小倉大賞典2018_結果回顧 トリオンフが芝2000m向きの能力を生かして完勝

 後傾の中弛みラップ(=この条件としてはかなりのスローペース)+やや外伸びの重めの芝で、内に付けた総合力上位馬が有利。 小倉大賞典2018の回顧をしていきます。


回顧記事 目次



芝の馬場傾向 回顧馬場傾向 回顧よりコピペ)

小倉競馬場 : 開催2/4週目、Aコース使用2/2週目。月雪、木小雨


 土日で馬場傾向が異なる。
 土 : 少し前・内有利(~内外フラット)で、時計レベルは土曜:標準~少し掛かる?? 好走している血統は(土曜12Rまで、計6レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×11、Mr. Prospector系×3、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×2、Northern Dancer系×1、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1で、推測される芝質は「標準的な芝(前週比:少し軽くなる)」
 日 : 内外フラット→やや外伸びで、時計レベルは日曜:少し掛かる?? 好走している血統は(日曜12Rまで、計8レース)、SS系(パワー・スタミナタイプ多い)×10、Northern Dancer系×5、Mr. Prospector系×5、Nasrullah系(Grey Sovereign系含む)×3、Hail to Reason系(非SS系。Roberto系など)×1で、推測される芝質は「重めの芝(前週比:変わらず)」


 2週目の小倉芝をまとめると、「土日で馬場傾向が異なる。
 土 : 少し前・内有利(~内外フラット)の標準的な芝で、時計レベルは土曜:標準~少し掛かる??
 日 : 内外フラット→やや外伸びの重めの芝で、時計レベルは日曜:少し掛かる??」


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?



ラップタイムの評価

2018 35.2-36.4-34.5 =1'46"1少掛?
平均 35.6-35.0-35.4 =1'46"1標準~少掛?(2013~17、小倉大賞典、良馬場、計4レース)

※「3F-3F-3F =9F」で表記


 ラップタイムを例年や平均と比べて評価すると、テン早く、中盤かなり非常に緩く、上がりがかなり早い。後傾の中弛みラップ=この条件としてはかなりのスローペースで、内に付けた総合力上位馬が有利。 時計レベルとペースを考えると走破時計が優秀で、斤量差の影響が大きい展開を加味してもトリオンフは高い評価ができるはず。

レース後のコメント(ラジオNIKKEI)



トリオンフ(54.0kg)

挙動:
 ゲート普通、若干押して(?)先行~好位(16頭立て)。 1・2角好位(→中団前目。前2頭が後続を一時的に離す)、内から3頭分? 3・4角先行~好位→先頭、内から4頭分? 直線、馬場の真ん中から終いまでしぶとく伸びて押し切る。圧勝。やや頭高い。
短評:
 斤量有利(斤量差×展開)、展開-挙動と適性(距離+能力)が一致? 後傾の中弛みラップ=この条件としてはかなりのスローペースを早めに進出したことで追走が忙しくならず、芝2000m向きのキレないもバテにくい末脚を発揮できたと思われます。能力の特徴だけで言えば中京芝2000mでも楽しみですが、やや頭の高い走りをするため急坂でのパフォーマンス低下が心配。日程はちょっと先ですが、函館記念なら期待値が高くなりそうです。
適性チェック:(プラス修正に注意。 最終更新:18'小倉大賞典 54.0kg)
(ツナギチェックなし) 血統は中距離向き(??)で、標準的な芝の中距離◎?? 荒れ馬場・道悪○??(レース内容からプラス修正) 先行力:E-(甘め)? 底力(=ハイペース耐性):E?? キレ:F(甘め)?? 持続力:E?? 総合力でE↑~E??相当 急坂:▲+??(やや頭高い)



結果から考える狙い方「小倉芝1800m・古馬G3~OP」
[期待値:F~F-?]=展開の幅広さ・バラつきに注意
底力は、マイルや平坦向きの追走スピードで代用~補完が可能。


 ▲+:総合力上位の千八巧者・中長距離馬
   → 先行力:E~F↑? 底力(=ハイペース耐性):E~E-? キレ:F~F-↑? 持続力:E~E-?(2つ以上)
   (期待値は「持続力優位 ≧ 先行力優位 > キレ優位」になりやすい
     → 距離適性や馬場・展開によって変化。
    距離適性の信頼性は「芝1800m>中長距離 >> 芝2000m」
     → 芝2000mに換算すると中盤が非常に早くなりやすいため。
       ただし、アップダウンの負荷が低いため、底力不足をスピードで補う馬に注意。
       芝2200m以上がベストの場合、基準にやや近い先行力と基準を超える底力が望ましい。
        ≒ 距離短縮での追走に付いていける馬、平坦の中長距離重賞を好走できる馬。
       芝2000mベストの場合、期待値が大幅ダウン。
        → 福島・新潟・中京芝2000mの好走歴はむしろプラス要素
    先行力:F-~G+?以下の場合、期待値ダウン。
     → 前後・内外の不利が大きくなりやすい。
       先行力の重要度アップ。 馬場の耐久性向上などで追い込み難くなる)


