こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが、

一から競馬予想をして毎週新聞に5千円くらい使ってる方、どれだけ勝ってるんですか?

僕は新聞買いません。コラボ指数だけで毎月堅く30万は勝ってます。
サラリーマンなので、毎月50~60万は競馬と合わせて手元にはいります。
そして今月はボーナスだってあります。

こんな人生あるんですね。
みんながみんなコラボ指数を使ったらオッズに影響でるかもしれませんが、そんなことはいづれくるもの。
最終的に勝てる競馬を続けられれば人生ハッピーです!競馬最高!
【コラボ指数】↓
https://www.collabo-n.com



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)



関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力F底力(=ハイペース耐性)E? キレ:G+持続力D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△