小倉大賞典2018 プレ予想 千八巧者と中長距離馬が同時に好走できるレース


 小倉大賞典はコース形状などから中締まり風味の一貫ラップになりやすく、総合力上位の千八巧者・中長距離馬の期待値が高い条件。
 小倉大賞典の傾向と対策、出走予定登録馬を見ていきたいと思います。
プレ予想 目次
1. 結果から考える狙い方(傾向と対策)
2. 各馬の短評(出走予定登録馬)
【!】開催週・火曜の夜以降に概ね5頭まで追記していきます。

PR【重賞4レース予想】3連単を狙いやすいのはフェブラリーS


的中に特化した予想。
2月10日(土)単勝95.8%、三連単37.5%という高水準を過去4年にもわたり保ち続ける予想データ。
このデータを使って、G1フェブラリーS、小倉大賞典、ダイヤモンドS、京都牝馬Sをひも解いて予想します。
このデータは無料会員になればだれでも今週から見れますので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

それでは、各レースをこのデータ予想の過去結果から分析していきます。
フェブラリーS

今週末一番の的中率に期待できるレースです。
というのは、過去3年、指数1位と2位の予想馬が馬券に絡んでいます。
指数1位と2位で馬券を組み立てるだけで、複勝、ワイドが的中。まずこれだけで安定的に勝てますね。
最も取りたいのは3連単。
2017年から過去3年で見ると、4位予想馬、6位予想馬、7位予想馬が馬券に絡んでいます。
この3頭の共通点を見つければ3連単を十分狙えるレースです。
週末までにじっくり研究したいと思いますが現時点でわかっていることは【2014年1着馬以外、すべて指数値30以下で馬券決着】今週末はフェブラリーSが一番勝ちやすいレースだと思います。
みなさんも週末までにこの指数について少し調べてみてください。

また、フェブラリーSの予想については、サイト運営者北条氏のブログにて日曜日昼に無料公開されますの。楽しみにしてみてください。
⇒ こちら
小倉大賞典
ダイヤモンドS
京都牝馬S

この3レースの予想が難しい。
この中だったら、ダイヤモンドSが予想しやすいかなぁ。と思いますが、それでも直近2017年成績がいまいちです。
指数1位~3位までの馬が馬券に絡むことは間違いないのですが、馬券内3頭を絞り込むにはもっと分析が必要になります。
しかし、一つだけ予想のヒントとしてあるデータを見つけました。
それは【穴馬発見法】です。この指数データとオッズを組合せて発見します。

例年穴馬の好走が見られますが、オッズの変動でその隠れた馬を見抜ける可能性があります。
指数というのは【全頭の全レースの情報から強い馬の順位を付ける】
しかし僕はここに欠点があると思っています。
その欠点とは【距離適性バッチリの穴馬見落とし】です。

総合評価、つまり全レースで見ると弱いけど、1,800mだけは強い。そんな穴馬たまにいますよね。オッズだけ見てもこれは正直わからないです。穴馬探しで全頭チェックするのも大変な作業です。
そこで、いい例が小倉大賞典の昨年1着馬マルターズアポジー。
指数14位予想と評価が低いのに、4人気とオッズでは高評価。矛盾が起きました。

どういうことだ?と疑問がうまれマルターズアポジーだけの前レース情報を調べてみました。すると、2016年2500mの有馬記念で15位と大敗。その前走福島記念G3や、秋風Sなどでは7人気以下にも関わらず1着。
つまり、距離適性は1600m~1800mの馬。G1競争で勝てるほどの実力はないが、G3や特別戦では1着になれるほどの馬とみます。
結果【マルターズアポジー:1800mのG3小倉大賞典は一番力をだせるレース→1着】
ちょっとしたオッズの変化は簡単に気づけません。しかしこの指数と連携することにより【全体的に見て弱い馬でも、そのレースだけ、ピンポイントで強い馬】を導きだすことができます。

※1点だけ注意
この予想方法で惑わされるのが、大口投票でのオッズ変化です。
大口が入る理由は、調教がすごいよかったなど色々な理由がありますよね。しかしそれは強い馬とは言いきれません。
弱い馬の調教がよくても、いざレースとなると強い馬に勝つのは難しい。
この指数サイトの馬柱の馬名をクリックすると競走馬データが見れますので、適正距離を調べるときに使ってみて下さい。

