朝日杯フューチュリティステークス2017 プレ予想(傾向と対策+出走予定登録馬)


 朝日杯フューチュリティステークスはコース形状がレースに与える影響がやや小さく、総合力(≒底力・末脚)上位馬が素直に好走しやすいレース。
 朝日杯フューチュリティステークスの傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。
プレ予想 目次
1. 結果から考える狙い方(傾向と対策)
2. 各馬の短評(出走予定登録馬)

PR【馬券内馬と穴馬について】朝日FS(G1)

阪神競馬場 1600m(芝・外)
馬齢 牡・牝 2歳オープン
牡馬牝馬混合の、2歳マイル王決定戦です!
チャンピオンズC同等レベルで荒れるので、個人的にはとても楽しみにしているレースです!

3連単の過去配当は
2016年 221,200円
2015年 38,560円
2014年 133,570円
これこそ競馬の醍醐味!一発大逆転が狙える!
低配当レースなら個人的予想や誰かの予想に丸乗りでも問題ないですが、こういった荒れるレースは【穴馬】を【的確に】読めるかどうかがポイントですね!
つまり【的中率】を重視する必要があります!
だったら、朝日杯FSで結果を残している的中率特化型の「コラボ指数」が的中への最短ルート!最強の予想サポート情報です!

【コラボ指数】↓ 無料登録
https://www.collabo-n.com

コラボ指数は数字が「数字が小さい方が強い馬」で「最強馬は指数値4」という表し方です。
因みに過去実績より、12月の全競馬場対象288レース中【指数値4の馬は勝率60%以上】あります。
阪神競馬場だけで見ると【勝率70%】以上あります!
ぜひ参考にしてみてください。

【朝日杯FS】
--------------------------
■コラボ指数 予想順位1位の馬の結果(指数値4ではありませんでした)
2016年 2着 7人気モンドキャンノ
 単オッズ15.8

2015年 2着 1人気エアスピネル
 単オッズ1.5倍
2014年 3着 4人気クラリティスカイ
 単オッズ5.3倍
馬券圏内は間違いないと思われます。

■穴馬
2016年 3着 12人気ボンセルヴィーソ 
 単オッズ72.7倍 コラボ指数5位予想

2015年 3着 11人気シャドウアプローチ 
 単オッズ91.6倍 コラボ指数40以下の馬
2014年 2着 14人気アルマワイオ
 単オッズ64.7倍 コラボ指数52
--------------------------
要は見方次第と言われそうですが、コラボ指数が始まったのが2014年から。
つまり【年々、的中精度は上がっていきます】
ここまでの内容と、私が長年コラボ指数を使ってきた感触から要点をまとめると
阪神JF(G1)は
【コラボ指数上位6頭で穴馬込、馬券内馬2頭まで楽に絞り込める】

最新のコラボ指数は週末土日更新です。
コラボ指数を見たことない人、すでに使っているという人。
私なりにですが、週末に新しい情報を更新していきますのでチェックしてみてください。
※それまでにターコイズS(G3)についても調べてみます。

まだ見たことない人はサイトに登録して準備しておいてください。
【コラボ指数】↓ 無料登録
https://www.collabo-n.com



予想のポイント

結果から考える狙い方「朝日杯フューチュリティステークス」
[期待値:F-G+?]=検証少ない。展開の幅広さに注意。
展開の早さ・緩さによる、好走馬の距離適性のブレに注意。

 ▲+:マイル以上での総合力上位馬
   → 底力(=ハイペース耐性)キレ持続力FF-?(1.5~2個以上)
   (末脚の信頼性は「キレ≧持続力」
     → 古馬の条件戦より緩急の激しい展開になりやすいため。展開依存、脚質にも注意。
    2個以上がFなら、はっきりと格上。
     ≒「マイル以上で2勝」「重賞で優勝~連対歴あり」の条件を満たす~近い馬
    直線の長いマイル or 芝1800m以上を上がり上位で好走していれば、末脚を甘く評価可)

 注:枠順の影響=内枠少し有利?外枠少し不利?
   (弱い傾向。展開などで影響が強まる場合あり)

 △:パワーで劣る馬
   (≒450kg以下の馬。牝馬限定戦より基準を厳しくしている)
 ×:マイル以上での総合力で劣る馬
   → 底力・キレ・持続力:G+?(1つもFF-がない馬)
   (≒非SS系、逃げ・先行馬、芝1400m以下でしか好走歴のない馬)


