根岸ステークス2018 プレ予想(傾向と対策+出走予定登録馬)


 根岸ステークスはコース形状からダ1400m戦としてはテンがもっとも緩くなりやすく、末脚(=レース後半の能力)の総合力勝負にややなりやすい条件。
 根岸ステークスの傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。
プレ予想 目次
1. 結果から考える狙い方(傾向と対策)
2. 各馬の短評(出走予定登録馬)
 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓



↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに昨秋のセントウルステークスは憶えていますか?

その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、

06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

↓↓

【結果】
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓

うまコラボ:12月28日(木)的中率結果
=========================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 三連複:54.2%
三連単54.2%
=========================================

うまコラボ:12月24日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:41.7%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:12月23日(土)的中率結果
=========================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 三連複:25.0%
三連単25.0%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)



予想のポイント

結果から考える狙い方「東京ダ1400m・古馬G3~OP」
[期待値:F-G+]=展開の幅広さに注意(特に古馬OP)。
ダート短距離としては例外的に末脚の要求度が高いので、リピーターなどに注意(特に根岸S)。

 ▲+:末脚の総合力上位馬
   → 底力:E-F↑キレEE-? 持続力:E-F↑
   (末脚の信頼性は「キレ優位≧持続力優位」も、展開による変化に注意。
    先行力:F-G+?以下の場合、期待値ややダウン。
     → 展開の影響を受けやすく、前後・内外の不利も大きくなりやすい)
 ▲-:総合力上位の逃げ・先行馬
   → 先行力底力(=ハイペース耐性)EE-? キレ:FF-? 持続力:E-F??
   (末脚不足から詰めが甘くなりやすい。 道悪馬場や展開のフォロー、格上の実力などが欲しい)

 注:枠順の影響=内外フラット?
   (上り坂までの助走区間が短いため、プラス・マイナスの要素が拮抗?
    内枠:コースロス小さい。底力 or キレの要求度が少しアップ。混雑しやすい)
 注:斤量差の影響=やや大きい?
   (キレ・末脚に影響大。コース形状>展開の両方に依存)
 注:大回り向きの馬、芝指向のキレを隠し持つ血統の馬
   (小回りや短い直線からの巻き返しに注意。
    SS系、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)、A.P.Indy系、Unbridled系など)

 ×:キレ・持続力がいずれも不足する馬(≒逃げ~好位の馬)
   → キレ:F? 持続力:F-
   (道悪+ハイペースが揃えば、軽減可?
    他場のダ1400mでしか実績のない馬が該当しやすく、妙味を追うポイントに)


 コース形状(ダ1400m唯一のダートスタート、アップダウンの多さ、全10場&ダート短距離で最長の直線)からダ1400m戦としてはテンがもっとも緩くなりやすく、末脚(=レース後半の能力)の総合力勝負にややなりやすい条件。
 他場のダート短距離に好走歴が偏る馬(≒レース前半の能力に優れる馬、先行力・底力タイプ)は末脚不足から苦戦しやすく、同コース実績馬やマイルをこなせる馬が巻き返しやすい点...などに注意。

根岸S=OP特別より緩い流れになりやすい(=末脚の要求度アップ)
 距離延長・フェブラリーSを見据えて各騎手が抑えやすいため?

現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)



各馬の短評・適性チェック
能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)


カフジテイク

短評:
 底力・キレに優れる千四巧者~マイラー??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、加齢によるトップスピードの衰え(×昨年比+1.0kgの斤量)。
 近走では額面の上がりが伸び悩んでいて、加齢によるトップスピードの衰えが心配されます(以前より前付けしていることも影響?)。昨年比+1.0kgの斤量増はこの不安を強くする要素なので、期待値は昨年よりやや低くなっている可能性があります。
 ...とはいえ、昨年の根岸ステークスを完勝するなど東京ダ1400mでは3戦3勝。持ち味のキレ(=トップスピードと急加速力)を発揮できる東京ダ1400mはスローペースならば額面の上がりの早さで、ハイペースならば前後の利で逃げ・先行馬を差し切ることが可能で、距離+能力の特徴からは不安がありません。他の有力馬にそれらで上回る馬はいないと思われ、人気でも上位に評価したいです。
適性チェック:(最終更新:17'プロキオンS 57.0kg)
 ツナギはやや短い、太さ普通?角度普通?標準飛節? 標準的なダートのマイル以下向き、血統は短~マイル向き(?)で、軽いダートの1400m~マイル◎??(1800m▲?? ダ1200m△~×?) 先行力:G?(芝スタート時:G(甘め)?) 底力(=ハイペース耐性)DキレD-? 持続力:E-(甘め)? 総合力でD?相当 斤量少注(キレ優位) 半兄:テイクアベット



サンライズノヴァ

短評:
 底力を中心とした総合力に優れるマイラー??
 ここでの不安を強いて挙げるなら、急加速力不足。
 これまでのレースを見直すと、緩急の小さい展開など急加速力の要求度が低めの条件の方がパフォーマンスを上げている印象があり、超大型の馬格+母系(母父サンダーガルチ×母母父リアルシャダイ×母母母父サーペンフロ)もその印象を後押しします。時計の早い馬場は得意ですが、急加速力(≒キレ)の要求度が高い展開になった際の詰めの甘さに注意したいです。成長を見込みつつ、1着固定の馬券は資金配分を薄めで。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:17'グリーンCC 54.0kg+α)
(誤差注)ツナギは長さ普通、やや細い、やや立ち?飛節不明。 軽めのダートのマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、軽めのダートのマイル前後◎??(1400m▲+??) 先行力F(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)E-? キレ:F-?? 持続力F?? 総合力でE-↑??相当 おじ:サンライズバッカス