今週末は重賞4鞍。とても楽しみな週末です。
ぜひこの指数を参考にしてみてください。
⇒ こちら



予想のポイント

結果から考える狙い方「小倉芝1800m・古馬G3~OP」
[期待値:E-(甘め)~F-?]
底力は、マイル指向の追走スピードで代用~補完が可能。

 ○-:総合力上位の千八巧者・中長距離馬
   → 先行力EF↑底力(=ハイペース耐性)EE-? キレ:FF-↑持続力EE-?(2つ以上)
   (期待値は「持続力優位 ≧ 先行力優位 > キレ優位」になりやすい
     → 距離適性や馬場・展開によって変化。
    距離適性の信頼性は「芝1800m>中長距離 >> 芝2000m」
     → 芝2000mに換算すると中盤が非常に早くなりやすいため。
       ただし、アップダウンの負荷が低いため、底力不足をスピードで補う馬に注意。
       芝2200m以上がベストの場合、基準にやや近い先行力と基準を超える底力が望ましい。
        ≒ 距離短縮での追走に付いていける馬、平坦の中長距離重賞を好走できる馬。
       芝2000mベストの場合、期待値が大幅ダウン。
        → 福島・新潟・中京芝2000mの好走歴はむしろプラス要素
    先行力:F-G+?以下の場合、期待値ダウン。
     → 前後・内外の不利が大きくなりやすい。
       先行力の重要度アップ。 馬場の耐久性向上などで追い込み難くなる)

特注:枠順の影響=内枠有利↑・外枠不利↓
   (コースロスの少なさ、馬場の耐久性向上+開催日の前倒し...などから。
    小倉大賞典では1~3枠でのワンツーが続いた(2013~16年)。 2014・15は1~3着を独占。
    「コースロスの少なさ+イン突きの可能性 > 内で詰まるリスク」と考えた方が期待値高い。
    スパイラルカーブ+馬場の耐久性向上などから、内で詰まるリスク+傷んだ馬場を通るリスクが低減)
 注:斤量差の影響=小さい~やや小さい?
   (末脚と、逃げ・先行馬のスピード持続力・底力を相対的に増減。
    引き締まった展開になりやすいため影響は小さめも、展開による変動に注意)
 注:平坦巧者や加速に時間が掛かる馬、キレ不足の馬の巻き返し
   (例:小倉芝2000mでキレ負けした逃げ・先行馬など)

 ×:総合力で劣る馬
   → 先行力:F-G+? 底力:E-F? キレ:F-G+? 持続力:E-F
   (≒古馬OP~準OP以上の実績で劣る馬、昇級馬。
    マイル以下がベストの逃げ・先行馬、芝2000mベストの馬など)


 コース形状(1角までの距離が短い、上り坂がテンにしかない、1・2角中間からゴールまでほぼ下り続ける、3・4角がスパイラルカーブ)などから中締まり風味の一貫ラップになりやすく、総合力上位の千八巧者・中長距離馬の期待値が高い条件。
 内枠有利・外枠不利の傾向が強くなっている点、昇級馬≒軽ハンデ馬の期待値が低い点(=引き締まった展開になりやすいため)、小倉記念でキレ負けた逃げ・先行馬などが小倉日経オープンで巻き返す例(小倉芝1800mは、1角までの距離の短さから小倉芝2000mより緩急の小さい流れになりやすく、キレの要求度が低くなりやすいため)...などに注意。

馬場に関する付記:
 小倉大賞典=内有利の傾向強まる。末脚の要求度アップ
  (馬場傾向は少し内有利~内外フラットになりやすい。 開催4日目基準)
 小倉日経OP=少頭数や前有利のペースになりやすい?
  (マイル・中距離重賞に囲まれているため?)

珍しい展開:
17'小倉大賞典 勝ち馬:マルターズアポジー
 中締まり風味の前傾ラップ(テンかなり早く、中盤早く、上がりがかなり非常に掛かる)。例年は不利な外枠の追い込み馬が2着に好走。
 逃げ馬候補が4頭ほど揃ってハイペースになったこと、内枠にギアチェンジに優れる馬がいなかったこと...が、外枠の追い込み馬が好走した原因?