 コース形状がレースに与える影響がやや小さく、総合力(≒底力・末脚)上位馬が素直に好走しやすいレース。
 古馬の条件戦より緩急の激しい展開になりやすい点(=テンかなり早く、中盤かなり非常に緩く、上がりが早くなりやすい。この展開から、人気薄の追い込み馬が着を拾いやすい。 テンの早さは距離延長で臨む馬が多いため?)...などに注意。

現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)



各馬の短評・適性チェック
能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)


ダノンプレミアム

短評:
 先行力を始めとした全体的なスピードに優れるマイラー~千八巧者??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、高いレベルでの末脚不足。
 2連勝はテンの早さも緩急の大きさも全く異なる展開をほぼ同じ位置取りから優勝したもので、マイラーとして非常に優れた素質(=準OPでも好走が可能なレベル)を示しています。朝日杯FSの例年のレースレベルが1000万下以下であること(NHKマイルカップの例年のレースレベル=準OP)、他の出走予定登録馬で「マイルで1000万下以上の素質」を示した馬がステルヴィオだけであること...などから、大崩れは考えられません。
 ただ、血統やこれまでのレース内容からどちらかと言えば全体的なスピードを問われる条件の方が合いそうで、東京芝1600mから阪神芝1600m・外への条件替わり(=コース形状の変化から、先行力を生かしづらく&末脚の要求度が上がりやすい)では高いレベルでの末脚不足からパフォーマンスが伸び悩む心配があります。連軸として信頼できますが、1着固定で狙うのは慎重に。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:17'サウジアラビアRC 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴は少し短い?)、太さ普通、角度普通~やや立ち(蹄はやや寝る)。直飛節気味? 標準的な芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(?)で、標準的な芝のマイル~1800m◎?? 荒れ馬場・道悪▲?? ゲートダッシュ:▲+?? 先行力E-底力(=ハイペース耐性)F? キレ:F-?? 持続力:-(不明) 総合力でE-(甘め)??相当



タワーオブロンドン

短評:
 全体的なスピードに優れる千四巧者~短距離馬??
 ここでの不安は、距離の長さ≒長い直線のマイルでの末脚不足。
 芝1400m~1500mでは幅広い展開に対応していますが、17'ききょうS(=額面のスピードを問う超極端な前傾ラップ。距離短縮向きのスピードが問われた)で圧勝した辺り距離延長ではパフォーマンスが伸び悩む可能性が高いと思われます。非SS系の血統からキレ(=トップスピードと急加速力)を中心とした末脚が成長しづらそうな点も阪神芝1600m・外(≒上がり3Fのキレを問われやすいコース形状)では不安で、苦戦を強いられるのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:17'京王杯2歳S 55.0kg)
(ツナギチェックなし) 血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1400m前後◎??(1200m○?? マイル▲??) 荒れ馬場・道悪?? 先行力G+(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)F-(推定値)? キレG+? 持続力:-(不明。低い?) 総合力でF-(甘め)?相当 おば:エルノヴァ



ステルヴィオ

短評:
 キレを中心とした末脚の総合力に優れる千八巧者~マイラー??
 ここで見直したい理由は、末脚の要求度が高まる条件替わり。
 過去3戦とも上がり3Fが2位以内である通り、マイル向きかつキレ(=トップスピードと急加速力)を中心とした末脚の総合力に優れるのが強み。ただ、マイルでは先行力・テンのスピードで劣るところがあり、先行力の要求度・重要度が高い条件ではサウジアラビアロイヤルカップのように追い込んで届かずの競馬になってしまいます。しかし、東京芝1600mから阪神芝1600m・外への条件替わり(=コース形状の変化から先行力を生かしづらく&末脚の要求度が上がりやすい)なら先行力不足を補いつつ、持ち味のキレを中心とした末脚の総合力を全開にしやすいと思われ、展開次第ではダノンプレミアムを逆転可能なのでは。マイルで1000万下以上のレベル(注:朝日杯FSの例年のレースレベル=1000万下以下)を示している2頭のうちの1頭を、逆転候補筆頭として素直に評価したいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:17'サウジアラビアRC 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(後脚少し長い)、太さ普通、角度普通~やや寝る?標準飛節? 標準的な芝の中距離向き、血統はマイル前後向き(??)で、標準的な芝の1800m前後◎??(マイル○?? 2000m▲??) 荒れ馬場・道悪▲+??(レース振りから少しプラス修正) 先行力:G+(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)F-?? キレF?? 持続力F-(甘め)?? 総合力でF??相当 斤量注(やや小柄+キレ優位)