キングズガード(57.0kg/やや小柄↑)

短評:
 底力・持続力に優れる千四巧者~マイラー?
 ここでの不安は、高いレベルでのキレ(=トップスピードと急加速力)不足。
 急坂コースで6勝(/全8勝)を挙げているように末脚は持続力優位で、キレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が高い東京ダ1400mでは0-1-1-1と未勝利。その他のレースを見てもキレの大幅な成長は感じられず、人気に見合う勝率~連対率は期待できないと思われます。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(最終更新:17'プロキオンS 56.0kg)
 ツナギは長さ普通(前脚短い)、やや太い、角度普通~やや寝る?標準飛節? やや力の要るダートのマイル前後向き、血統はマイル前後向き(??)で、ダートの1400m~1700m◎?(砂質不問??血統によるプラス修正含む) 先行力:G+?(甘め。芝スタート時:G?) 底力(=ハイペース耐性)D-(甘め)? キレ:E-?(甘め) 持続力E? 総合力でD-(甘め)~E↑?相当 斤量少注(やや小柄↑)



アキトクレッセント

短評:
 全体的なスピードに優れる千三巧者??
 ここでの不安は、キレ(=トップスピードと急加速力)不足。
 父ウォーエンブレム×母父フレンチデピュティという血統通り緩急の小さいペースを刻むとパフォーマンスを上げていて、急加速力(≒キレ)の要求度が高くなりやすい東京ダ1400mで勝ち切るのは難しいと思われます。これまでのレース内容から脚抜きの良い馬場はパフォーパンス上昇に繋がる要素ですが、それでも厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(最終更新:17'ギャラクシーS 55.0kg)
 ツナギは短い、やや細い?角度不明。標準飛節? 軽めのダートの短距離向き、血統は短~マイル向き(?)で、軽いダートの1300m前後◎??(力の要るダート▲?) 先行力E-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)E-? キレ:F-(甘め)? 持続力:-(不明) 総合力でE-?相当



ベストウォーリア(58.0kg)

短評:
 底力を中心とした総合力に優れる準マイラー?
 ここでの不安は、高いレベルでのキレ不足×重い負担斤量。
 プロキオンステークスを連覇、東京ダ1600mで高いパフォーマンスを発揮しているように、底力(=ハイペース耐性)を中心とした総合力を問われる条件がベストで、キレ(=トップスピードと急加速力)の要求度が高くなる東京ダ1400mではキレ不足です。メンバーでもっとも重い負担斤量はこの不安を強くする要素で、根岸ステークスを優勝するのは難しいと思われます(現在の根岸ステークスの条件になった2001年以降、メンバーでもっとも重い負担斤量の馬は未勝利)。ここでは厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(マイナス修正に注意。 最終更新:17'フェブラリーS 57.0kg)
 ツナギは長さ普通(前脚やや短い)、やや太い、角度普通。直飛節。 やや力の要るダートのマイル前後向き、血統は短~マイル向き(?)で、ダートの1400m~1500m◎?(砂質不問? マイル○-?? 1200m△?) 先行力E?(甘め。芝スタート時:E?甘め) 底力(=ハイペース耐性)D? キレ:E-(甘め)? 総合力でD-?相当

現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)

【競馬の現実を知る。言葉・的中のマジックに騙されないで。】PR

この内容を理解している人に
【週刊競馬ナックル】というサイトを使う価値があります。
■公式サイト⇒コチラ(無料)

1、競馬は95%の人間が負けています。

「競馬で儲けたい」「万券を当てたい」
そんな幻想にいつまで振り回され続けるつもりですか?
ウソがまるで本物かのように作られている競馬予想会社に騙されてはいけません。


2、勝つ=儲かる

言葉巧みな誘惑に負けてませんか?
競馬会社から出る買い目はとても魅力的です。
しかし、その競馬会社から予想の為になる信頼できる情報はでていますか?

3、勝つ確率を高める=本物の情報による馬券

競馬予想の勝者はわずか5%。
全部当たるとか、必ず万馬券が取れるといった言葉は幻想です。

現実と向き合いながら勝つ確率を高めるのが週間競馬ナックル。

4、あなたの信頼する馬券師はいますか?

どの競馬新聞にも競馬雑誌にもいろんな予想家が載っています。
大勢の予想家が予想するからこそ、的中する確率もあがります。
競馬新聞っていろんな予想家が予想しているのに◎が一致しませんよね?

つまり、予想をだしている大勢の予想家の中で的中が出れば、
的中した競馬新聞や競馬雑誌という風に感じるでしょう。
「よく当たる」と「よく稼げる」は違うのです。

この内容を理解して、しっかり現実がわかる方に、
無料コンテンツ「オフレコ記者ブログ 南丸がゆく!!」を見て頂きたいです。

僕も見て思ったのが、「たしかに」という感想でした。
この「たしかに」を念頭において某有名新聞や雑誌を改めて見ると、
どれだけウソの情報を掴まされていたのか実感しました!

現実を理解して、競馬で勝つ確率を高めたい方はチェックしてみてください!

※アドレス送信後、返信メールからサイトに入れます。
■公式サイト⇒コチラ(無料)



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
>小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


競馬ブログ トラコミュ
 根岸S(2018)
 根岸ステークスみんなの予想
 根岸S データ分析

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△