現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)



各馬の短評・適性チェック
能力適性の用語解説底力(=ハイペース耐性)キレなどの用語解説)
能力レベル(評価)の早見表AGのクラス対応表)


ウインガナドル

短評:
 能力バランスに優れる中距離馬??
 ここでの不安は、底力(=ハイペース耐性)を始めとした大幅な実力不足。
 17'ラジオNIKKEI賞(=やや前・内有利の馬場+中弛み風味の一貫ラップ)を逃げて2着、17'新潟記念(=中伸び馬場+後傾の中弛みラップ)でも逃げて4着...と、中距離重賞で連続好走していますが、いずれも「軽ハンデ/やや小柄+逃げ馬」+「中盤をある程度緩めた展開」でのもので、小倉大賞典(=コース形状から中盤が引き締まりやすく、底力の要求度が高くなりやすい)向きの適性・能力を示したレースはありません。人気なら期待値が非常に低くなっていそうで、厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:17'ラジオNIKKEI賞 53.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通、太さ普通~やや太い?角度普通~やや寝る。直飛節気味? 標準~重めの芝のマイル~中距離向き、血統は中距離向き(?)で、標準~重めの芝の中距離◎?? 荒れ馬場・道悪○??(血統+レース振りからプラス修正) 先行力F-底力(=ハイペース耐性)F-(甘め)? キレ:G+(甘め)?? 持続力G+?? 総合力でF-?相当 斤量少注(やや小柄+逃げ馬)



ダッシングブレイズ

短評:
 持続力・底力に優れる千八巧者~マイラー??
 ここでの不安は、底力(=ハイペース耐性)不足+先行力不足。
 中京競馬場(=中盤以降に長い下り坂がある点で、小倉競馬場と共通)で未勝利の通り中盤が引き締まりやすい条件ではパフォーマンスが低下していて、小倉大賞典(=コース形状から中盤が引き締まりやすい)では追走が忙しくなる・底力が不足する心配があります。小回りが未経験であること、先行力で大きく劣ることもそれぞれ不安・マイナス要素で、人気なら期待値が非常に低くなっているのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(最終更新:17'エプソムC 56.0kg+α)
 ツナギは長さ普通、やや太い、角度普通~やや立ち(蹄は寝る)。曲飛節?? 重めの芝のマイル~中距離向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の1800m◎↑?(軽い芝▲? マイル▲+↓?) 荒れ馬場・道悪▲+?(レース振りから少しプラス修正) ゲート:▲↑? 先行力:F-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)E(甘め)? キレ:F持続力E? 総合力でE?相当



ダノンメジャー

短評:
 全体的なスピードに優れる千八巧者?
 ここで狙いたい理由は、能力の全開が期待しやすいレースのため。
 17'小倉日経OP(=2番手では恐らく緩急の小さいペース。計測不可)を実質逃げで圧勝したように、芝1800mで全体的なスピードを生かせる条件がベストで、同コースの小倉大賞典は能力の全開が期待しやすいレースです。17'小倉大賞典は中締まりラップを番手~先行から進めたことでキレ(=トップスピードと急加速力。特に後者)不足が前面に出てしまったと思われ、逃げに近い位置取りでキレ不足をフォローできれば(近走のマイル以下のレースで、早い流れを番手で競馬しているのはプラス要素)、重賞初制覇を期待できるのでは。好走できる展開+位置取りの狭さに注意しつつも、上位に評価したいです。
適性チェック:(最終更新:17'小倉日経OP 57.0kg)
(誤差注)ツナギは長さ普通(胴はやや短い)、やや太い、角度普通(蹄やや寝る)。直飛節気味? 重めの芝の1800m前後向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、重めの芝の1800m◎?(軽い芝▲?? マイル▲??) 荒れ馬場○?道悪▲+? 先行力E-底力(=ハイペース耐性)E(甘め)?? キレ:F-(甘め)? 持続力:F? 総合力でE(甘め)?相当



トリオンフ

短評:
 持続力・底力に優れる中距離馬??
 ここでの不安は、距離の短さ≒底力(=ハイペース耐性)不足。
 父タートルボウル×母メジロトンキニーズ(その父ダンスインザダーク)という血統通りキレないもバテにくい末脚に良さを見せていますが、相対的に高いパフォーマンスを示しているのは芝1800mではなく芝2000m。芝1800mでは距離の短さ(≒先行力・テンのスピード不足)からパフォーマンスが低下しそうで、重賞レベルでは底力の裏付けが弱いこともこの不安を強くしてしまいます。小倉芝2000m>新潟芝2000mあたりなら重賞を狙えそうですが、小倉大賞典・小倉芝1800mでは厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(未知数の大きさ&プラス修正に注意。 最終更新:18'寿S 56.0kg)
(ツナギチェックなし) 血統は中距離向き(??)で、標準的な芝の中距離◎?? 荒れ馬場・道悪○??(レース内容からプラス修正) 先行力:F(甘め)? 底力(=ハイペース耐性)E-?? キレ:F-(甘め)?? 持続力E-?? 総合力でE(甘め)~E-↑??相当 急坂:▲+??(やや頭高い)