ダノンスマッシュ

短評:
 全体的なスピードに優れる千四巧者??
 ここでの不安は、末脚不足≒距離の長さ。
 父ロードカナロア×母父Hard Spun(Danzig系)という血統通り全体的なスピードに優れた素質を見せています。しかし、末脚の裏付けが弱いまま+血統的に末脚の成長を望みにくそうことが、阪神芝1600m・外(=長い直線のマイル)では大きな不安要素です。「ハイペース+短い直線」のマイルなら好走の可能性があるかもしれませんが、ここでは厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:17'もみじS 55.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(脚・胴はやや短い?)、太さ普通、角度普通?飛節不明。 標準的な芝のマイル以下向き、血統は短~マイル向き(??)で、標準的な芝の1400m前後◎??(マイル▲??) 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力G+(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)G+? キレ:G?? 持続力:-(不明) 総合力でG+?相当



フロンティア

短評:
 末脚のバランスに優れるマイラー~中距離馬??
 ここでの不安は、実力不足。
 これまでに示した実力は500万下を超えておらず(2連勝がいずれも上がり特化のスローペースを前々で運んだもので、位置取りの利が大きい中での優勝)、朝日杯FS(=例年のレースレベルが1000万下以下)を優勝するには実力不足だと思われます。さらに悪い事に、今年は1000万下以上の実力を示している馬が2頭もいるハイレベルなメンバーで、逆転は非常に難しいはず。馬体重の割に足回りが
パワー寄りなので急坂コースでパフォーマンスを上げてくる可能性はありますが、厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:17'新潟2歳S 54.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、太さ普通~やや太い(蹄は大きい)、角度普通。標準飛節。 重めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝のマイル~中距離◎?? 荒れ馬場○??道悪▲?? ゲート:▲+?? 先行力G?? 底力(=ハイペース耐性)G+(甘め)?? キレG+(甘め)?? 持続力G?? 総合力でG+↑??相当 斤量注(小柄) 半兄:ドリームパスポート


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)

【競馬の現実を知る。言葉・的中のマジックに騙されないで。】PR

この内容を理解している人に
【週刊競馬ナックル】というサイトを使う価値があります。
■公式サイト⇒コチラ(無料)

1、競馬は95%の人間が負けています。

「競馬で儲けたい」「万券を当てたい」
そんな幻想にいつまで振り回され続けるつもりですか?
ウソがまるで本物かのように作られている競馬予想会社に騙されてはいけません。


2、勝つ=儲かる

言葉巧みな誘惑に負けてませんか?
競馬会社から出る買い目はとても魅力的です。
しかし、その競馬会社から予想の為になる信頼できる情報はでていますか?

3、勝つ確率を高める=本物の情報による馬券

競馬予想の勝者はわずか5%。
全部当たるとか、必ず万馬券が取れるといった言葉は幻想です。

現実と向き合いながら勝つ確率を高めるのが週間競馬ナックル。

4、あなたの信頼する馬券師はいますか?

どの競馬新聞にも競馬雑誌にもいろんな予想家が載っています。
大勢の予想家が予想するからこそ、的中する確率もあがります。
競馬新聞っていろんな予想家が予想しているのに◎が一致しませんよね?

つまり、予想をだしている大勢の予想家の中で的中が出れば、
的中した競馬新聞や競馬雑誌という風に感じるでしょう。
「よく当たる」と「よく稼げる」は違うのです。

この内容を理解して、しっかり現実がわかる方に、
無料コンテンツ「オフレコ記者ブログ 南丸がゆく!!」を見て頂きたいです。

僕も見て思ったのが、「たしかに」という感想でした。
この「たしかに」を念頭において某有名新聞や雑誌を改めて見ると、
どれだけウソの情報を掴まされていたのか実感しました!

現実を理解して、競馬で勝つ確率を高めたい方はチェックしてみてください!

※アドレス送信後、返信メールからサイトに入れます。
■公式サイト⇒コチラ(無料)



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


競馬ブログ トラコミュ
 朝日杯フューチュリティステークス(2017)
 朝日杯フューチュリティステークス2017
 朝日杯FS データ分析
 朝日杯フューチュリティステークス(GI)


にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△