特注:枠順の影響=内枠有利↑・外枠不利↓
   (コースロスの少なさ、馬場の耐久性向上+開催日の前倒し...などから。
    小倉大賞典では1~3枠でのワンツーが続いた(2013~16年)。 2014・15は1~3着を独占。
    「コースロスの少なさ+イン突きの可能性 > 内で詰まるリスク」と考えた方が期待値高い。
    スパイラルカーブ+馬場の耐久性向上などから、内で詰まるリスク+傷んだ馬場を通るリスクが低減)
 注:斤量差の影響=小さい~やや小さい?
   (末脚と、逃げ・先行馬のスピード持続力・底力を相対的に増減。
    引き締まった展開になりやすいため影響は小さめも、展開による変動に注意)
 注:平坦巧者や加速に時間が掛かる馬、キレ不足の馬の巻き返し
   (例:小倉芝2000mでキレ負けした逃げ・先行馬など)


 ×:総合力で劣る馬
   → 先行力:F-~G+? 底力:E-~F? キレ:F-~G+? 持続力:E-~F?
   (≒古馬OP~準OP以上の実績で劣る馬、昇級馬。
    マイル以下がベストの逃げ・先行馬、芝2000mベストの馬など)



 コース形状(1角までの距離が短い、上り坂がテンにしかない、1・2角中間からゴールまでほぼ下り続ける、3・4角がスパイラルカーブ)などから中締まり風味の一貫ラップになりやすく、総合力上位の千八巧者・中長距離馬の期待値が高い条件。
 内枠有利・外枠不利の傾向が強くなっている点、昇級馬≒軽ハンデ馬の期待値が低い点(=引き締まった展開になりやすいため)、小倉記念でキレ負けた逃げ・先行馬などが小倉日経オープンで巻き返す例(小倉芝1800mは、1角までの距離の短さから小倉芝2000mより緩急の小さい流れになりやすく、キレの要求度が低くなりやすいため)...などに注意。

馬場に関する付記:
 小倉大賞典=内有利の傾向強まる。末脚の要求度アップ
  (馬場傾向は少し内有利~内外フラットになりやすい。 開催4日目基準)
 小倉日経OP=少頭数や前有利のペースになりやすい?
  (マイル・中距離重賞に囲まれているため?)

珍しい展開:
17'小倉大賞典 勝ち馬:マルターズアポジー
 中締まり風味の前傾ラップ(テンかなり早く、中盤早く、上がりがかなり非常に掛かる)。例年は不利な外枠の追い込み馬が2着に好走。
 逃げ馬候補が4頭ほど揃ってハイペースになったこと、内枠にギアチェンジに優れる馬がいなかったこと...が、外枠の追い込み馬が好走した原因?


PR【美人youtuberも検証!】あなたにフィットする指数

競馬予想にはデータ収集が不可欠です。
様々なデータや情報がある中でどれを信じたらいいのか...

僕が気になっているのは「うまコラボ」
データも豊富で、「あらゆる指数の良い所を集めて弾き出された数値」を見ていると「なるほど」とうなずいている自分がいます。
的中精度の高い指数サイトはこちら

ただ、一番気になるのは「実績」ですよね。
指数は使い方が豊富でそれぞれの予想にフィットしてくれますが、どのように使うのがいいかな~と思っていたら、見つけちゃいました!
美人で人気の競馬予想youtuberが「コラボ@指数は一体どれ位的中できるか!?」を検証してくれてるじゃないですか!?

動画内では使い方も丁寧に解説してくれていて、またまた「なるほど」とうなずきます。
そして、実際に競馬場へ行って検証した結果は
12レース中8レース的中」す・すごい。的中精度高っ!


使い方も難しくないし、サイトも綺麗で見やすいですよ。
豊富なデータ全てを網羅したければ月額¥1,980。
それでも、競馬新聞を毎週買うより断然安くてスマホからいつでもチェックできます。
ぼくは毎日暇があれば、サイトを覗いて自分の予想にプラスαがないか探してます。
まずは週末までに指数について隅々まで調べてみてください。
あなたの指数の上手な使い方が見つかったら是非教えてほしいです。
的中精度の高い指数サイトはこちら



芝/直線距離の比較(Aコース)

■ 全10場の内外回りすべて
 新潟外(659m)>東京(525.9m)>阪神外(473.6m)
>中京(412.5m)>京都外(404m)>新潟内(359m)
>阪神内(356.5m)>京都内(328m)>中山(310m)
小倉(293.0m)>福島(292.0m)>札幌(266.1m)
>函館(262m)



ダート/直線距離の比較

■ 全10場すべて
 東京(501.6m)>中京(410.7m)>新潟(354m)
>阪神(352.5m)>京都(329.0m)>中山(308.0m)
>福島(295.7m)>小倉(291m)>札幌(264m)
>函館(260m)


関連リンク : 「芝質と血統・種牡馬」+そのほか
 軽い芝や重い芝って何?
 軽い芝や重い芝が得意な血統は?
 軽い芝や重い芝ってどの競馬場?


 能力適性の用語解説(底力・キレなどの用語解説)
 能力レベル(評価)の早見表(A~Gのクラス対応表)
 結果から考える狙い方・凡例


 
予想・回顧アーカイブス 競馬ナンデ


 人気ブログランキングへ
 にほんブログ村 競馬ブログ

著者:あみー

4~5歳牡馬相当。軽い芝の長距離◎?(重い芝・中距離△? 中長距離▲?) 荒れ馬場・道悪△? ゲート:△? 先行力:F? 底力:E? キレ:F-? 持続力:D-?(甘め) 平坦○、急坂△。逃げ○、逃げ以外△