師走ステークス2017_結果回顧 ディアデルレイが逃げ切り圧勝


 中弛みラップ=この条件としてはスローペースで、前・内に付けた総合力上位馬がかなり有利。  師走ステークスの回顧をしていきます。
回顧記事 目次



芝の馬場傾向 回顧馬場傾向 回顧よりコピペ)

中山競馬場 : 開催2/8週目(計9日+計7日)、Aコース使用2/5週目(計9日)。金夜雨?

 少し内有利~内外フラットで、時計レベルは標準↓↓?? 好走している血統は(日曜12Rまで、計10レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×14、Mr. Prospector系×7、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×4、Northern Dancer系×4、その他×1で、推測される芝質は「重めの芝(前週比:変わらず~少し重くなる)」

 2週目の中山芝をまとめると、「少し内有利~内外フラットの重めの芝で、時計レベルは標準↓↓??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?



ダートの馬場傾向 回顧

 時計レベルは標準? 金曜夜の雨の影響は特に感じられず、平均通りの時計が出ていた印象。



ラップタイムの評価

2017 36.8-38.1-37.1 =1'52"0標準?
OP平 36.5-37.8-38.2 =1'52"5標準~少早?(2012~16、古馬OP、良馬場、計6レース)

※「3F-3F-3F =9F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると、テン・中盤とも緩く、上がりが非常に早い。この条件としてはスローペース=中弛みラップで、前・内に付けた総合力上位馬がかなり有利。時計レベルとペースを考えると走破時計が優秀。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)



ディアデルレイ(56.0kg)

挙動:
 ゲート早い、ダッシュ良好でそのまま先頭。 1・2角先頭、最内? 3・4角先頭、最内? 直線、キレる脚で突き放し、逃げ切る。圧勝。
短評:
 前後・内外ともかなり有利、展開と能力適性が一致? 位置取りの利が大きかったとは言え、充実ぶりを示す圧勝。ダート馬としては能力のバランスに優れるので、ペースを落とせれば中京ダ1800mでも連続好走できそう。逆に、上がりの負荷が高くなる条件(ハイペースや距離短縮)などではパフォーマンスの低下に注意。
適性チェック:(最終更新:17'師走S 56.0kg)
 ツナギはやや短い(脚の長さはやや短い~普通)、やや太い、角度普通。標準飛節。 やや力の要るダートのマイル前後向き、血統はマイル前後向き(??)で、ダートの1700m~1800m◎??(砂質不問??) 先行力E-?(芝スタート時:E-?) 底力(=ハイペース耐性)E-?? キレE-?? 持続力:F?? 総合力でE?相当 全姉:ディアデラマドレほか



結果から考える狙い方「中山ダ1800m・古馬OP」
[期待値:F?]=展開の幅が広がっていることに注意。
前提:時計レベルが早いときは、底力(≒失速耐性)の要求度ダウンに注意。
   中締まりラップでは、底力+持続力上位馬(≒追い込み馬)の期待値がもっとも高い。
   逆に、先行力・底力上位馬(=通常なら期待値が高い馬)がキレ負けしやすい。

 ▲+:先行力・底力を中心とした総合力上位馬
   → 先行力E-F↑底力(=ハイペース耐性)E-↑? キレ:F-G+? 持続力:FF-
   (信頼性は「先行力優位≧持続力優位 > キレ優位」。
     → 近年は展開の幅が広がり、キレの要求度がこれまでより少し高くなった印象。
    先行力:F-G+?以下なら、期待値ダウン。
     → 前後・内外の不利が大きくなりやすい。馬場・展開次第では軽減可)

 注:枠順の影響=やや内枠有利、やや外枠不利?
   (コースロスの少なさから。馬場や展開で変動?)
 注:斤量差の影響=±小さい
   (底力への影響小さい。先行力・末脚などを相対的に小さく増減)
 注:力の要るダートや小回りへの適性
   (時計の掛かる馬場≒年初開催では特に注意。 大跳びで小回り実績がない馬など)

 ×:底力不足の馬
   → 底力:F
   (≒OP特別~準OP以上かつ急坂コースでの実績で劣る馬)


 コース形状(全10場で最もアップダウンが激しい、中央4場で最も直線が短い)から底力(=ハイペース耐性)上位の逃げ・先行馬が好走しやすい条件。
 近年は展開の幅が広がっていること、底力上位の差し馬は期待値が低くなる点(=展開や他馬の動向に左右されやすく、さらにコースロスも大きくなりやすい)...などに注意。


PR【馬券内馬と穴馬について】朝日FS(G1)

阪神競馬場 1600m(芝・外)
馬齢 牡・牝 2歳オープン
牡馬牝馬混合の、2歳マイル王決定戦です!
チャンピオンズC同等レベルで荒れるので、個人的にはとても楽しみにしているレースです!

3連単の過去配当は
2016年 221,200円
2015年 38,560円
2014年 133,570円
これこそ競馬の醍醐味!一発大逆転が狙える!
低配当レースなら個人的予想や誰かの予想に丸乗りでも問題ないですが、こういった荒れるレースは【穴馬】を【的確に】読めるかどうかがポイントですね!
つまり【的中率】を重視する必要があります!
だったら、朝日杯FSで結果を残している的中率特化型の「コラボ指数」が的中への最短ルート!最強の予想サポート情報です!

【コラボ指数】↓ 無料登録
https://www.collabo-n.com

コラボ指数は数字が「数字が小さい方が強い馬」で「最強馬は指数値4」という表し方です。
因みに過去実績より、12月の全競馬場対象288レース中【指数値4の馬は勝率60%以上】あります。
阪神競馬場だけで見ると【勝率70%】以上あります!
ぜひ参考にしてみてください。

【朝日杯FS】
--------------------------
■コラボ指数 予想順位1位の馬の結果(指数値4ではありませんでした)
2016年 2着 7人気モンドキャンノ
 単オッズ15.8

2015年 2着 1人気エアスピネル
 単オッズ1.5倍
2014年 3着 4人気クラリティスカイ
 単オッズ5.3倍
馬券圏内は間違いないと思われます。

■穴馬
2016年 3着 12人気ボンセルヴィーソ 
 単オッズ72.7倍 コラボ指数5位予想

2015年 3着 11人気シャドウアプローチ 
 単オッズ91.6倍 コラボ指数40以下の馬
2014年 2着 14人気アルマワイオ
 単オッズ64.7倍 コラボ指数52
--------------------------
要は見方次第と言われそうですが、コラボ指数が始まったのが2014年から。
つまり【年々、的中精度は上がっていきます】
ここまでの内容と、私が長年コラボ指数を使ってきた感触から要点をまとめると
阪神JF(G1)は
【コラボ指数上位6頭で穴馬込、馬券内馬2頭まで楽に絞り込める】

最新のコラボ指数は週末土日更新です。
コラボ指数を見たことない人、すでに使っているという人。
私なりにですが、週末に新しい情報を更新していきますのでチェックしてみてください。
※それまでにターコイズS(G3)についても調べてみます。

まだ見たことない人はサイトに登録して準備しておいてください。
【コラボ指数】↓ 無料登録
https://www.collabo-n.com



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)



関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△