クインズミラーグロ

短評:
 底力・持続力に優れる千八巧者??
 ここでの不安は、底力(=ハイペース耐性)不足+大幅な先行力不足。
 牡馬の重賞クラス相手では底力で劣り、小倉大賞典(=コース形状などから中盤が引き締まりやすく、底力の要求度が高くなりやすい)では能力を発揮できても残念ながら実力不足だと思われます。さらに、大幅な先行力不足が前後・内外の不利に繋がりやすいため、人気なら期待値が非常に低くなっているのでは。厳しい評価から考えたいです。
適性チェック:(最終更新:17'福島牝馬S 54.0kg)
 ツナギは長さ普通(前脚・胴はやや短い)、太さ普通、角度普通。標準飛節? 標準的な芝のマイル~1800m向き、血統はマイル~中距離向き(??)で、標準的な芝の1800m前後◎??(2000m▲??) 荒れ馬場・道悪▲-?? 先行力:G+底力(=ハイペース耐性)E-(甘め)? キレ:F-持続力F? 総合力でE-(甘め)~F↑?相当 斤量特注(小柄~やや小柄+軽斤量で2勝以上)


現時点での注目馬は? → 人気ブログランキングへ(開催週・月曜以降に更新)

 そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 最近登場した「うまコラボ」というサイトの指数がかなりよく当たっていて利用者急増中とのことで仲間内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想をするよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。


で、うまコラボの何が凄いの?

↑無料登録できたので、私自身も使って試してみました。

使ってみて感じたのは、走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬ほど強い馬ということなので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓



↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。


ちなみに昨秋のセントウルステークスは憶えていますか?

その際のうまコラボ運営者・北条直人の予想がこちらです↓

「1番人気の勝率こそ悪いものの、3着内率は80%と極めて優秀です。
1番人気を複勝で買っておけば8割は的中します。
勝率を見るなら前走1・3着に注目です。
そして今年のセントウルステークスで該当するのが、、

06番 ラインミーティア(前走1着)
13番 ダンスディレクター(前走1着)」

※北条のブログ「北条のセントウルステークス予想」より抜粋※
重賞予想解説者:北条直人

↓↓

【結果】
--------------------------------
1着:ファインニードル(1番人気)
2着:ラインミーティア(6番人気)
3着:ダンスディレクター(4番人気)
3連単配当:36,810円
--------------------------------

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分サンプルを取って的中率を調べてみましたところ、、↓↓

うまコラボ:12月28日(木)的中率結果
=========================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 三連複:54.2%
三連単54.2%
=========================================

うまコラボ:12月24日(日)的中率結果
=========================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 三連複:41.7%
三連単41.7%
=========================================

うまコラボ:12月23日(土)的中率結果
=========================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 三連複:25.0%
三連単25.0%
=========================================

 一般的に三連単は平均10%と言われているので、
 平均の約3~4倍、、
 3回に1回は三連単が当たっていました!

 この精度は、ぐーの音も出ない、、。

http://www.collabo-n.com/
【3連単が3回に1回当たるうまコラボ】


 競馬ユーザーなら誰しもが思うこんなことに答える為に、土日の全レース72レース分、すべての予想を提供している!

 確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 TVでも新聞でも他競馬サイトでもこの量の予想はできないです。

 週末全レース72レース分の予想を見れた上に、「買い目付きの予想と考察・その根拠」が提供されるので、購入金額を減らした少点数買い、そして高配当を重視した的確な買い方を知ることができます。

 プロの予想に数万円かけて購入するより、だいぶ割がよいと思います。

 毎週1~6レースと、メインレースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
今なら登録無料で情報が見られます!
(7R~12Rの情報が見たい方のみ別途有料変更を行うことができます。)



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)


ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


競馬ブログ トラコミュ
 小倉大賞典(2018)
 小倉大賞典みんなの予想
 小倉大賞典 データ分析
 小倉大賞典(GIII)

にほんブログ村 競馬ブログへ

いつもあみー競馬予想をご覧いただき、有り難うございます<(_ _ )>
よろしければ、ランキングの応援もしてやって下さいな。

予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ

著者:あみー

4歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力F底力(=ハイペース耐性)E? キレ:G+持続力D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△