アメリカジョッキークラブカップ2018_結果回顧 ダンビュライトがこれ以上ない展開で重賞初制覇


 若干中弛みのほぼ一貫ラップで、全体的なスピードに偏った馬(=他場ではキレ不足を見せるような馬)が有利。
 4→3番手から走破時計に並んだと仮定すると前半スローからの後半ロングスパート気味の上がり勝負で、前に付けた持続力優位の末脚上位馬がかなり有利。
 アメリカジョッキークラブカップ2018の回顧をしていきます。
回顧記事 目次



芝の馬場傾向 回顧馬場傾向 回顧よりコピペ)

中山競馬場 : 開催8/8週目(計9日+計7日)、Cコース使用3/3週目(計7日)。水雨

 中伸び~やや外伸び(表面の傷み目立つ)で、時計レベルは標準↑?? 好走している血統は(日曜12Rまで、計9レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×14、Northern Dancer系×5、Mr. Prospector系×5、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×2、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×1で、推測される芝質は「標準~重めの芝(前週比:変わらず~少し重くなる)」

 最終週・8週目の中山芝をまとめると、「中伸び~やや外伸び(表面の傷み目立つ)の標準~重めの芝で、時計レベルは標準↑??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?



ラップタイムの評価

2018 36.3-37.0-24.0-36.0 =2'13"3標準?
集団 37.3-37.3-24.2-34.5 =2'13"3標準?(4→3番手から走破時計に並んだと仮定)

平均 36.6-36.6-23.9-35.4 =2'12"5少早?(2015~17=路盤改修後、AJCC、良馬場、計3レース)

※「3F-3F-2F-3F =11F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると、若干中弛みのほぼ一貫ラップ(テン早く、2ブロック少し緩く、3ブロック平均的、上がりが少し掛かる)で、全体的なスピードに偏った馬(=他場ではキレ不足を見せるような馬)が有利。
 4→3番手から走破時計に並んだと仮定すると前半スローからの後半ロングスパート気味の上がり勝負(テン・2ブロックともやや緩く、3ブロック少し緩く、上がりがかなり早い)で、前に付けた持続力優位の末脚上位馬がかなり有利。
 ただ、時計レベルとペースを考えると近年の平均レースレベルにやや劣る印象。このレース単体ではあまり高く評価できないのでは。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)



ダンビュライト55.0kg・前走比-1.0kg)

短評:
 展開と能力適性がほぼ完全に一致? 若干中弛みのほぼ一貫ラップ(=中距離としては珍しい展開)を追走したことで、持ち味のパワーとジリ脚(≒持続力)を生かしつつ、キレ不足のフォローまで叶ったと思われます。他場の芝・中距離ではコース形状などの特徴から今回よりキレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が高くなるため、単勝の期待値は非常に低そう。金鯱賞で展開が向ききればあるいは...といった程度では。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'AJCC 55.0kg)
(誤差注)ツナギはやや長い(後脚長い?)、太さ普通、角度普通(蹄はやや寝る)。標準飛節? 標準的な芝の中長距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の2200m前後◎??(マイル▲+??) 荒れ馬場・道悪▲+??(レース振りから重めにプラス修正) 先行力E-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)E? キレ:F-持続力E-? 総合力でD-(甘め)?相当 半兄:ラブラドライトなど



ミッキースワロー56.0kg・前走比-1.0kg)

短評:
 展開と能力適性がやや一致? 能力を概ね発揮できる展開だったと思われますが、持続力(≒距離延長への適性)の要求度がもう少し低く&キレ(=トップスピードと急加速力)の要求度がもう少し高い展開の方が合う印象(これまでのレース内容+血統から)。距離延長ではパフォーマンスが伸び悩み~低下しそうで、日経賞あたりでは厳しい評価から考えたいです。宝塚記念(=阪神芝2200mは直角に近い3角進入時にペースが緩む分、キレの要求度が中山芝2200mより高くなりやすい)が良馬場ならの条件ベストに近いのでは。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'AJCC 56.0kg)
 ツナギはやや長い、太さ普通、角度普通~やや立ち。直飛節気味。 標準的な芝の中長距離向き、血統は中距離向き(?)で、標準的な芝の2200m前後◎?? 荒れ馬場・道悪▲?? 先行力:F-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)E-キレE-(甘め)? 持続力E(甘め)? 総合力でE(甘め)?相当 急坂:▲+??(やや頭高い) おじ:ペールギュント



結果から考える狙い方「中山芝2200m・古馬G2」
[期待値:E-?]=展開の幅広さ・影響度の強まりに注意。特に高速馬場になるオールカマー。

 ○:底力・持続力を中心とした総合力上位馬
   → 先行力D-E底力(=ハイペース耐性)DD-? キレ:EE-持続力DD-?(2つ以上)
   (信頼性は「持続力≧先行力≧キレ」になりやすいも、馬場や展開による変化に注意。
     → 特にオールカマー。時計の早い馬場で行われやすく、キレの要求度が高くなりやすい。
    先行力:F-G+?以下の場合、信頼性ダウン。
     → 前後・内外の不利が大きくなりやすい。コーナーの割合が高い&大回りのため)

 注:枠順の影響=内外フラット?
   (スタートから1角までがやや長いため? 馬場傾向による変化に注意)
 注:斤量差の影響=±やや小さい?
   (キレなどの要求度が低いため。 展開や時計レベルによる変動に注意)
 注:リピーターの好走・巻き返し
   (路盤改修の影響で、リピーターの期待値が低下?)
 注:路盤改修で、排水性が大幅に改善
   (雨中の競馬でないかぎり、雨の影響は限定的?)

 ×:底力不足の馬
   → 底力:EE-
   (≒重賞実績で劣る馬。 展開、時計レベルによる要求度の変化に注意)


 コース形状(テンで2度上る、コーナーが大きく+区間も長い、残り約1300m~残り約700mまで長い下り坂、急坂)などから、緩急がとても小さい流れになりやすく、底力・持続力を中心とした総合力上位馬(≒重賞実績上位馬)が好走しやすい条件。
 リピーターや高齢馬の期待値が低下したと推測される点(路盤改修の影響でキレ・末脚の要求度が高くなり、以前のような「タフな馬場・展開での消耗戦」が起こり難くなったため)...などに注意。

馬場傾向の付記:(路盤改修による変化に注意)
アメリカJCC = 重めの芝にややなりやすい。リピーターや高齢馬の好走に注意。
 芝質の低下率、高齢馬の好走率とも減少? オールカマーより時計が少し掛かる分、展開の影響度が低下。
オールカマー = 時計レベルが早い。芝2500m前後ベストの中長距離馬の苦戦やリピーターの好走に注意。
 馬場が野芝のみのため。キレの要求度アップ。上位評価2頭によるワイド1点買いなら期待値上昇?


 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓



↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに昨秋のセントウルステークスは憶えていますか?

その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、

06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

↓↓

【結果】
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓


うまコラボ:12月28日(木)的中率結果

=========================================

単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%

ワイド:91.3% 三連複:54.2%

三連単54.2%

=========================================



うまコラボ:12月24日(日)的中率結果

=========================================

単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%

ワイド:75% 三連複:41.7%

三連単41.7%

=========================================



うまコラボ:12月23日(土)的中率結果

=========================================

単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%

ワイド:83.3% 三連複:25.0%

三連単25.0%

=========================================


 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/

【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。


 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。


 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)



関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?

 能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△